DTM関連

はじめに揃えるべき5つのプラグインエフェクト【これからDTMを始める方へ】

2019年10月25日


はじめに揃えるべき5つのプラグインエフェクト【これからDTMを始める方へ】


DTMを始めたけど、プラグインの数が多くて迷いますよね。

しかも安価なものでもないので、購入できる数にも限度があるかと思います。



そこで、はじめに揃えておくべき!というプラグインエフェクトを5つに絞ってご紹介したいと思います。

必要なプラグインだけを揃える




まず初めに、制作するにあたってプラグインを絞るというのは意外と重要です。

1.たくさん持ってると安心する
2.いつか使う時がくるかもしれない
3.コレクター魂



この欲望はまず捨ててください(笑)


選択肢が多いとチョイスに時間がかかるだけですので、必要なものだけに絞るべきです。




それでは

筆者が思う、必要な5つのプラグインエフェクトがこちらです。


・イコライザー

・コンプレッサー(マルチコンプ、リミッター、マキシマイザーも原理は同じなのでここに入ります)


・サチュレーション(歪み)


・空間系(リバーブ&ディレイ)


・スペクトラムアナライザー




この5つがあればプロレベルのクオリティの音源は作れます。

筆者自身これ以外にもかなりの数を所持しておりますが、結局のところこれ以外ほとんど使わなくなりました。




色々買うのなら上記のプラグインの高品質な物を買った方がいいです。


原理はどれも同じ



「音が太くなる!!!」


「音がクリアになる!!!」



結構こういう宣伝文句って多いと思うんですけど。

どれも原理は大体同じです。



音が太くなる系は、ただボリュームが上がってるだけか、倍音が付加されてるので歪みを加えればいいです。

音がクリア系は、EQ使って低音を削るなりして自分で再現できます。

例えば



EDM界隈でこのエフェクトを知らない人はいないと思うのですが


サイン波にこいつを通すと




音を増幅、クリップさせて倍音を付加する歪み系のエフェクターだということがわかると思います。

歪み始める前までは、ただボリュームが上がってるだけなので。
それを音が太くなって音圧があがったと勘違いしてる人は意外に多い気がします。。。



ちなみにFL標準装備のプラグインだけでもこれをできるプラグインはたくさんあります。


つまり先ほどの5つのプラグインがあれば使い方次第で、ミックス&マスタリングに必要なことのほとんどのことができちゃうということです。


まとめ


特に本気で音楽に取り組んでいて、これからDTMを始めるという方はあれやこれやとプラグインを揃えるよりも、高品質なEQであったり、高品質なコンプレッサーを1つ所有しているほうが有利です。


プラグインは頻繁にセールを行っているので、常にサイトをチェックして安くなったタイミングで購入することをおすすめします。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com



ハイスペックEQ(イコライザー)プラグインソフト 5選【DTM】

高性能コンプレッサープラグインソフトおすすめ 5選【DTM】

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.