DTM関連 音楽トピック

ビート販売サイト「Airbit」でのビートの購入方法

2019年12月1日

Airbitの画像


Airbitでビートでのビートの購入方法


ラッパーやシンガー向けのビート販売サイトはいくつかありますが、有名所でいうとAirbitBeatStarsがあります。


BeatStarsは日本のPayPalに対応していない為、(2019年12月現在) 日本ではAirbitsの利用者が多い印象です。



サイト内がすべて英語なのでビートを購入したいけどよくわからないという方に向けて、今回はAirbitsを使って実際にビートを購入するまでの流れを説明していきたいと思います。


メンバー登録


公式サイトを訪問すると、まずメンバー登録画面が表示されます。


FacebookかTwitterのアカウントをお持ちの方はワンクリックで登録完了するので簡単です。

お持ちでない場合はメールアドレスを登録します。

メールアドレスで登録の画像




ホーム画面


メンバー登録が完了すると、こちらのホーム画面が表示されます。

Airbitのホーム画面の画像


画面上部よりビートを検索します。


Beats

・ジャンル
・タイプビート
・フリービート
・最近投稿されたビート

が閲覧できます。

Top Charts

・人気プロデューサー
・人気ビート
・人気の新人プロデューサー


それぞれ「週間、月間、全期間」から選択して閲覧可能です。

Sell Beats

ビートを販売するプロデューサー用のページです。

作曲をしていて、ビート販売に興味ある方は覗いてみてください。

その他、画面内の詳細です。

ホーム画面の見方の画像




ビート購入


試聴して気に入ったビートがあればプロデューサーの設定にもよりますが、

・フリーダウンロード
・制限ありリース
・制限なしリース
・購入


から選べます。

フリーダウンロードは無料ですが、SNSやYouTubeの登録の条件が付いていたり盗難防止用の音声タグが付いています。

それぞれプロデューサーごとに条件が違ったりするので、詳しくはダウンロードの際に表示されるライセンス規約をお読みください。


リースはビートをレンタルすることです。
音声タグが外れ、基本的には1年ごとの契約で条件によって値段の設定も変わってきますので、詳しくはプロデューサーごとの条件をご購入の際にご確認ください。


購入は完全買い取りです。
音源販売やライブ公演をするアーティストはこちらをおすすめします。


購入の前にライセンスと条件が設定されているので「License Terms」をクリックしてご確認を。


一例ですが、これは実際に筆者が提示しているライセンスです。

各種ライセンスの画像



条件に納得したらカートに入れて、チェックアウトします。

チェックアウトの画像
チェックアウトの画像


ライセンス規約を読んで同意できたら「 I agree to the license terms and agreement(s)」にチェックを入れます。

Paypalの画像



外貨の支払いは「PayPal」が便利なので登録をおすすめします。

PayPalの使い方はこちらの公式サイトをご覧ください。


以上Airbitでのビートの購入方法でした。


当サイトでもAirBitsストアを利用してビートの販売を行っています。

全トラック無料 (YouTubeとTwitterのフォローが必要) でダウンロードもできるので、是非利用してみてください。


フリーダウンロードデータは非営利に限り使用可能です。
使用の際はクレジット表記をお願い致します。
「Prod. Square Vision」



新時代到来?ビートリーシングビジネスについて

海外で主流のType Beat(タイプビート)とは?

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連, 音楽トピック
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.