MUSIC TOPIC

Beatportが音楽テクノロジー企業「Ampsuit」を買収。クリエイター向けのツールを拡張

beatport

Beatportが音楽テクノロジー企業「Ampsuit」を買収。クリエイター向けのツールを拡張

BeatportはDJがトラックを買うストアとして世界的に最もポピュラーなプラットフォーム。主にダンスミュージック、クラブミュージックなどのジャンルを取り扱うオンライン配信サービスとして人気です。

今回そのBeatportが英国の音楽テクノロジー企業「Ampsuite」を買収し、AmpsuiteのツールをBeatportプラットフォーム上のクリエイター向けの新しいプロフェッショナル製品スイートに統合します。

Ampsuiteはインディーズレーベル向けの音源流通サービスツール、アセット管理、会計、プロモーションなどのDIYソフトウェアツールを提供してきました。これらのツールは、Beatportがプラットフォーム上のクリエイター向けの新しいプロフェッショナル製品スイートに統合され、Ampsuiteの経営陣はデジタル販売業者にさまざまな流通サービスを提供する為の処理を担当します。

ampsuiteのインターフェイス


BeatportのCEOであるRobb McDanielsは、次のように述べています。

「私たちは世界中のコンテンツパートナーやあらゆるタイプのDJと非常にユニークな関係を築いています。この拡大するツールとサービスのセットは、今後数年間でコミュニティ全体の成長を加速するのに役立つだけです。」

Beatport CEO Robb McDaniels


様々なDJサービスを提供

beatport

Beatportはこれまでも、DJがライブラリを合理化し、すぐに使えるプレイリストを作成するのに役立つアプリの立ち上げなど、過去1年間にユーザー向けにいくつかの新しいツールを導入しました。

2021年4月には、BeatportLinkのサブスクライバー向けにBeatportDJ Webアプリを導入して、DJのワークフローの高速化を支援しました。

Beatportによると、インディーズレーベル専用のプロモーションスペースである「Beatport Hype」も2019年に導入され、現在急速に拡大されています。


Spotifyがアーティストとファンのやり取りを収益化する為の「スーパーファン」オプションについて共有

ユニバーサルミュージックグループがTwitchとAmazonとの契約を拡大。音楽コンテンツのアクセス強化


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.