DTM MUSIC TOPIC SLIDE

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】

2020年12月14日

EDMの作り方


EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】


DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚えることが多いですが、その分他の音楽ジャンルにはないような制作の自由度の高さが特徴です。

今回はこれからDTMを使ってEDMの制作をはじめる方に向けて、まずは使用楽器や基本的な制作手順について、FL Studioを使った実際の制作工程と共に解説していきます。


キック


それではBPMを140に設定して、まずはキックから作っていきます。

BPM設定


EDMにおいてキックは最重要パートで、リズムの基礎を構築します。

一般的にEDMの場合は「Loopmasters」や「Splice」のようなサンプル販売サイトからキックサンプルを探してきて利用します。

キックサンプル


ダンスミュージックでは基本4つ打ちと呼ばれる(1小節に4発キックが鳴るパターン)リズムが人気ですが、ジャンルによって様々です。

チャンネルラックに目当てのキックを挿し込んだら、リズムを打ち込んでいきましょう。


EDMキックにはレイヤーと呼ばれるキックを複数重ねるテクニックが使われます。

気に入ったキックが見つからない場合に、キックのおいしい部分を重ね合わせてオリジナルキックを作り出すことができるので覚えておくと便利です。

スネア

スネア


キックを打ち込んだらスネアでバックビートを作ります。

基本的には2拍目と4拍目に配置することで、キックと組み合わさることで強力なグルーブ感を生み出すことができます。


スネア打ち込み


今回はダブステップ調のハーフリズムなので3拍目になっています

リバーブのような空間系エフェクトを使用する場合、キックよりも音程感が出やすいので、場合によってはキーに合わせたチューニングを行うことで、より楽曲にマッチしたスネアサウンドになります。

スネアの抜ける音作り【EDM】

シンバル系


次にシンバル系でビートを装飾していきます。
8、16分音符で刻むハットビートを挿入したり、クラッシュを使って高音域を埋めます。

今回は左右にクラッシュを振って、右は4分音符で左は2分音符という少しトリッキーな感じにしてみました。

シンバル打ち込み


シンバルだけで聴くと少し気持ち悪いですが、後にシンセサイザーが入るとそこまで違和感はないです。

高音を左右に大きく振ることでステレオ空間を広く使えて、ワイドな音像に仕上げることができます。


ベース


続いてベースを打ち込んでいきます。

この段階でコード進行キーをある程度確定させなければいけないので、ほんの少し音楽理論を勉強しないといけないのですが、はじめはプロの楽曲を参考にしたり、EDMでよく使われているコード進行 5選の記事を参考にして作ってみてください。

今回はG#→A#→Cm→A#のコード進行でピアノロールに打ち込んでいきます。

基本的にはあまり音程を動かさずにルート音のみで打ち込んでいくのが王道ですが、もしオシャレにベースアレンジしたい場合は「惹きつけるベースラインを書く為の5つのヒント」を合わせてご覧ください。

ベースコード進行


ベース音源はSERUMとサイン波のサブベースをレイヤーさせています。
普通のベース音とさらに1オクターブ下の低い音を加えることで、ローエンドを強化しています。

ベース


シンセサイザー


EDMのといえばど派手なシンセサイザーを使ったコードメロディーが特徴的です。

まず使用楽器なのですが、人気のシンセサイザーとして「SERUM」や「Sylenth1」辺りは定番です。予算に余裕があるなら「Omnisphere」を持っておくと非常に強力です。

SERUM


コード


まずピアノロールにコードから打ち込んでいきますが、この際にコードボイシングと呼ばれる音の積み上げ方が非常に重要なので、早めに勉強しておくと後々役に立ちます。

コードを作るのが難しいときはダイアトニックスケールに沿って作っていくことで、音が外れることが無くなるので便利です。

今回は複数のシンセサイザーを使ってレイヤーさせながら音を重ねていくことで迫力のあるサウンドに仕上げています。

コードボイシング
ローミッドからミッド辺りと
コードボイシング
ミドルからハイにかけて

さらにアルペジオフレーズも足してます。

アルペジオ


EDMコードのサウンドメイクについては動画のほうで詳しく解説しています。


メロディー


メロディーもシンセサイザーで作られる場合がほとんどです。

メロディーラインの制作には作り手のセンス次第なところがあるので、一概に「EDMのメロディーはこう作る」といったような正解はないです。


こちらの記事を参考にして、オリジナルのカッコいいメロディーを生み出してみてください。

サウンドメイクとしてはコードと同じように複数のシンセサイザーでレイヤーしたり、オクターブでユニゾンさせて音圧を稼ぐのが一般的です。

メロディー
オクターブで重ねると分厚くなります。


慣れないうちはコードに含まれている音だけを使うようにすると、音が外れることはないのでオススメです。


コードとメロディーを足したトラックがこちらです。


シンセサウンドが加わることで、一気にEDMっぽくなりましたね!

まとめ


EDMの作り方についてお話しました。

  • キック
  • スネア
  • シンバル系
  • ベース
  • シンセサイザー

もちろんEDMではこれら以外にも多くの楽器が使われていたり、サイドチェインによるダッキングのような定番のミックステクニックやVSTプラグインソフトと呼ばれるエフェクト類を使ってさらに音質を整えていく必要があります。

まずは今回の基本的な作り方を参考にして、自分の好きな音楽をたくさん作曲してみるところから始めてみましょう。

以上、「EDMの作り方【DAWを使った打ち込みについて】」でした。


【EDM】ダンスミュージックのMIX(ミキシング)方法について

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-DTM, MUSIC TOPIC, SLIDE
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.