DTM関連

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】

2020年9月3日

plugin soft


人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】


これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。

海外の大手プラグインサイト「Plugin Boutique」から、各ジャンルごとに評価の高い、人気No.1製品を集めてみました。

  • イコライザー
  • コンプレッサー
  • リミッター
  • マスタリングソフト
  • スペクトラムアナライザー

作曲において重要度の高い、これらの5つの製品ごとにご紹介していきます。

海外のサイトなので、購入方法に不安がある方はこちらをあわせてご覧ください。
Plugin Boutiqueでの買い方をわかりやすく解説



FabFilter Pro-Q3(イコライザー)

fabfilter pro q3
レビュー


EQにおいては納得のFabfilter「Pro-Q3
656個のレビューで満点5つ星を獲得している製品です。


初心者の方にも分かりやすい直感的なインターフェイスが特徴で、音の周波数帯域を目で確認しながらカットやブースト作業を行えるので、非常に便利です。

グラミー賞を受賞したミックスエンジニアであるデイブ・ペンサードも

「FabFilter Pro-Q 3は、あらゆるEQの中で最高のGUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)の1つを備えており、音響的に最高のものと常に比較できます


他にも多くのエンジニアから高評価を獲得しており、FabFilter Pro-Q 3を使用すると、最高の音質と、比類のない使いやすさを備えた豪華で革新的なインターフェースが得られます。

まず購入の前に、EQ製品について詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてご覧ください。
EQ(イコライザー)の種類とその使い方について【DTM】




The King 2(コンプレッサー)

the king 2
レビュー


2020年7月に発売されたばかりのマルチバンドコンプレッサー「The King 2
こちらも1267個のレビューで総合評価では満点5つ星です。


ロー、ローミッド、ミドル、ハイミッド、ハイの5つの周波数帯域ごとにコンプレッションをかけることが可能で、個々のバンドごとにレシオ、メイクアップゲインを調整することもできます。

1つのプラグインで提供されるオプションの数が非常に多いのが特徴で、さまざまな要素を一度にクリーンアップすることに重点を置いて設計されています。

Magic EQで濁った周波数をクリーンアップし、磨き上げたものを圧縮、増幅することができます。
これにより明るいトーンが輝き、より明瞭なサウンドが手に入ります。

マスタートラックやバストラックにかけて複数の楽器をまとめる「接着剤」としての用途にも優れており、マスタリング用コンプレッサーとして使用するエンジニアの方も多いです。


コンプレッサーの基本的な使い方



Sonnox Inflator V3(リミッター)

oxford inflator
レビュー


リミッター部門ではこちらのSonnox「Inflator V3」
347個のレビューが付いており、総合で5つ星満点です。


インフレーターは圧縮対象の質感を損なうことなく、音圧を上げることに特化しています。
全体の音圧を上げる際にも、コンプレッションの強くかかった質感を感じさせることなく、独自のアルゴリズムによって聴感上の音量をかせぐことに成功しています。

ソロ楽器やボーカルのトラックにかけて、音に存在感、柔らかさや深みを与えたり、パーカッションやドラムにかけて、ダイナミックな存在感、タイトさとボリューム感を同時に向上させることも得意です。

Oxford Inflatorを使えば、音の迫力を向上させるだけでなく、アナログ機器のように暖かい、音楽的なサウンドを得ることができるので、アコースティックジャズのミックスのように繊細な処理が必要な時にも威力を発揮します。




Ozone 9 Elements(マスタリングソフト)

izotope ozone 9
レビュー


マスタリングソフトといえばこのiZotope社のOzoneシリーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
レビュー数が脅威の3322個で、総合満点という信頼付きの製品です。


Ozone 9にはElements、Standard、Advancedという3つのグレードがあり、このElementsは入門者向けの製品となります。
それぞれグレードごとに機能の違いが多少ありますが、これから作曲を始める方にとってはElementsでも十分過ぎるほど高性能であると断言します。

Ozone 9の最大の特徴といえば、やはりAI機能による自動マスタリングで、これまで何時間とかかっていた作業がワンクリックのみの、ほんの10秒ほどで完了してしまいます。

iZotope Ozone 9は優れた音楽製品開発を称えられ、「Music Tech Choise賞」と「Music Tech Innovation賞」を受賞しています。




Voxengo SPAN Plus(スペクトラムアナライザー)

voxengo span plus
レビュー


スペクトラムアナライザーの人気No.1はこちら「SPAN Plus」です。
155個の評価で総合5つ星です。


SPAN Plusは、フリーウェアSPANプラグインの拡張バージョンとなっており、フリーバージョンでもかなり正確に音の周波数を表示してくれるので十分戦力になります。

有料版の大きな特徴として、複数のトラックの波形を重ねて表示可能なところにあります。
例えばキックとベースを表示して、マスキングの確認をしたり、さらに複数の楽器を追加してそれぞれの兼ね合いを確認することも可能となります。

スペクトルの色は好みに合わせて変更できるので、直感的に各トラックの音の周波数分布を確認することができるようになります。


さらにレベル測定統計、ヘッドルーム推定、およびトゥルーピーククリッピング検出等、音源の確認のためのツールが多く揃っているので、早めに導入しておきたいプラグインソフトの一つです。




まとめ


人気おすすめプラグインを5つご紹介しました。

  • FabFilter Pro-Q3(イコライザー)
  • The King 2(コンプレッサー)
  • Sonnox Inflator V3(リミッター)
  • Ozone 9 Elements(マスタリングソフト)
  • Voxengo SPAN Plus(スペクトラムアナライザー)


筆者はこの中の「Sonnox Inflator V3」以外のすべて(1世代前の旧バージョン)を所持していますが、いまだにすべて現役で使用しています。

特にOzoneに関しては、仮に手放すとなると支障がでるレベルで重宝しています。

DTMあるあるで、はじめは色々と無料の製品や安いプラグインについ手を出してしまいがちなのですが、色々買ったところで間違いなく一番良い製品しか使わなくなります。
少し値段は張りますが、もしこの先DTMを本気でやっていきたいのなら、最初から最高級の製品を買ってしまったほうが将来的な出費を抑えることができます。


とはいっても、すべて揃えるのはなかなか予算的にも厳しいとはおもうので、まずはDAW付属の製品で初めてみて、物足りなくなってから必要なモノだけを購入するという感じでもいいと思います。


以上、「人気おすすめプラグインソフト5選【DTM初心者】」でした。


DTM初心者の方必見!簡単にできるミックスのテクニックとコツ

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

2

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

3

はじめてのギターエフェクター【最初に買うべきはコレ!】 ↑今回の内容の音声配信です。エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音 ...

4

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ...

5

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

-DTM関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.