MUSIC TOPIC

SpotifyとShopifyが提携、登録アーティストはストア販売が可能になりました

spotify shopify

SpotifyとShopifyが提携、登録アーティストはストア販売が可能になりました

SpotifyはEコマースプラットフォームのShopifyとのパートナーシップを発表しました。

これによりアーティストはShopifyストアをSpotifyプロファイルに直接リンクすることで、ファンに商品を販売することが可能になります。

Spotifyからグッズ販売が可能に

Spotify(スポティファイ)は米国時間10月20日朝、電子商取引プラットフォームを提供するShopify(ショッピファイ)との新たな提携を発表しました。

Spotifyのサービスを利用しているアーティストは、SpotifyのプロフィールとShopifyのストアを結びつけることができるようになり、Spotifyのアプリを通じてファンに直接商品を販売することができるようになります。

アーティストやレーベルはShopifyストアをセットアップし、Spotify for Artistsアカウントと連携することで、Spotifyにストア商品を一覧表示できます。

アカウントがリンクされると、アーティストはShopify管理者から、在庫、注文、およびストアに関するすべてを管理できるようになります。

spotify shopify


アーティストの収益源を拡大する取り組み

SpotifyとShopifyの今回のパートナーシップはファンとアーティストの関係を強化し、アーティストに収益源を拡大する機会を増やすための取り組みの一環であると考えられます。

「Spotifyfor Artistsチームは、アーティストがリスナーをファンに、ファンをスーパーファンに、そして最終的には音楽だけでなく、グッズ、チケット販売、 チップ、 ファンメールなどより多くの収入を得るのに役立つ新しいツールとリソースの開発に注力しています。」

Spotify

アーティストは、まずデスクトップでSpotify for Artistの管理画面にログインし「プロフィール」タブを開き「マーチ」をクリックする。そこから、Shopifyのストアから3つのアイテムを選んでプロフィールに掲載する。

現在、アーティストは1人のアーティストにつき1つのShopifyストアしか接続することができないようになっている。

Shopifyは登録を促進するために、Spotifyアーティストが初めて登録した場合に限り90日間の無料トライアルを提供しています。

Spotifyによると、この機能は現在「ベータ版」だそうで、世界中のすべてのアーティストがShopifyストアにリンクすることが可能ですが、当面はオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国、米国のリスナーにのみ商品が表示される仕様になっています。


詳細はSpotify公式ページをご覧ください。


オリジナル楽曲を配信する方法【Spotify、Apple Music】

Spotifyプレイリストに自分の楽曲を載せるためにやるべきこと


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.