GUITAR

【ギター練習】スウィープピッキング弾き方のコツと3つの練習フレーズ

スウィープピッキング練習

【ギター練習】スウィープピッキング弾き方のコツと3つの練習フレーズ

YouTubeでスウィープピッキングの練習フレーズを難易度別に3つ紹介したので、TAB譜を載せておきます。


スウィープピッキングのコツ

一個前の音が次の音に被らないようにしっかりとミュートすることが重要です。

上昇するときは右手で、下降するときは押弦している指のお腹で弦に触れて余計な音が鳴らないようにします。

難しい場合は、右手と左手のタイミングが合うところまでテンポを落として、慣れてきたら徐々に上げていくと良いです。

スウィープピッキングの音作り

スウィープピッキングはテクニックと同じぐらい音作りも大切です。

音の粒がくっきりするぐらいの適度なゲイン量と、弦を連続で弾くため通常よりもピッキングノイズが出やすいので、ハイを少し削るとクリアになります。

音数が多いので、モコモコしていると何を弾いているのか分からなくなるので、低音は結構削っても大丈夫です。

慣れないうちはコンプレッサーで圧縮すると、ピッキンによる音の大小が無くなって粒立ちが綺麗に聴こえるのでオススメです。

LV.1

スウィープフレーズ

何回も弾いて手癖にしてしまえば割と簡単なフレーズです。

最初の1弦10フレットを小指でハンマリングしてスタートし、下降するときはダウン、上昇するときはアップピッキングで弾きます。

低音側の4、5、6弦は右手で触れてミュートしています。

Lv.2

スウィープフレーズ

Em7コードのアルペジオです。

Lv.1よりも縦の弦移動が多いので、しっかりとスウィープが出来ていないと難しいです。

スタートをアップピッキングにしてそのまま1弦までダウンピッキングで弾いて、1弦10フレットを小指でプリングの繰り返しです。

Lv.3

スウィープフレーズ

横の移動が入るので少し混乱しますが、コードが変わるだけなのでLv.2をクリアした人なら意外と簡単です。

スウィープよりもポジション移動を綺麗に繋げるのが難しいので、コードチェンジを部分的に繰り返し練習しましょう。


以上、「【ギター練習】スウィープピッキング弾き方のコツと3つの練習フレーズ」でした。


ギターが上手い人の演奏に共通する3つの特徴

【ギター練習】速弾きトレーニングフレーズ3選

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.