GUITAR

アコースティックギターの音色を改善する為の6つの方法

2021年12月26日

アコースティックギター

アコースティックギターの音色を改善する為の6つの方法

アコースティックギターの音色を改善する為に出来ることは、他のエレクトリックギターのような電子系の楽器に比べると多少制限されています。

生音がメインであるアコースティックギターの音色は、製造の段階でほぼ決定しており、そのほとんどはギター職人の技に依存していると言えます。

とはいえ、アコースティックギターの音に満足できないからと、新しい楽器を購入する前に試すべきことがいくつかあります。

今回は簡単で手頃な価格で試すことができる、アコースティックギターの音色を改善する為のいくつかの方法についてご紹介します。

1. ピックを変える

ピック

ギターの音色を改善するための最も簡単で手軽な方法はピックを変更することです。

ピックは単なるプラスチック片ではありますが、直接弦をはじいて音を出す為、ギターの音色に最も影響を与える部分でもあります。

形状や厚さによりアタック感が大きく変化します。素材が音に直結すること以外にも、手触りが変化するので演奏面にも影響します。

一般的に厚さは薄い程柔らかくなるため音が小さくなりますが、その分音色が繊細になります。反対に厚いほど音量が大きくなり、エッジ感も増します。

2. 弦を変える

弦

ピックと同じく、弦の種類を変更することでもギターの音色に大きく影響するので、音色改善の最適な方法の一つです。

アコースティックギターの弦が異なればサウンド特性も異なります。材質、太さといった様々な選択肢があり、ギターの弦を交換することはそれほど難しくもなく、費用もかかりません。

様々な弦を試してみて、自分の演奏スタイルやジャンルを考慮して、最適なサウンドを見つけてください。

3. サドル、ナット素材

サドル

アコースティックギターは弦振動がサドルを通して共鳴します。サドルは演奏するすべての音を伝導するため、高品質のサドル素材を使用し、サドルを正しく固定することが非常に重要です。

サドルとブリッジピンを変更することは、サウンドを向上させる為に効果的な方法です。

プラスチックは非常に安定したサウンドを提供しますが、ブラス(真珠)やアルミニウムのピンを使用すると、より明るいサウンドと長いサスティーンが得られます。

逆にエボニー素材のような柔らかいものに変えると、持続性が低下しますが、あたたかみのあるサウンドが得られます。

4. ナットを交換する

ナット

サドルと同じく、ナット部分も弦に直接触れるパーツであるため、ギターの音質に大きな影響を与えます。

ナットには牛骨、プラスチック、TUSQ(人工象牙)、ブラス、カーボンファイバーなど様々な種類がありますが、アコギで使用するのは牛骨、プラスチック、TUSQ(人工象牙)が一般的です。

牛骨などの良質なパーツに変更することで音の改善に効果が期待でき、硬い素材のナットほど高音が強くなり、煌びやかなアコースティックサウンドが手に入ります。

5. ピックアップを取り付ける

ピックアップ

ピックアップとはエレキギターやエレアコに搭載されている、弦振動を拾って増強する為の電子パーツです。

アコースティックギターはもともとの音量が微弱なため、直接マイクで集音、増幅しても、ハウリングに悩まされたり、そもそも音が綺麗に収音されなかったりして、ギター本来のサウンドを再現できないことが多いです。

ピックアップの種類によっても出力されるサウンドが変化するため、特にステージ上での演奏がメインなギタリストにとっては、音色を大きく改善することができるポイントになります。

6. マイクをこだわる

マイク

アコースティックギターをマイクで収音する場合には、マイクの性能が最終的な音源品質に直結します。

最高品質のアコースティックギターを使用していても、チープなマイクを使ってレコーディングするとサウンドが劣化してしまうのは仕方ありません。

ギター本体にだけ予算をかけて、低価格帯のマイクを使っている場合には、ワンランク上の収音マイクを検討してみてもいいかもしれません。

アコースティックギターの録音に最適なおすすめマイク7選

まとめ

アコースティックギターの音色を改善する方法についてお話しました。

  1. ピックを変える
  2. 弦を変える
  3. サドル、ナット素材
  4. ナットを交換する
  5. ピックアップを取り付ける
  6. マイクにこだわる

ギター本体の材質や作りによる影響が大きいため、アコースティックギターの音色を改善する為に出来ることは、それほど多くはありませんが、今回ご紹介した内容は試してみる価値はあります。

ピックアップの取り付け以外は比較的低価格で実践でき、出音に直接影響する項目ばかりなので、現在のサウンドを改善したいと考えている場合に取り入れてみたはいかがでしょうか。

以上、「アコースティックギターの音色を改善する為の6つの方法」でした。


アコースティックギター初心者におすすめの5本を厳選【低価格帯】

アコースティックギターを上手にミックスする為の5つのヒント【DTM】

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.