MUSIC TOPIC

AIボーカルを使った楽曲が1億回再生を突破!最新の音声合成技術「Lingyin Engine」

AIボーカル

AIボーカルを使った楽曲が1億回再生を突破!最新の音声合成技術「Lingyin Engine」

Music Buisiness Worldwideによると、中国のTencent Music Entertainment(以下TME)は、人間の声を模倣するAIボーカル技術を使ったトラックをリリースし、ストリーム再生数が1億回を超えたことを発表しました。

Tencentの音楽部門はこれまでに1,000以上のAIトラックを作成してリリースし、その中の1つのトラックが1億回以上のストリームを獲得したことを明らかにしました。Today(英訳)というタイトルのトラックは、「インターネット上で1億回以上ストリーミングされた最初のAIシンガーによる楽曲になった。」と、TMEのCussion Pangは語ります。

シンガーの声を模範する「Lingyin Engine」技術

このトラックで使用されているAIボーカルは、TMEが昨年リリースした特許取得済みの音声合成技術「Lingyin Engine」を使用しており"歌手の声をすばやく鮮やかに複製して、あらゆるスタイルと言語のオリジナル曲を作成することができる"最新のテクノロジーとして注目されています。

このテクノロジーにより、故「Teresa Teng」や「Anita Mui」などの伝説的なアーティストの歌声を再現する為にも使用され、彼女の声に基づいたAIコードを使用して作成された「May You Be Treated By This World」という新しいトラックも作成されています。

勢いを増すAIボーカル

BTSを輩出した韓国の巨大エンターテイメント会社「HYBE」が、今年10月にフェイクボイス会社の「Supertone」を450億ウォン(約45億円) で買収したことから、AIによる音楽制作は急速に勢いを増しています。

Supertoneは、声の分離と合成によるAI技術は「人間のような超現実的で表現力豊かな声」を作成できると説明し、HYBE CEOのJiwon Parkは、新しく買収されたスタートアップが「今後の技術分野の重要なポジションとして機能する」と説明しています。

国内でも開発が進む歌声合成ソフト

日本でも2020年頃から、さまざまな歌声合成ソフトリリースされており、定番の「VOCALOID」や「Synthesizer V」「NEUTRINO」といった新しいソフトウェアが登場しています。

2007年に初音ミクが発売されて以降、毎年数多くの名曲が誕生している分野で、ソフトウェア自体もどんどん進化を重ね、かなり人間味溢れるものまで誕生しています。

日本では15年前に一足先に「ボカロブーム」が起きたように、世界中で歌声合成ソフトウェアを使ったエンターテインメントが流行する可能性があります。


作曲効率を大幅にアップさせる5つのAI音楽ツール

ボカロPになるには?必要な機材と基礎知識

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.