DTM MUSIC TOPIC

【AIで作曲】自動音楽生成サービスおすすめ10選

2022年10月26日

AI 作曲サービス

【AIで作曲】音楽自動生成サービスおすすめ10選

人工知能 (AI) は芸術分野での実装が進んでおり、アートの分野にも「Midjourney」や「Stable Diffusion」といった画像を作成する独自の人工知能プログラムや、短い文章から動画を生成するAIシステム「Imagen Video」がリリースされ話題になっています。

AIは音楽の分野でも作曲、ビートメイキング、ミキシング&マスタリング、音楽ストリーミングなど、音楽制作プロセスのあらゆる側面に影響を与える技術が登場しています。 

AI作曲ソフトを導入することで、ゼロから瞬時にトラックを制作したり、ミュージシャンの創造的なプロセスを補助する為にも利用できます。

今回は話題のAI機能を使った音楽自動生成サービスをご紹介します。

Amper Music

Amper Music

最高のAI音楽ジェネレーターのサービスとして認知度の高かった「Amper Music」は、2020年に世界最大の画像プラットフォームを運営する「Shutterstock」と統合することでより強化されました。

特にShutterstockのアーティストコミュニティによって作成されたトラックのコンテンツ検索と発見、および Shutterstockユーザー向けの編集ツールにおいて、人工知能機能が強化されます。

オーディオデータは雰囲気、使用楽器、音楽キー、テンポ、などを変更可能です。

Amper Music

Soundraw

Soundraw

Soundrawは2020年よりサービスを開始し、AIが作成したフレーズ等を使って曲をカスタマイズできます。

AIによって無数に生み出されるフレーズを組み合わせて、楽曲の尺や構成、楽器、テンポなどを自由にカスタムすることによって、オリジナル楽曲を簡単に制作することができます。 

Soundrawには1つの曲を即興で演奏してチューニングできるカスタマイズ機能があります。AI合成と手動ツールを組み合わせることで、よりオリジナル性の高い楽曲作成が可能になっています。

Soundraw

AIVA

2016年に開発された音楽ジェネレーターサービス「AIVA」はAI機能を使って、広告、ゲーム、映画などのサウンドトラックを構成するのに適しています。 

AIVAを使用することで、ユーザーは音楽をゼロから作成することができ、他にも既存の曲のアレンジバリエーションを構成するのにも役立ちます。もちろん音楽のライセンスについて心配する必要はありません。

最初にプリセットスタイルを選択するだけで、さまざまなジャンルやスタイルの音楽を簡単に生成することができます。

AIVA

Amadeus Code

Amadeus Code

2021年にサービス開始した「Amadeus Code」はAIによって自動作曲を行い、作曲の支援をしてくれるという、実用的かつ画期的なサービスとして注目を集めました。

iOSのアプリにも対応しており、簡単な操作だけで数分で新しいメロディーを作成することができるので、作曲初心者にも最適です。

Amadeus Codeは世界中の有名な曲のコード進行を含むAIエンジンを使用していおり、学習するコードは毎日更新されるため、いつも新鮮な楽曲を生み出すことができます。 

Amadeus Code

Ecrett Music

Ecrett Music

Ecrett Musicは直感的でわかりやすいインターフェイスと、シーン、感情、ジャンルといった豊富な選択肢から楽曲を選べるので、アマチュアにもプロにも最適なAI音楽生成サービスです。

数回のクリックだけで、楽器や曲構造を簡単にカスタマイズすることもできます。また、さまざまな機能や特殊効果が備わっているのも大きな特徴の一つ。

トラックにはメロディー、バッキング、ベース、ドラムが含まれます。  

Ecrett Music

Boomy

Boomy

クリエイターの音楽制作への参入障壁を下げることに対して、重要な役割を果たすツールの1つがこの「Boomy」です。

数秒でオリジナル曲を作成できる手軽さと、作成した曲を送信して、さまざまなストリーミングサービス収益を得る可能性がある、非常に画期的なツールになります。

作成時にはいくつかのフィルターを設定して「曲を作成」 をクリックすると、ツールのクリエイティブな人工知能が数秒で完全な曲を作成します。

Boomy

MuseNet

musenet

AI業界で最も権威性のある名前の「OpenAI」 は、MuseNetと呼ばれる独自のオンラインAI音楽生成ツールを開発しました。

MuseNetは、10種類の楽器で4分間の楽曲を生成し、カントリーからモーツァルト、ビートルズまでのスタイルを組み合わせることができるディープニューラルネットワークシステムです。

数十万のMIDIファイルからメロディーやコード進行を予測することを学習して、ハーモニー、リズム、スタイルのパターンを見つけ出します。

MuseNet

Jukebox

Jukebox

こちらも「OpenAI」を使用した音楽自動生成サービスで、ジャンルとアーティストを選ぶだけで作成・作曲を自動生成する技術「Jukebox」を発表しました。

インターネットをクロールすることで収集した約120万曲のデータセットを作成し、それに対応する歌詞、LyricWikiからのメタデータとペアにします。

通常の音楽生成に必要なデータだけでなく「その曲が生まれた年」「アーティスト」「ジャンル」といったメタデータとともに学習することで、楽曲の特徴まで学習することができるのが特徴です。

Jukebox

CREEVO

CREEVO

CREEVOを使えば、入力した歌詞からオリジナルのメロディーを簡単に作成することができます。

利用者の評価を基準にして、新しい自動作曲モデルが生まれ続ける仕組みで、利用者が多いほど高品質で新しい音楽が創作できるようになるといった概念のもと運営されています。

CREEVOは既存のAI技術よりも優れた、文化の創造と進化を支える人口知能の仕組みを理解するための研究プロジェクトの一部として運営されています。

CREEVO

FIMMIGRM

FIMMIGRM

FIMMIGRMは数々のヒットソングのトラックを分析・学習させた「AIトラックジェネレーター」として機能します。

難しい操作をすることなくAIが自動的に作曲してくれるので、ハイクオリティなオリジナル曲を素早く入手することができます。

購入したトラックは、音声ファイルだけではなく、MIDI もダウンロードが可能。気になったトラックをさらにDAWで編集することも可能。

FIMMIGRM

まとめ

AIで作曲することができる音楽自動生成サービスをご紹介しました。

  • Shutterstock Music(Amper Music)
  • Soundraw
  • AIVA
  • Amadeus Code
  • Ecrett Music
  • Boomy
  • MuseNet
  • Jukebox
  • CREEVO
  • FIMMIGRM

多くの専門家、研究者、ミュージシャン、レコード レーベルが、AI テクノロジーを音楽に統合する新しい方法を模索しています。

さまざまな作曲家のスタイルを模範するソフトウェアもあれば、機械学習アルゴリズムを使用することで、まったく新しい曲やサウンドを生成するソフトウェアもあります。

作曲家が補助的に使ったり、作曲未経験者が簡単に創造体験を味わえる機会として、音楽生成サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

以上、「【AIで作曲】自動音楽生成サービスおすすめ10選」でした。


【DTM】音楽制作を進化させる。AI搭載プラグインソフト5選

Spotifyがオーディオデータを自動でMIDI変換するAI搭載ツール「Basic Pitch」をリリース

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-DTM, MUSIC TOPIC
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.