DTM MUSIC TOPIC

作曲アイデアが思い浮かばない時に役立つ7つのヒント

作曲アイディア

作曲アイデアが思い浮かばない時に役立つ7つのヒント

音楽制作中にまったくアイデアが思い浮かばなくなってしまったり、気が付くと同じような曲調ばかりになっていませんか?

ミュージシャンとして編曲、ミックス、マスタリングのテクニカルな部分以外の音楽アイデアを生み出す過程を楽しむ必要がありますが、ときには苦痛を伴うこともあります。

基本的な作曲の為のワークフロー以外にも、時には偶発的なひらめきや、新しい作曲方法を試してみることで思いもよらない名曲が出来上がることもよくあります。

そこで今回は作曲アイデアが思い浮かばない時に役立つ5つのヒントをご紹介。

1. ピアノロールにランダム打ち込み

アイデアが思い浮かばなくて狂ったのかと思われそうですが、実際に狂ったようにピアノロールにノートを打ち込んでみてください。(MIDIキーボードがあると最高です。)

音程、音価の長さ、ベロシティ等をすべてランダムに打ち込んでいくイメージです。

音楽理論や作曲スキルを持っていると役に立ちますが、時にはアーティストとして真っ白のキャンパスに絵の具をぶちまけるところからスタートすることも重要です。

もちろんまったく音楽的ではない音の塊が出来上がりますが、注意深く聴いていると部分的に音楽アイデアが転がっていることがあります。

2. 音楽を聴きながら音楽を作る

作曲作業中にバックで音楽が鳴っていると、気が散って集中できないという人の方が多いとは思いますが、アイデアが舞い降りてこないときには試してみる価値があります。

制作中の楽曲と似たような音楽を聴きながらリファレンスとして参考にするのもいいですし、普段聴かないようなジャンルを流すことで新しいひらめきが得られることもあります。

プロの楽曲には「バイオリンでハモりを作ってみよう」とか「このタイミングで転調はおもしろい」といったような普段は思いつかないようなアイデアが詰まっています。

3. ループサンプルを参考にする

Loopmasters

ループ音源からアイデアを広げる方法は個人的にもおすすめな方法の一つです。

ネットには様々なループ素材が転がっています。ドラムループ、コードループ、メロディーループ等のロイヤリティーフリーの素材が入手できるのでこれらを利用します。

Loopmasterのようなループサンプル販売サイトから素材を購入して、トラックに貼り付け、それを起点として作曲を始めます。

サンプルを聴いて作曲のアイデアとして利用するのもいいですし、ロイヤリティフリーなのでそのまま自分の楽曲としてリリースしても問題ありません。

4. 新規プロジェクトで立ち上げる

新規プロジェクト

新しくプロジェクトを始めるときに慣れ親しんだプリセットからスタートしていませんか?

自分好みの最高のキック、スネア、ベースサウンド、シンセサイザー等、あらかじめセットされた状態で、EQやコンプ系のエフェクトプラグインもトラックに挿した状態になっているプロデューサーの方も多いと思います。

もちろん、プリセットを組むことは作業を効率化するためにも必要なことですが、時にはプリセットをすべて投げ捨てて新鮮な状態からスタートさせることも大切です。

クリエイティブな新しいアイデアを生み出すこと以外にも、ゼロからミックスをスタートさせることでミキシング技術の向上にも繋がるので、クリエイターとしてのマンネリ化を感じてきたらプリセットを一度リセットしてみるのもありです。

5. 作曲支援ソフトを使う

orb composer

予算に余裕があるのなら「作曲支援ソフト」を導入するという手もあります。

AIを使ってコードに対してメロディーを提案してくれたり、各楽器パートを自動的に生成してくれたりと非常に便利で、アイデアを得る以外にも音源のクオリティをさらに高める為にも重宝します。

代表的なところでいうと「Orb Composer Pro」や「Scaler 2」がありますが、正直チート級なので初心者の頃から使用するのは創造性が欠けるのであまりオススメしません。

一通り作曲の基礎を学んでからあくまで補助的に使用するといいです。

6. 特殊なプラグインを使う

grossbeat

音源ソースに対して特殊な効果を付加するプラグインを使用することで、普段思いつかないような飛びぬけたアイデアがひらめくことがあります。

特殊効果を付与する飛び道具的なプラグインは多くありますが、例えばGross Beatのような音程、音量、テンポを自在に変化させることができるプラグインを使ってひらめきを得ます。

異世界のような特殊空間を再現することができるフリープラグインの「Valhalla Super Massive」もおすすめです。

7. 鼻歌で作曲

鼻歌作曲

最後ですが、創作において自分の中から湧き出すインスピレーションに従うことが最も重要です。

歌に自信が無くても、あくまでアイデアの為のツールとして使用するので、上手い下手はあまり関係ないので気にしないでください。

ほとんどの人がポケットに最高の録音ツールを持っているはずなので、アイデアが生まれたときにすぐに書き留めて置くことも簡単にできるようになりました。

意外とこのことを忘れているクリエイターの方も多いので、ボーカルメロディーやリズムアレンジ等(下手なボイパでも構いません)が思い浮かんだ時に録り溜めておくという癖付けをしておきましょう。

まとめ

作曲アイデアが思い浮かばない時に役立つ7つのヒントについてお話しました。

  1. ピアノロールにランダム打ち込み
  2. 音楽を聴きながら音楽を作る
  3. ループサンプルを参考にする
  4. 新規プロジェクトで立ち上げる
  5. 作曲支援ソフトを使う
  6. 特殊なプラグインを使う
  7. 鼻歌で作曲

インスピレーションが舞い降りてこないときは苦しくて、投げ出したくなることもあるかもしれませんが、今回の内容を実践してみてください。

以上、「作曲アイデアが思い浮かばない時に役立つ7つのヒント」でした。


簡単クラウド作曲ソフト「Loopcloud」

曲作りを始めるには?初心者におすすめの作曲の始め方


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-DTM, MUSIC TOPIC
-

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.