MUSIC TOPIC

ミュージシャンがコンテンツクリエイターであるべき理由

2021年8月17日

コンテンツクリエイター

ミュージシャンがコンテンツクリエイターであるべき理由

ミュージシャンとして自分の楽曲を世に広める為にやっていることはありますか?

これまでのSNS広告やメディア露出のような従来のマーケティング方法も間違いではありませんが、それだけでは音楽を宣伝する為に無料で行える非常に効果的な方法を逃している可能性があります。

人の心を動かす素晴らしい音楽を作成していることは前提として、クリエイターとしてコンテンツマーケティングの為にできることをいくつかご紹介します。

音楽ではなく「コンテンツ」を生み出すことの重要性

コンテンツ

ネットを開くとインフルエンサー、YouTuber、ブロガー、ポッドキャスター等が目に付き、多くのコンテンツが飛び込んでくるかと思います。

私たちが利用しているインターネット上のエンターテインメントはGoogle、Facebook、Twitter、TikTok等の多くのプラットフォームが存在し、これらはすべて優れたコンテンツクリエイターによって成り立っています。

ミュージシャンとして音楽をYouTubeでリリースしたとしても、まったく再生数が伸びなくて悩んでいる場合には、コンテンツマーケティングが有効かもしれません。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは顧客を引き付けるために直接的ではない内容、例えば有益な、教育的な、面白い、または刺激的なコンテンツの作成に焦点を当てたマーケティング戦略のことを言います。

従来のマーケティングは製品やサービスを直接売り込むことを目的としていますが、コンテンツマーケティングは間接的に顧客を引き込んでから、目的の製品を買ってもらえるよう機能します。

ミュージシャンに言い換えれば、多くの音楽ファンに音楽、コンサートチケット、商品などを買ってくれるように頼むのではなく、彼らに価値のあるコンテンツを提供することによって彼らの注意と音楽的な信頼を得ることが目的です。

ネット上に繰り返し露出することで、多くの人はあなたの存在を認知し、価値あるコンテンツを提供し続けることで信頼関係を築くことができます。

音楽を宣伝する為にコンテンツマーケティングを使う

音楽宣伝

コンテンツマーケティングはミュージシャンだけでなく、その他のアーティスト、クリエイター、オンライン起業家にとって非常に有効的に活用できます。

厳しい言い方のようですが、潜在的な音楽ファンが知名度の無いアーティストの音楽だけに興味を持つことはほとんどありません。

ミュージシャンとしては受け入れがたいかもしれませんが、これからはどれほど優れた音楽であっても、他の人気コンテンツに付随させたり、新しい独創的なアイデアが必要になります。

多くのファンはこれまで以上に、アーティストの音楽性以外の個性、創造のプロセス、価値観、ライフスタイルを見れることを望んでいます。

自分のことをよく知ってもらう為に

自己紹介

ミュージシャンにとって「音楽」はファンを惹きつける為のコアコンテンツでなければならないということは言うまでもありませんが、とはいえ音楽だけで多くのファンを「スーパーファン」になるまで深く自分のことを知ってもらうのには限界があります。

アーティストのファンはそのアーティストの人間性を知りたがっており、日常をコンテンツとして共有し、舞台裏や制作過程を紹介し、アドバイスを提供し、コミュニティを作りファンを巻き込むことで、親しい友人のように近い距離で応援してくれる人が必ず現れます。

関係性を構築する

SNS

オンラインでコンテンツを発信し続けて、動画に付いたコメントに返信したり、時にはDMやライブ配信でよりコミュニケーションを深めることも重要です。

場合によってはグッズやオンラインサロンのような、より深いファンのニーズを満たすようなサービスを発信し、フィードバック、質問、アンケートまたはアイデアを収集して、より多くのコンテンツに反映させることもできます。

SNSのようなアーティストとファンとの距離が近いメディアが主流となっている今、これらを満たすことのできるツールは十分に揃っていると言えます。

まとめ

ミュージシャンがコンテンツクリエイターであるべき理由についてお話しました。

すでにアーティスト活動の一環としてSNSに投稿している方も多いかもしれません。コンテンツマーケティングを始めるのには最適なツールですが、コンテンツマーケティングとは少し違います。

コンテンツをより戦略的に作成するには、リリース前やイベント前のタイミングだけでなく、一貫したコンテンツを共有し続ける必要があります。

幸いにもブログ、YouTube、音声メディア等多くの発信媒体を個人であっても無料で発信できる時代です。
まずはあなたの音楽ファンにとって有益なコンテンツを発信し続けて、音楽的信頼を獲得しましょう。

以上、「ミュージシャンがコンテンツクリエイターであるべき理由について」でした。


ミュージシャンの為のSNSマーケティングに役立つ5つのヒント

Russから学ぶ現代の音楽成功術とは?

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.