Trivision Studio

ギタリストやDTMerに役立つ音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

音楽トピック

ダブステップ、メロディックダブステップのおすすめアーティスト 10選

投稿日:2019年11月12日 更新日:

ダブステップ、メロディックダブステップのおすすめのアーティストをご紹介します。


ダブステップ、メロディックダブステップを最近聴き始めた人に向けて、おさえておくべきおすすめのアーティストを10人ご紹介していきます。


Skrillex – Bangarang feat. Sirah

もはや説明不要の定番曲。
現在のダブステップシーンを築き上げたといっても過言ではない「Skrillex」の代表曲です。

グラミー賞にて、最優秀ダンス/エレクトロニカ・アルバム賞と最優秀ダンス・レコーディング賞を獲得した楽曲。


Illenum – Fractures

メロディックダブステップといえば、最近グイグイ人気急上昇中の「Illenium

The Chainsmokersとのコラボや、日本最大のクラブ「ageha」での来日公演で国内でも知名度が上がってきています。

激しくも叙情的で壮大な楽曲が多く、おすすめのアーティストの一人です。



Gryffin – Just For A Moment ft. Iselin

作曲スキルの高さに定評のある「Gryffin
マルーン5やイヤーズ&イヤーズのリミックスで注目を浴び、2016年デビューの超新星。

DJプレイ時にギターを弾いたりとパフォーマンスも見ごたえがあります

最近はポップス寄りの楽曲も多く、国内受けもよさそうな印象。


Seven Lions – Days to Come ft. Fiora

国内の知名度はまだまだ低いですが、個人的には楽曲&サウンドクオリティが非常に高いと思うアーティストの一人です。

透明感があり、引き締まったボトムサウンドは非常に心地良いです。

IlleniumGryffin等ほかの同ジャンル人気アーティストとのコラボも多く、その交流関係の深さからも国内で火がつくのも時間の問題かもしれません。


Au5 – Snowblind(feat. Tasha Baxter)

国内ではプロデューサーやクリエイターに人気のある「Au5

攻撃的なダブステップとブレイクパートの混ぜ方が絶妙です。

その高いサウンドクオリティから、サンプル音源販売サイトの「Splice」からキックやスネアの音源サンプルも販売されています。

すごく良い音なので、筆者自身もよく使わせて頂いております。



Kill The Noise – Kill It 4 The Kids(feat. AWOLNATION & R.City)

映画『ミュータント・タートルズ』の主題歌をプロデュースしたことで話題となった「Kill The Noise

最近でもクラブでよく流れる定番曲なので聴いたことある人も多いんじゃないでしょうか?

SkrillexライクなTheダブステップな感じでテンション上げたい時におすすめです。



Mitis – Moments

非常にノスタルジックでエモーショナルな楽曲を展開している「Mitis
繊細なメロディーと映画のように壮大なハーモニーが涙腺を刺激します。

国内では知る人ぞ知る、ぐらいの認知度ですがメロディックダブステップ好きの人には是非聴いていただきたい一曲です。



Knife Party – Centipede

大人気バンド「Pendulum」のメンバーであるRob SwireとGareth McGrillenのデュオ。
紹介しているのは7年前の楽曲ですが、クラブでプレイされることも多いので国内の認知度も高いです。

アグレッシブな王道ダブステップサウンドは超攻撃的で鋭く、重厚なキックドラムと重低音のワブルベースが体に響きます。



Said The Sky – All I Got

Illenum,Seven Lions,Mitisと並ぶメロディックダブステップ界の新鋭「Said The Sky
特にIllenumとは交流が深く、同居していた過去もあることから彼とのコラボ楽曲も多いです。

名門音大出身でロックやメタル、エレクトロポップまで幅広く音楽に精通しており、生み出される楽曲も非常にハイセンスなものが多いです。



Zomboy – Nuclear

国内でも非常に人気の高い、イングランド出身のDJ / プロデューサー「Zomboy

メタルコアやハードコアをバックグラウンドに持ち、現在はダブステップ、トラップ、ドラムアンドベース、エレクトロハウスまで幅広く手掛けています。

ジャンプやヘッドバンギングでの激しいライブパフォーマンスに定評があり、オーディエンスを沸かせます。



Nurko ft. Luma – Breathe Without

ググっても日本語のサイトが出てこないほど、まだまだ国内の知名度は低いですが、
素晴らしいアーティストなので応援の意味も込めて最後に紹介させて頂きます。

Nurko」は全体的に王道メロディックダブステップの楽曲が多く、「メロディックダブステップってなに?」って聞かれたらいつもこの曲を紹介しています。







以上おすすめ定番ダブステップ、メロディックダブステップアーティスト10選でした。


もちろん今回紹介させて頂いたアーティスト以外にもたくさん素晴らしいアーティストがいるので、気になった方はディグってくださいね♪

【最新版】EDMクラブミュージックおすすめ曲 10選(2019〜2020)

-音楽トピック
-, ,

執筆者:

関連記事

【永久保存版】初期ポストハードコア, スクリーモバンド 10選

シーンを築き上げた初期のポストハードコア、スクリーモバンドを10組紹介します。 Sleeping With Sirens アルバム『With Ears to See and Eyes to Hear』 …

未来の音楽イメージ

「音楽」の未来は?需要はこれからどんどん増えていきます。

「音楽」の未来は? 音楽といわれるとリスニング「聴く」をイメージするかと思いますが、今回はスマホやITの進化によって、音楽の持つ多様性が広く一般化されたこと。「演奏」「創る」がより身近になり、ほかにも …

the weeknd

The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – HeartlessとBlinding Lightsを続けてリリース

The Weeknd(ザ・ウィークエンド) – HeartlessとBlinding Lightsを続けてリリース 過去にグラミー賞を3度受賞している「The Weeknd“ザ …

ライブリハーサルでギタリストがやりがちな5つの間違い

ライブリハーサルでギタリストがやりがちな間違いについて 「ライブリハーサルって具体的にどうすればいいの?」バンドを最近はじめて、リハーサルで何をしていいかよくわからず、とりあえずPAさんの指示通りに音 …

なぜ日本だけまだCDが売れるのか?

なぜ日本だけまだCDが売れるのか? 現在音楽市場において、デジタル配信やストリーミングが主流になっていることは言うまでもありません。世界的には2014年にはデジタルストリーミングの売り上げがCDを上回 …