Trivision Studio

ギターやDTMを中心に音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

ギター関連

BABYMETAL – KARATE ギターの音作り

投稿日:2019年11月11日 更新日:

こちらの動画のサウンドをもとに解説しています。

BABYMETAL – KARATE ギターの音作りについて



まず使用機材はこちらです。


・ギター
SCHECTER Black Jack ATX C-1 FR

・ピックアップ
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) > AHB-1b Blackouts

・エフェクター
Line 6 > Helix LT (アンプシミュレーター)



を使用しています。

Helix内で音作りしているのでそちらを詳しく紹介していきます。

Helix LT

Helix LT

アンプシミュレーターの設定



この楽曲は作者のゆよゆっぺ氏らしいゴリゴリのメタルコアサウンドです。
ギターサウンドも海外よりの音作りになっていてかっこいい。


筆者もメタルコア系が大好物です。



まずアンプモデルなのですが


・アンプヘッド
Line 6 Epic > Line 6 Original
・キャビネット
4×12 Greenback 25 > 4×12 Marshall Basketweave G12 M25



こちらを使用しております。


プリアンプ設定

Drive > 3.0

・Bass > 3.5

・Mid > 6.0

・Treble > 8.0

・Presence > 8.5


Line 6 Epicというオリジナルアンプを使用しています。

メタル向きのかなり図太い音がでるのでおすすめです。

メタルというとかなりハイゲインなイメージですが、意外と歪みは少なめに設定しています。
ブリッジミュートの細かい刻みを多用するジャンルなので、あまり歪ませると歯切れが悪くなるので注意です。

低音もなるべくカットして、ハイ寄りなサウンドにしています。



キャビネット設定

・マイク
7 Dynamic > Shure SM7

・Distance > 1.0
マイクの距離です。



各種エフェクター


今回使用したエフェクト類を順に紹介します。

・ノイズゲート
・コンプレッサー
・イコライザー
・ブースター
・リバーブ
・ピッチシフター



・ノイズゲート


Hard Gate > Line 6 Original

・Open Threshould > -57.0 dB
・Close Threshould > -57.0 dB

・Hold Time > 10.0 ms
・Decay > 10.0 ms


設定値以下のギター信号を通さないようにしてくれるエフェクターです。
刻みフレーズで歯切れよくなるので使用しています。


TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / Sentry Noise Gate

TC ELECTRONIC ( ティーシーエレクトロニック ) / Sentry Noise Gate

・コンプレッサー

Deluxe Comp > Line 6 Original

・Threshold > -38.0 dB
・Ratio > 4:1
・Attack > 10.0 ms
・Release > 200 ms

イントロリフ、ブリッジミュート、コード弾きと色んな奏法を使っていると音量にバラつきが出やすいのでコンプレッサーで軽く整えます。


PROVIDENCE ( プロヴィデンス ) / VLC-1 VELVET COMP

PROVIDENCE ( プロヴィデンス ) / VLC-1 VELVET COMP

・イコライザー

Parametric EQ > Line 6 Original

・Low Freq > 200Hz
・Low Q > 2.0
・Low Gain > +1.5db



・Mid Freq > 805 Hz
・Mid Q > 2.0
・Mid Gain > -2.0db



・High Freq > 4.5kHz
・High Q > 2
・High Gain > +3.5db



・Low Cut > 120Hz

ドンシャリを意識して使用しています。

結構サウンドの全体に低音成分が多くこもりやすいので、抜けるよう4.5kHzを強めにブーストしています。

MXR ( エムエックスアール ) / M108S 10 Band Graphic EQ

MXR ( エムエックスアール ) / M108S 10 Band Graphic EQ



・ブースター

Scream 808 > Ibanez TS808 Tube Screamer

・Gain >0

・Tone > 5


真空管の味方。

アンプの前に挟んでブースターとして使用しています。


IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808 ギターエフェクター チューブスクリーマー

IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808 ギターエフェクター チューブスクリーマー



・リバーブ

・Decay > 2.5

・Predelay > 20ms

・Low Cut > 150Hz

・High Cut > 8.0kHz

・Mix > 30%



うっすらかけてます。

低音にかけるとモコモコするのでローカットはしっかりかけましょう。

One Control ( ワンコントロール ) / Prussian Blue Reverb

One Control ( ワンコントロール ) / Prussian Blue Reverb

・ピッチシフター

Simple Pitch > Line 6 Original

・Interval > -1


あまり太い弦を貼ってないのでドロップCチューニングにピッチシフターで半音下げしてドロップBにしています。

DIGITECH ( デジテック ) / Drop

DIGITECH ( デジテック ) / Drop






サウンドメイクに関しては以上です。


SiM – KiLiNG ME ギターの音作り

ONE OK ROCK – 完全感覚Dreamer ギターの音作り

WANIMA – ともに ギターの音作り

-ギター関連
-, , ,

執筆者:

関連記事

ギターアンプ

ギターアンプの音作りと正しい使い方

ギターアンプの正しい使い方と音作りについて 初めてギターを買った時、バンドメンバーとスタジオ練習に行ったとき、ライブハウスで初ライブ。自分の持ってるアンプならまだしも、一番困るのがギターアンプの使い方 …

RADWIMPS - 君と羊と青 ギターの音作り

RADWIMPS – 君と羊と青 ギターの音作り

RADWIMPS – 君と羊と青 ギターの音作りについて こちらの動画のサウンドをもとに解説していきます。 使用機材はこちら ・ギターGibson Lespaul Standard・ピック …

sim killing me ギター 音作り

SiM – KiLiNG ME ギターの音作り

こちらの動画のサウンドをもとに説明していきます。 SiM – KiLiNG ME ギターの音作りについて まず使用機材はこちらです。 ・ギターSCHECTER Black Jack ATX …

Helix攻略!ライブで使用する場合の簡単な設定方法

Helixをライブで使用する場合の簡単な設定方法について 現場でのHelixやKemper、Axe-Fx等のアンプシミュレーターが主流となってきました。便利なのは良いのですが、使い方や音作りの幅が広す …

エレキギター

【脱初心者】エレキギターの音作りの極意!

【脱初心者】エレキギターの音作りの極意とは ギタリストは演奏スキルはもちろんのこと、サウンドメイクのスキルも非常に重要です。技術が無くても出音が綺麗なら上手く聴こえるし、逆にいくら速弾きのようなテクニ …