GUITAR

【どれを買えばいい?】エレキギターシールドの定番製品おすすめ5選

エレキギターシールド 定番製品

【どれを買えばいい?】エレキギターシールドの定番製品おすすめ5選

これからギターを始めるギタリストにとって、色んな音楽メーカーから様々なギターシールドが販売されていて、始めはどれを選べばいいの?と悩んでいる方も多いかと思います。

まだそこまでこだわりが無かったり、細かい音の違いが分からない方は最初の一本は有名なブランドや定番の製品をチョイスしたいと考える人もいるはずです。

そこで今回はどれを買えばいいか迷っている方に向けてギターシールドの定番人気ブランドを5つご紹介します。

ギターシールドの選び方

シールドにそこまでこだわりが無い人であっても、製品を選ぶ際にはシールドの長さプラグの形の違いは意識しておきましょう。

自宅の練習用なのに無駄に長いシールドだと音質劣化に繋がったり、ライブで使うのに短すぎるとその場から動けなくなったり、シールドが抜けてしまう原因にもなります。


音質に関してはエレキギターの安いシールド 5選【コスパ重視】でも解説しましたが、良いギターシールドを使えば音が良くなると思っている方もいるかと思いますが、 音が良くなるということはありません

電気信号の伝達は基本的に引き算なので、ギター本体からアンプ出力までの間でいかに音を劣化させずに伝達させるか。が最も重要なので、シールドだけに予算をかけるよりも機材全体のクオリティを上げることの方が重要です。

これらを参考にしながらギターシールドを選んでみてください。

それではここからシールドの定番人気ブランドをご紹介していきます。

CANARE

CANARE

非常にコスパの高い業界スタンダードのケーブルで、初心者からプロまで幅広く愛され続けている定番シールドです。

長さ、形状、カラーのバリエーションも多く、サウンドはギター本体の持ち味を忠実に再現するフラットなトーンが特徴です。

安心の国産メーカーで、価格も非常に安い部類に入るので間違いなく迷ったらコレ!な製品です。


SYNCWIRE

Syncwire

Syncwire(シンクワイヤー)はここ最近新たなエレキギターの定番シールドとして人気が出てきているメーカーです。

ギターシールド以外にも充電ケーブルやオーディオケーブルを取り扱っているメーカーで、設立は2013年と若いですが、Amazonでも売れ筋ランキング1位になっているほど多くのギタリストからの支持を獲得しています。

コネクタと銅内装芯線を利用して、外部干渉に強い2重シールドを採用することで、クリアで綺麗なステレオサウンドを生み出します。


CUSTOM AUDIO JAPAN

CUSTOM AUDIO JAPAN

他のシールドと比べて少し値は張りますが、機材のポテンシャルとサウンドを常に100%引き出すことをコンセプトとして制作されている信頼あるメーカーです。

トップミュージシャンによるブラインドテストで選ばれた素材を採用することで、最高品質のケーブル伝達能力と、様々な使用環境やサウンドニーズに応えれるように、ケーブルラインアップの豊富さも魅力的。

品質の良さに定評があるので、予算に余裕があって高品質なサウンドを求めているギタリストの方におすすめです。


BELDEN

BELDEN

1902年にシカゴで設立された伝統と信頼のBELDEN professional cables。

楽器・オーディオ用として絶大な信頼を得ているメーカーで、一昔前はプロ用カスタムケーブルの定番製品として高価な部類のシールドでしたが、現在はかなりお手頃な値段にまで下がり、プラグもセットされた完成品として販売されるようになりました。

様々な種類のBELDENケーブルのなかでも、特にギターやベース向きの特性を持つ#8412、#9395、#9778の型番が定番シールドケーブルとして人気です。


MONSTER CABLE

MONSTER CABLE

映画や音楽の制作シーンをはじめ、世界各地から絶大な支持を得る「モンスターケーブル

多くのギタリストに「ハイパフォーマンなギターシールド」として認知されている定番シールドです。

高速トランジェント、クリーンな高音、鮮やかな倍音を出力し、特許取得済みのマルチゲージワイヤーネットワークでギタートーンを強化します。

緻密なシールドがハムノイズを排除してくれるので、激しめのロックとの相性抜群です。


まとめ

エレキギターシールドの定番製品おすすめ5選をご紹介しました。

  • CANARE
  • SYNCWIRE
  • CUSTOM AUDIO JAPAN
  • BELDEN
  • MONSTER CABLE

最近のSYNCWIRE以外はほとんどのギタリストに認知されている人気ブランドばかりなので、どれを購入するか迷っている場合には是非チェックしてみてください。

シールドはギターとエフェクター、アンプを繋ぐ為に必須の機材であり、トーンに大きく影響するパーツです。

音質にもこだわりたいという方は【2021年最新版】高音質のギターシールドおすすめ5選の記事も合わせてご覧ください。

以上、「【どれを買えばいい?】エレキギターシールドの定番製品おすすめ5選」でした。


ギターシールドをワイヤレスに【人気製品5選】

高品質のディストーションエフェクター 5選


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.