ギター関連

エレキギターの安いシールド 5選【コスパ重視】

2019年12月21日

安いシールド


安くて良質のエレキギターシールド


まず「安くて良質なシールドをオススメする理由」について軽くお話します。


さっそく、ギターシールドの役割なのですが

ギター本来の音をいかに劣化させずにスピーカーに伝達できるか
です。


音の伝達は引き算


良いギターシールドを使えば音が良くなると思っている方もいるかと思いますが、 音は良くなりません。


電気信号の伝達は基本的に引き算です。


例えば、ギター本来の音を100とした場合に
「性能が95」のシールドを2本使ってアンプに伝達したとき

90の音質がアンプのスピーカーから出力されます。


これを仮にお金が無いからとの理由で、エフェクターのパッチケーブルに安物の「性能が50」のシールドを1本使用すると

音質が一気に40まで落ちてしまいます。

実際はここまで極端では無いですが、基本的には引き算です。


特にコンパクトエフェクターを大量に並べている場合、ギターからアンプまで繋がっているすべてのシールド(パッチケーブルを含む)を高級なものにするにはかなりの出費となります。


シールドにお金をかけるくらいなら、ギターやアンプの基礎性能を上げることのほうが音質向上において重要です。

なので、シールドにはなるべく安くて性能の高いものを使い、劣化を防ぎつつアンプまで繋ぐことが大切なのです。

安くて性能の高いシールド


安いシールドは探せばたくさんあるのですが、安い分メーカーによってはハズレも多くなってくるので注意が必要です。


以下にコストパフォーマンスに優れている、良質なギターシールドを5つ紹介するので是非参考にしてみてください。


CANARE G03


ギター用シールドケーブルのスタンダードとして有名です。
Gシリーズがギターに特化した製品で、それ以外の汎用品であるLCシリーズもあるのでお間違えのないように。

コスパ面で考えると、これを超えるギターシールドは無いでしょう。
価格、音質、耐久性に非常に優おり、プロのミュージシャン、スタジオから音響機器まで幅広く使用されています。




Providence LE501


Providenceから何種類かシールドを販売していますが、こちらのSilver Link LEシリーズが一番リーズナブルなシールドになっています。

低価格帯のシールドにしては非常にノイズが少なく、クリアで抜けのいいサウンドが特徴です。

ストラトやテレキャスとの相性はバツグンです。





CAJ / Custom Audio Japan


CAJケーブルは非常にシンプルな作りになっており、原音に忠実でギター本来の持つサウンドの再現性が高いです。

出音はプレゼンス(超高音)が持ち上がり気味で「アタック感」「音の立ち上がり」が非常に優れています。


足元のコンパクトエフェクターでサウンドメイクしている方にオススメです。





BELDEN #9395


個人的にもっともおすすめのシールドがこちら「BELDEN #9395」です。
10年ぐらい愛用していて、当時は3m8000円ぐらいしたのですが、最近はかなりリーズナブルな価格になっています。

ロック向けのシールドで、ギターの一番おいしい周波数帯域がグイっと持ち上がり、音の輪郭や存在感が増します。

さらにメタル寄りのローミッドのボトムを強調したい方は、#8412の型番をオススメします。




VOX ギターシールド


見た目が特徴的なVOX製のシールド。

ややチープな印象を受けますが、「Amazonの楽器カテゴリー売上ランキング1位」を獲得したこともある非常に信頼性の高いシールドです。

クラシックロックを得意とするので、カッティング奏法やジャズ & ブルース向けです。



以上です。

コスパの高いシールドで劣化を最小限に防ぎつつアンプまで繋ぐのが音質向上のコツです。


それぞれパッチケーブルも販売してるメーカーもあるので、ググってみてくださいね!


【ギター歴15年が語る】ギターの抜ける音作りについて

【厳選】ギタリストが選んだ人気歪みエフェクター 5選


人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.