GUITAR

エレキギターに最適なピックを見つけ出す方法

エレキギターに最適なピックを見つけ出す方法

ギターショップに行くと、各音楽メーカーから様々な種類のギターピックが販売されています。

ピックは力を直接弦に伝える為の最も重要なアイテムであり、形状や材質によって音質が変化し、演奏スタイルによって弾きやすさは大きく変化します。

今回は、エレキギターに合ったピックを見つけ出すために、考慮するべき様々なポイントをご紹介します。

1. 自分の演奏スタイルに合っているか

エレキギターでプレイする場合は様々な音楽ジャンルやプレイスタイルがあります。

  • コード主体のバッキングギター
  • カッティング奏法
  • リードギター
  • メタルの速弾き
  • フィンガースタイル

自分がギタリストとしてどういった演奏スタイルがメインとなるのかを考慮してピックを選ぶと、よりジャンルに適したサウンドを手に入れることができ、上達もスピードも向上します。

基本的にはリズムギターやカッティングのような伴奏の場合は大きくて、柔らかめのピックを選択することで腕を大きく振るコードストロークや手首のしなりを弦に伝えやすくなります。

反対にリードギターのようなテクニカルなスタイルの場合は小さく、硬めのピックを選択すると、スピーディーなピッキングに有利になり、プレイアビリティが向上します。

2. 好きなギタリストを参考にする

自分の好きなギタリストが使っているピックを参考にして選ぶ方法もおすすめです。

特定のジャンルに特化したプロギタリストは、おそらく多くのピックの中から自分に最も適したピックをよく知っています。

わざわざ自分で色々なピックを試すよりも「こんな演奏してみたい!」と思えるようなギタリストを見つけて、ピック探しの入り口として参考にしてみましょう。

3. 厚さ

自分でピックを探すときには、ピックの厚さというのは特に初心者にとっては重要な要素です。

ピックが薄いほど弦に対しての抵抗が無くなり、演奏しやすくなります。ギターをはじめたての頃はコード弾きがメインとなるので、薄いピックを試してみることをおすすめします。

ギターが上達するにつれて、手首や指先の脱力テクニックが身に付いてくるので、徐々に厚いピックを試していくと、よりエッジの効いたパワフルなトーンから、力を抜いた丸みのあるトーンまでを指先でコントロールできるようになります。

あと、もちろんピックの厚さによって消耗度合いが大きく変化します。柔らかいほどピックの先がすぐ削れて演奏感覚が変化してしまいますが、厚いほど削れにくいのでコスパも良くなります。

4. 形状

ピックの形状にも多くの種類があり、トーンや演奏のしやすさに直結する要素です。

スタンダードな「ティアドロップ」デザインは多くのギタリストから人気があります。人差し指と親指の間でグリップするための大きなスペースと、徐々に細く、丸みのある先端部分で演奏することで、クリーンで正確なピッキングやストローク奏法を可能にする為、ほとんどのスタイルに対応できる万能さを持っています。

三角形のトライアングルタイプはカッティングやコードストロークを多用するギタリストに人気のデザインです。さらに、3つの頂点が同じ形をしているので、すべての角を使えば単純に通常のピックより3倍長持ちするのでコスパも良いです。

このほかにも色々な形状、大きさのピックがありますが、ギター初心者がはじめから1つの形状ピックに限定して使い続けることはあまりおすすめしません。

最終的にはどれか一つに落ち着くとは思いますが、始めのうちは様々な形状のピックを試してみて、自分の指になじむのを探すというのも大切です。

5. 材質

ギターピック自体の材質もピック選択に欠かせない重要な要素の一つです。

セルロイド、ナイロン、トーテックス等、様々な種類がありますが、大きく分類してプレスチック系統の素材は、20世紀初期のピック製造のための最も優れた素材として現在まで使用されています。当時、比較的安価でありながらも、重量、色、仕上げで多種多様なピックを製造できることから広く普及しました。

セルロイド素材はFenderとGibsonから発売されているピックに使われていることもあり、信頼性が高く、多くのギタープレーヤーに人気があります。

アクリルピックは弾性率、硬さともに優秀な素材で硬いアタック感が特徴的。ナイロンとアセタールは、使いやすさ、重量、デザインの幅の広さ、ほぼすべてのプレイスタイルへの適合性がある、依然として人気のある素材です。

Dunlopのトーテックスピック(滑り止めマット仕上げ)は、弾きやすさと高い耐久性から、激しめのロックやメタル系でよく使われており、数ある素材の中でも愛用者の多い素材の一つなので、一度は試してみることをおすすめします。 

特殊な素材として、骨、貝殻、石、ガラス、タグア、金属、ゴム、木、フェルト等がありますが、ギター弾き始めの初心者の方にはあまりおすすめしません。

まとめ

自分に最適なピックを見つけることができれば、弾きやすさが格段に向上し、練習も楽しくなります。

指からすぐ滑り落ちたり、目当てのサウンドが鳴らないと感じている場合には、ピックを変更してみることを検討してみるといいかもしれません。

お気に入りのピックが見つかったら、12個入りのセットパックも販売されているので、個別で購入するよりもコスパがいいのでおすすめです。

以上、「エレキギターに最適なピックを見つけ出す方法」でした。


ギターピックの種類と選び方!人気の定番ピックもご紹介

エレキギターの弦選び【ジャンルに合わせたおすすめを5つご紹介】

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.