ギター関連

ギターチューニングの正しいやり方

2020年3月24日

チューナーの画像


ギターチューニングの正しいやり方


これからギターを始める方に向けて正しいギターのチューニング方法について解説します。


チューニングとはギターの6つの弦を正しい音程に合わせることで、ほぼすべての弦楽器はチューニングが必要です。

一度合わせればOKというわけではなく、演奏しているうちに徐々に音程がズレてくるので、数曲弾いたらチューニングする癖をつけておきましょう。


各弦の音程

ギターの画像


ギターを構えた時に上側から順番に

  • 6弦=E
  • 5弦=A
  • 4弦=D
  • 3弦=G
  • 2弦=B
  • 1弦=E


何も押さえずに(開放弦)弾いた時にこれらの音程になるようにチューニングします。


チューナー

チューナーの画像


色々なチューニング方法が存在しますが、基本的には「チューナー」と呼ばれる機器を使用してチューニングします。

ギターヘッドにつけて使用するタイプやエレキギターとシールドで繋いで使用するタイプ等、チューナーにも色々あるので自分の演奏スタイルに適したチューナーを選ぶと良いでしょう。


参考までに色んなスタイルに合わせたチューナーをご紹介します。

万能タイプ

音を拾うマイクとシールドを差し込む端子も付いているのでアコースティックギターとエレキギター両方に使用できます。ただライブ中のチューニングにはあまり向いていないです。


エレキタイプ

ペダルタイプのチューナーで主にエレキギターやエレアコに使用します。単体で使用したり足元のエフェクターに組み込んで使用できるのでライブ中でも素早いチューニングが可能です。使用にはシールド(ギターケーブル)が必要です。


アンプラグドタイプ

生音のアコースティックにはこちらのタイプをおすすめします。マイクで音を拾ったり、ギター本体の振動を感知してチューニングするのでシールドを使う必要がありません。


チューニングのやり方


チューナーを用意したら、ギターヘッドの「ペグ」と呼ばれる部分を回して太い弦から順番に音程を合わせます。

ペグの画像


チューニングするときのコツとして、目的の音程に近づいたら一度弦を緩めて、締めながら合わせていきます。
低い音から高く、弦を締めながら合わせることで演奏によるチューニングのずれが少なくなります。


6弦~1弦まで一通りチューニングが完了したら、弦のテンションが変わることで音程が少しズレるので、もう一度6弦~4弦ぐらいまでを確認しましょう。


ハーモニクスで確認


ここまででほぼチューニングは完了なのですが、更に正確なチューニングを求める方はハーモニクス音を使って音の揺らぎを確認します。

耳を使って確認するのですが、音感は特に必要ない作業ですので安心してください。

ハーモニクス音の出し方

ハーモニクス音の出し方なのですが、フレットのちょうど真上に指を置き(押さえずに軽く触れるだけ)ピックで弾いた瞬間に指を離します。

ギターの画像


するとポーンという倍音のみが発声されます。

ハーモニクスを使ったチューニング


5フレットのハーモニクスと1弦上の7フレットのハーモニクスが同じ音なので、同時に鳴らして音を聴きます。

ハーモニクスポイントの画像


ハーモニクス音の場合、チューニングがズレているときの音の揺れが聴き取りやすいので、音の揺らぎが無くなるまでチューニングします。

音の揺らぎ


ハーモニクスを使ったチューニングをすることで、より正確なチューニングが可能となります。



以上、ギターチューニングの正しいやり方でした。


Fコードは難しくない!ギター初心者でも簡単に押さえるコツ

ギター初心者から1ヶ月で抜け出す為にやるべきこと

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.