ギター関連

LiSA – 紅蓮華 ギターの音作り

2020年3月27日

紅蓮華の画像


LiSA – 紅蓮華 ギターの音作り



こちらのカバー動画で使用したサウンドをもとに解説していきます。


まず使用機材はこちらです。

・ギター
SCHECTER Black Jack ATX C-1 FR

・ピックアップ
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) > AHB-1b Blackouts

・エフェクター
Line 6 >Helix LT(アンプシミュレーター


こちらを使用しております。

チューニングはドロップCチューニングです。

6弦=C
5弦=G
4弦=C
3弦=F
2弦=A
1弦=D

に合わせます。


Helix内で音作りしているので、詳しく紹介していきます。



アンプシミュレーターの設定

アンプシミュレーターの画像


少ない歪み量で、エッジの効いたサウンドが特徴です。

恐らく本家はシングルコイルの音なのですが、筆者は所有していないためアクティブピックアップのギターで弾いています。


まずアンプモデルなのですが

・アンプヘッド
US Deluxe Nrm > Fender Deluxe Reverb (ノーマル・チャンネル)

・キャビネット
1×12 US Deluxe > 1×12 Fender Deluxe Oxford



こちらを使用しております。

プリアンプ設定

プリアンプの画像

Drive > 3.5

・Bass > 4.5

・Mid > 4.5

・Treble > 5.0

・Presence > 3.5


Fender Deluxe Reverbのアンプモデルを使用しています。

ピックアップの性能を考慮して、あえておとなしめのアンプを使用してバランスをとっています。

歪みを抑えて、EQはフラットに近い感じで使用しています。


キャビネット設定

キャビネットの画像


・マイク
409 Dynamic > Sennheiser MD409

マイクの距離
Distance > 2.0


古いタイプのビンテージマイクですが、意外と相性がよかったので使用しました。


各種エフェクター

各種エフェクトの画像


今回使用したエフェクト類を順に紹介します。

・EQ (イコライザー)
・Compressor (コンプレッサー)
・Booster
 (ブースター)
・Distortion (ディストーション)
・Reverb (リバーブ)

・イコライザー

イコライザーの画像


Parametric > Line 6 Original

Mid Freq > 4.0kHz
Mid Q > 1.0
Mid Gain >+1.5 dB


High Freq > 5.0 kHz
High Q > 1.5
High Gain > 2.0 dB


Low Cut
 > 80 Hz


4~5kHzをブーストしています。


単体だといいのですが、音源を重ねたときに結構低音がモコモコしているので、弾いてみた系をやるのなら200Hz周辺をカットしたほうがいいです。



・コンプレッサー

コンプの画像


Deluxe Comp > Line 6 Original

・Threshold > -32.0db

・Ratio > 4:1

・Attack > 25ms

・Release > 200ms

・Knee > +6


うっすらかけています。
歪みを加える場合、無しでも問題ないです。

スレッショルド値はギターの入力信号の大きさによって変わるので、参考程度に。



・ブースター

ブースターの画像


Scream 808 > Ibanez TS 808 Tube Screamer

・Drive > 0.0

・Tone > 5.0


・Level > 6.7


Driveゼロでブースターとして使用しています。

TS 808はミドルが太くなるのでロックな楽曲と相性が良いです。



・ディストーション

ディストーションの画像


Compulsive Drive > Fulltone OCD

・Gain > 1.5

・Tone > 5.0

・Peak Type > Low Peak

・Version > V4


なめらかで乾いた感じの歪みが合うのでFulltone OCDを選びました。



・リバーブ

リバーブの画像


Room Reverb > Line 6 Original

・Decay > 3.5

・Predelay > 16ms

・Low Cut > 200Hz

・High Cut > 8.0kHz

・Mix > 35%



耳では分からないぐらいうっすらかけてます。




以上、「LiSA – 紅蓮華」ギターの音作りでした。


ONE OK ROCK – Re:make ギターの音作り

バッキングギター 5つのミキシングテクニック

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.