ギター関連

LiSA – 紅蓮華 ギターの音作り

2020年3月27日

紅蓮華の画像


LiSA – 紅蓮華 ギターの音作り



こちらのカバー動画で使用したサウンドをもとに解説していきます。


まず使用機材はこちらです。

・ギター
SCHECTER Black Jack ATX C-1 FR

・ピックアップ
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) > AHB-1b Blackouts

・エフェクター
Line 6 >Helix LT(アンプシミュレーター


こちらを使用しております。

チューニングはドロップCチューニングです。

6弦=C
5弦=G
4弦=C
3弦=F
2弦=A
1弦=D

に合わせます。


Helix内で音作りしているので、詳しく紹介していきます。



アンプシミュレーターの設定

アンプシミュレーターの画像


少ない歪み量で、エッジの効いたサウンドが特徴です。

恐らく本家はシングルコイルの音なのですが、筆者は所有していないためアクティブピックアップのギターで弾いています。


まずアンプモデルなのですが

・アンプヘッド
US Deluxe Nrm > Fender Deluxe Reverb (ノーマル・チャンネル)

・キャビネット
1×12 US Deluxe > 1×12 Fender Deluxe Oxford



こちらを使用しております。

プリアンプ設定

プリアンプの画像

Drive > 3.5

・Bass > 4.5

・Mid > 4.5

・Treble > 5.0

・Presence > 3.5


Fender Deluxe Reverbのアンプモデルを使用しています。

ピックアップの性能を考慮して、あえておとなしめのアンプを使用してバランスをとっています。

歪みを抑えて、EQはフラットに近い感じで使用しています。


キャビネット設定

キャビネットの画像


・マイク
409 Dynamic > Sennheiser MD409

マイクの距離
Distance > 2.0


古いタイプのビンテージマイクですが、意外と相性がよかったので使用しました。


各種エフェクター

各種エフェクトの画像


今回使用したエフェクト類を順に紹介します。

・EQ (イコライザー)
・Compressor (コンプレッサー)
・Booster
 (ブースター)
・Distortion (ディストーション)
・Reverb (リバーブ)

・イコライザー

イコライザーの画像


Parametric > Line 6 Original

Mid Freq > 4.0kHz
Mid Q > 1.0
Mid Gain >+1.5 dB


High Freq > 5.0 kHz
High Q > 1.5
High Gain > 2.0 dB


Low Cut
 > 80 Hz


4~5kHzをブーストしています。


単体だといいのですが、音源を重ねたときに結構低音がモコモコしているので、弾いてみた系をやるのなら200Hz周辺をカットしたほうがいいです。



・コンプレッサー

コンプの画像


Deluxe Comp > Line 6 Original

・Threshold > -32.0db

・Ratio > 4:1

・Attack > 25ms

・Release > 200ms

・Knee > +6


うっすらかけています。
歪みを加える場合、無しでも問題ないです。

スレッショルド値はギターの入力信号の大きさによって変わるので、参考程度に。



・ブースター

ブースターの画像


Scream 808 > Ibanez TS 808 Tube Screamer

・Drive > 0.0

・Tone > 5.0


・Level > 6.7


Driveゼロでブースターとして使用しています。

TS 808はミドルが太くなるのでロックな楽曲と相性が良いです。



・ディストーション

ディストーションの画像


Compulsive Drive > Fulltone OCD

・Gain > 1.5

・Tone > 5.0

・Peak Type > Low Peak

・Version > V4


なめらかで乾いた感じの歪みが合うのでFulltone OCDを選びました。



・リバーブ

リバーブの画像


Room Reverb > Line 6 Original

・Decay > 3.5

・Predelay > 16ms

・Low Cut > 200Hz

・High Cut > 8.0kHz

・Mix > 35%



耳では分からないぐらいうっすらかけてます。




以上、「LiSA – 紅蓮華」ギターの音作りでした。


ONE OK ROCK – Re:make ギターの音作り

バッキングギター 5つのミキシングテクニック

人気記事

1

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

2

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-ギター関連
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.