DTM

【無料】ビートボックス、ボーカルチョップなどのサウンドを備えたインストゥルメントプラグインMonsterDAW「Monster Voxana」をリリース

Monster Voxana

【無料】ビートボックス、ボーカルチョップなどのサウンドを備えたインストゥルメントプラグインMonsterDAW「Monster Voxana」をリリース

「Monster Voxana」はビートボックス、コーラス、ボーカルチョップなどの歌声ライブラリを備えたVSTインストゥルメントです。

様々なタイプのボーカルプリセットを収録しており、EDMはもちろん、R&B、ポップ、ロック、ジャズ、クラシックまでの幅広い音楽ジャンルに対応することができます。

これからも新しい拡張サウンドが随時継続的に更新される予定です。


機能一覧

  • シンプルなGUI、3つのノブでプリセットのアタック、リ リース、リバーブを変更できます。もちろん、DAWトラックのボリューム、パン、インサート、センドFXを使用して、好みに合わせてボーカルサウンドを彫刻することができます。
  • プリセットの5つのモード:Beatbox、Vocal Chops、Chord、Notes、Shout Modes
  • 非常に少ないRAM使用量。
  • 70年代のサウンドからモダンなサウンドまで、ユニークなサウンドとプリセット。
  • 毎月定期的に新しい拡張サウンドのプリセットをリリース/更新します。

ビートボックスモードでは、ユーザーはドラムキットのように扱い、ノートはB0からC#​​2(キックからシンバルまで)の範囲になります。

CHOPSモードには、CHOPSMAJORとCHOPSMINORの2つのサブモードがあります。ユーザーはC2からB2でコードルートを演奏し、スライス/チョップは、プリセットに応じてC3からになります。

たとえば、音楽にAマイナーのパッドシンセを使用している場合、Monster Voxanaを演奏するときに、コードルートA2を押して、C3から上に向かって白いキーを演奏すると正しく鳴ります。

コードモードはユーザーがC2からB2のコードルートを押し、メジャーコードの場合はE3ノートを演奏します。マイナーコードの場合は、C#3ノートを演奏します。

ノートモードでは、ユーザーは通常のように演奏します。これは、4オクターブまたは5オクターブに広がる一連のノートです。SHOUTモードはNOTESモードと同じです。



【2022年最新】高品質の無料VSTプラグインおすすめ7選

ボーカル編集に必須の5つのエフェクトプラグイン


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-DTM
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.