音楽トピック

【ラップ用語】海外で使われているスラングワード

ラップ用語

【ラップ用語】海外で使われているスラングワード

洋楽ラップで使われている歌詞の意味を深く理解したい場合は、今回のラップスラングリストが役に立ちます。

今回は海外ヒップホップシーンで良く使われるスラングワードをいくつかご紹介します。

1. Beef(ビーフ)

rap beef

Beefはラッパー同士の対立やライバル視しているような関係性を表す用語です。

1990年代の東海岸と西海岸のラッパーの間の大規模な紛争に始まり、「Jay-Z vs. Nas」「Drake vs. Meek Mill」のような確執のことを指します。

この言葉に関して多くの語源が語られていますが、その一つに「19世紀後半のアメリカ兵が牛肉の配給量の質や量について不平を言っていること」から来ているという説が有名です。

2. Clowning(クラウニング)

ピエロや道化師のようなおかしな行動をすることや誰かをからかうときに使う言葉です。

人に使う時は誰かをいじって楽しんでる感じの意味合いになります。

語源はそのままサーカスのピエロのようにおかしな振る舞いをすることからきています。

3. Cheddar(チェダー)

rap cheddar

Cheddarはチェダーチーズのチェダーで、お金に関することによく使われる言葉です。
「お金を稼ぐ」「お金を使う」といった意味合いが含まれています。

「ゴーダ」「チーズ」も使われるので、歌詞の中でチーズ関係のことを言っていたら、お金関連を連想すると言葉の意味が繋がるかもしれません。

語源はガバメントチーズと呼ばれる政府からの福祉の支払いから来ており、1960年代頃には文字通りプロセスチーズだったそうです。後に政府からのお金を意味するようになり、より一般的にお金を意味するようになりました。

4. Diss(ディス)

ディスは日本でも一般的に通じることが多いです。正しくは「軽蔑」や「侮辱」するといった意味になります。

もしあなたが特定のアーティストとBeef状態にあるのなら、ディストラックで侮辱することもあるかもしれません。

実際にはそこまでマイナスな言葉ではなく、ラッパー同士がディスり合うことはコミュニケーションとして成立しています。

もともとの語源は1980年頃のジャマイカ英語またはアフリカ系アメリカ人の言葉に由来しています。

5. Popo(ポポ)

rap popo

かわいらしい単語ですが「警察」を意味するスラング用語です。

ラッパーは様々な理由で、公的機関と対立することが多く、警察に関するラップスラングは進化し続けています。

語源は南カリフォルニアの1980年代の警察官からきています。

自転車パトロール中の警官は「PO」と書かれたシャツを着ていました。警官は通常ペアで行動することが多かったので、2枚のシャツの綴りは「POPO」となることから、いつしかポポと言われるようになりました。

6. Crunk(クランク)

Crunkはアメリカ南部、特にマイアミやアトランタなどの都市にルーツを持つヒップホップのサブジャンルのことです。

Three 6 Mafia、Lil Jon、Juicy J等のアーティストに広く人気があり、ラップスラングとして使われる「クランク」は、パーティーのようにエネルギッシュで非常に興奮している様子を表しています。

日本でもよく使われる「クランクアップする」という言葉に近く、パーティーをクランクアップするというような使い方もします。

7. Baller(ボウラー)

rap baller

お金持ちで贅沢なライフスタイルを送る人達のことをBallerと言います。

派手な車を運転し、派手な服を着て、派手な食事をして富を誇示しているのならボウラーと呼ばれるかもしれません。

ボウラーの語源はストリート人生を送っていた若者がプロバスケットボール選手になって大金を稼ぐことに由来しています。

現在は贅沢な自由人全般を指す言葉で、成功している状態を「Baller Status」と言ったり、誰かを指して「He’s ballin’」と言ったりします。

8. Jiggy(ジギー)

興奮している状態を表す言葉で、一般的にはクラブやパーティで踊っているときに使われます。

直訳すると「最高」や「楽しい」を意味する単語で、スタイリッシュにカッコ良くきまったような場面でも使われます。

1997年にウィル・スミスの「Getting jiggy with it」で使われたことで有名になった言葉です。

9. Swag(スワッグ)

rap swag

Swagはかっこいいものに対してよく使われる「cool」や「dope」などに似た意味を持っています。

自信を持って堂々としている態度や立ち振る舞いに対して使われることが多いです。

「Swag」は「swagger」の略で、おしゃれなファッションやおしゃれな人によく使われていた言葉が、一般的に使われるようになりました。

場合によっては「威張った態度」や「傲慢な人」のようなあまり良くない意味合いで使用されることもあります。

10. Trill(トリル)

TrueとRealが合わさった言葉で「本物」といった意味合いのある言葉です。

イケてるモノや人に対して偽りじゃなく"ホンモノ"である、という感じでよく使われており、日本語だと「本物」「本当」「マジ」のような言葉に近いです。

ラッパーのBun Bの話では「Trill」の始まりは刑務所で使われていた言葉で、その後テキサス州ポートアーサーにまで及んだといいます。

現在は幅広いラップカルチャーに使われるようになりました。

まとめ

海外で使われているヒップホップスラングを10個ご紹介しました。

  1. Beef
  2. Clowning
  3. Cheddar
  4. Diss
  5. Popo
  6. Crunk
  7. Baller
  8. Jiggy
  9. Swag
  10. Trill

音楽の中でも比較的使いやすいスラングワードです。

もちろんスラングワードの中には日本人の感覚を超えて忌避されているスラングもたくさんあるので、気を付けましょう。

以上、「【ラップ用語】海外で使われているスラングワード」でした。


海外の有名ラッパーおすすめ10組

日本の人気ラッパーおすすめ10選【日本語ラップ】

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Boutiq ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-音楽トピック
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.