Loopcloud Music App from Loopmasters.com

MUSIC TOPIC

TikTokは新しい音楽プラットフォーム「SoundOn」をスタート。音楽クリエイターに100%のロイヤリティ還元

TikTok

TikTokは新しい音楽プラットフォーム「SoundOn」をスタート。音楽クリエイターに100%のロイヤリティ還元

TikTokは音楽配信プラットフォームである「SoundOn」を立ち上げました。アーティストが新しい潜在的なファン層を拡大し、幅広い音楽を聴けるように設計されたオールインワンの音楽マーケティング及び、音楽配信プラットフォームとしてリリース。

無料で配信可能で、音楽界に対する取り組みの一環として、Bytedanceが所有するコンテンツプラットフォーム(TikTok、Resso、ビデオエディタアプリなど)は、音楽クリエイターに100%のロイヤリティを支払います。 ※CapCut、Off-Bytedanceプラットフォームは最初の1年間は100%のロイヤリティを受け取り、その後は90%のロイヤリティとなります。

出典 : SoundOn

権利保持と100%のロイヤリティ還元

ミュージシャンは自分の楽曲のマスター音源等、プラットフォームにアップロードされたトラックからすべての権利と使用料を無期限に保持することができます。

SoundOnに登録したアーティストは、音楽の100%の所有権を維持するだけでなく、視聴者の動きとデータ、専任のSoundOnアーティストチームからの専門家のアドバイス、TikTokのアクセスなど、TikTokが提供する多数のプロモーションツールとサポートを受けることができます。

出典 : SoundOn

SoundOnは「TikTokクリエーターは私たちのプラットフォームの生命線であり、サウンドがヒットする理由です」とSoundOnは主張しており「私たちのプラットフォームからリリースすると、私たちのチームはさまざまなクリエイターをアクティブにして、あなたのトラックで動画を作成します。これにより、ファン層を広げ、これらのクリエイターが参加している新しいコミュニティにリーチできます。」と述べています。

ベータテスト期間の後、現在では米国、英国、ブラジル、インドネシアでリリースされており、サービス全体でDojaCat、OliviaRodrigo、LilNasXなどのスターのブレイクアウトを生み出しています。

クリエイターとプラットフォームの公平化が進む

出典 : SoundOn

TikTokのストリーミングに伴うメリットとデメリット(高い露出と収益性の低さ)がありますが、これまでのミュージシャンはTikTokから十分な収益を得ることは困難でした。

SoundOnの100%還元のようにクリエイターにロイヤリティを十分に還元するといった動きは、SoundCloudやBandCampの理念と似て、ソーシャルネットワーキングの音楽配信とクリエイターの自律性を高めることによって、音楽制作に革命を起こすように設計されています。

つまり、プラットフォームは会社の収益を削り、クリエイターに公平に分配することで、クリエイターはさらに多くの時間を創作にあてることができます。結果的には優れたクリエイターを育てることが、プラットフォームにとっては多くの収益を生み出すことになります。

アーティストの立場としては従来のストリーミングサービスの不均等な収益構造ではなく、双方向が満足できる「クリエイターエコノミー」のこれからの流れに期待しています。


【200億回再生】2021年もTikTokの音楽への影響力が拡大

音楽クリエイターの為のSNS戦略


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.