DTM

指で音の方向をコントロールできる画期的なプラグイン「Space Controller」がリリースセール中

Space Controller

指で音の方向をコントロールできる画期的なプラグイン「Space Controller」がリリースセール中

DAWとスマホを同期することで、パンニングを自在にコントロールすることが可能になる画期的なプラグイン「Space Controller」がリリースされました。

指先で空間の中をポイントすれば、その場所にサウンドをパンすることが可能になるプラグイン。

※現在リリースセールで通常 : $99 → セール:$79にて販売されています。


Space Controller

スペースコントローラーは没入型のサラウンドサウンドを生成するために最適なプラグインです。モバイルデバイスをDAWに接続し、パンコントローラーとして使用することで、指先でポイントしている場所にサウンドを配置することが可能です。

ステレオノブでパンニングする以上の空間表現を可能にし、サラウンドサウンドまたは3Dサウンドを操作する為にモバイルデバイスとそのモーションセンサーを任意のDAWに接続することにより、Sound Particlesの特許出願中のテクノロジーによって、デバイスを向けた場所にサウンドをパンする非常に効率的で直感的な方法を提供してくれます。

  • サイズ
    Space Contorollerを使用することで、ソースサイズを変更し、各サウンドのステレオ幅を制御できます。サイズが大きいほど音量は大きく鳴りますが、小さければ音量も小さくなります。
  • ロック
    キューブモードの座標や球体の角度などの、パンポジションに関連するパラメーターを個別にセーブすることが可能
  • モード
    モノラル、デュアル、ローテーション、シンメトリックの4つの異なるモードを選択して、各ソースを個別に配置したり、音場全体を制御、回転させたり、シンメトリックを使用して5.1ステレオをコントロールできます。
  • 複数のビューモード
    音の配置場所が視覚的に分かりやすいよう、複数のビューモードも備わっています。

セール情報

Space Controllerは現在リリースセールとして 通常 : $99 → セール:$79 の約2,000円ほど割引されて提供されています。

セール期間は2021年9月26日までなので、購入を検討されている方はお早めに。

セールページはこちら



ステレオとモノラルの違い | ミキシングするときはどっちを使う?

ステレオ音像を大きく広げる為のミキシングテクニック。


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-DTM
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.