GUITAR

オープンコードを学ぶ | ギター初心者向けの解説

オープンコード

オープンコードを学ぶ | ギター初心者向けの解説

ギターを始めた方が最初に弾くことになるであろう「オープンコード」または「ローコード」と呼ばれる演奏方法。

数あるコードのカテゴリの中でも一番最初に学ぶことになるコードスタイルで、アコースティックギターの弾き語りスタイルや、エレキギターのコード伴奏等、様々な場面で登場します。

コードとは?

「オープンコード」を学ぶ前に、コードについて理解しておきましょう。

コードとは2つの以上の音を同時に演奏することで、コードの種類や選択した音によって綺麗な響きであったり、不協和音のような奇妙な響きになることもありますが、コードの定義は変わりません。

コードは主に音楽の伴奏として使用されることが多く、和音であるコードの上に単一音符によるメロディー(主にボーカルやピアノ、ギター等)を載せることで、普段耳にする音楽が出来上がります。

ギターで役立つ音楽理論【わかりやすく解説】

コードとメロディ


オープンコードとは?

オープンコード

オープンコードとは、ギターの一番ヘッド側に近いポジションで作られるコードのことで、開放弦を使うことから「オープン」コードと呼ばれています。

ギターでコードを演奏する方法はいくつかあり、フレットボードのさまざまな部分で色んな押さえ方によって演奏されますが、最も一般的なコードの押さえ方としてオープンコードが頻繁に使われています。

代表的なCコードやGコードのような開放弦を絡めたコードシェイプのことをいい、和音の中で少なくとも1つの開放弦を鳴らしていればオープンコードとなります。

6弦1フレットルートのFコードのような、指ですべての弦をセーハしている形はオープンコードには含まれません。

オープンコード F


オープンコードの使い方

オープンコードの使い方

オープンコードは一般的にアコースティックギターによるポップ、ロック、フォークソングで使用されることが多く、現代音楽の多くの主要なジャンルのギターパートはほとんどがオープンコードで構成されるコードパターンをストローク(全弦かき鳴らす)するアコースティックギターまたはエレクトリックギターで構成されています。

ヘッド側の開放弦を絡めたスタイルで演奏することによって、弦の揺れ幅が大きく、倍音の多く含まれたサウンドになることで、多くのジャンルで採用されています。

コードボイシング(音の積み上げ方)的にもベースのすぐ上の音域を広くカバーできることから、アレンジやミキシング面でも有利な音使いになります。

ギターコードを簡単にする為に「カポタスト」を使用することもあるかもしれませんが、これはキーやポジションの変更を行うためのものであって、カポのすぐ隣でフレットを押さえるコードはオープンコードとなります。


オープンコードを押さえれるようになったら

オープンコード

もちろん開放弦を絡めたコードの形には限界があり、オープンコードをさらに発展させるために使用する可能性のあるコードは「バレーコード」です。

これはFコードの形状として有名な押さえ方で、1本の指が1つのフレットに沿って1~6弦のすべての弦を押さえている状態です。(カポタストと同じ役割)

難易度が高く、初心者ギタリストの挫折の原因としてよく取り挙げられますが、バレーコードを使用することでキーの変更や横にスライドさせることでメジャー、マイナーのすべてのコードを網羅することも可能になります。

Fコードは難しくない!ギター初心者でも簡単に押さえるコツ

まずは、オープンコードを完全に把握していることが重要ですが、コードを押さえることに慣れてきたら、コードを発展させる為にバレーコードにチャレンジしてみましょう。

以上、「オープンコードを学ぶ | ギター初心者向けの解説」でした。

ギターを挫折しやすい人の3つの特徴

ギターコードを簡単にする方法を解説【上手く押さえられない方へ】


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.