音楽トピック

【2020年最新】世界中で話題の人気シンガーソングライター 10組

2020年5月18日


【2020年最新】世界中で話題の人気シンガーソングライター 10組


海外で話題沸騰中の期待の新人アーティストを中心にご紹介します。


Lewis Capaldi


新人ながら2019年にUKで最も売れたと言われている「Lewis Capaldi

シングル「Someone You Loved」は全米シングルチャートで1位を獲得、全英では7週連続1位を獲得するというスコットランド人アーティストでは38年ぶりとなる大快挙を達成。


日本では2018年にフジロックフェスティバルに出演しており、21歳とは思えぬエモーショナルな歌声から日本でも話題になっていた。



Kaash Paige


ヒット曲「Love Songs」で知られるアメリカのR&Bシンガー。

Love SongsはTikTokで話題になり、現在でも何千万ものストリームが再生されています。


18歳の若さで、メジャーレーベルとの契約や世界最大のインフルエンサーとのコラボが決まり、その人気は一気に世界中へと知れ渡る。

2019年のデビューEPである「Parked Car Convos」リリースしました。



Jade Bird


ロンドンを拠点とする21歳のシンガーソングライター「Jade Bird」

最初のEPである2017年にSomething Americanで頭角を現し、セルフタイトルとなるデビューアルバム「Jade Bird」を2019年4月にGlassnote Recordsからリリース。


これまでに「Best of British 2019」や「Best New Act in the World」など多くの新人賞を受賞しており、これからの活躍に期待です。



Fiona Apple


Fiona Appleはアメリカ合衆国のシンガーソングライターで1996年にアルバム「Tidal」でデビューしている。

過去にはプラチナ認定を受けたり、グラミー賞の最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞にノミネートされたりと多くの功績を残している。


今回2015年から制作を開始していたアルバム「Fetch the Bolt Cutters」をリリースすると批評家から絶賛され、辛口批評で知られるピッチ・フォークメディアが「不屈の名作で、これまでにこれほどの音楽はなかった」と評し、10年ぶりとなる10点満点を付けた。



Jamie xx


ミュージシャン、DJ、レコードプロデューサー、ミキサーであり、Jamie xxはソロ作品とポップバンドThe xxのメンバーとしても活動しています。

彼はソロアーティストとして、2015年のマーキュリー賞と、デビューアルバム「In Color」が2016年のグラミー賞のベストダンス/エレクトロニックアルバムのノミネートしています。


業界からも「時代の最先端を行くサウンド」と言われ注目を集めているので要チェックです。



Bad Bunny


プエルトリコ出身の若きラッパー「Bad Bunny」2016年に「Diles」でデビュー。

Justin BieberやBeyonceらが多くのアーティストがラテン系アーティストとコラボし、注目される中で「ラテン・トラップミュージック」の牽引者として知名度を上げていく。

2018年には英語圏の有名アーティストとのコラボレーションを実現し、その中でも特にCardi BとJ Balvinとコラボした「I Like It」がBillboardランキングにて首位と獲得し、人気に火が付く。



Christine and the Queens


フランス出身のソングライター、プロデューサーである「Christine and the Queens」
2014年に本国フランスのBecause Musicからデビューアルバム『Chaleur Humaine』をリリース。

フランスの音楽賞、ヴィクトワールの2部門を受賞したこのデビュー作はUKチャートでもTOP10入りを果たすことになる。


独特なポップセンスと80年代エレクトロやハウスをクロスオーバーさせたサウンドが特徴で、業界やトップアーティスト達からの評価も高い。

2016年にはBBCが選ぶ100人の女性の1人「BBC's 100Women」に選出されている。



Grimes


カナダのバンクーバー出身のソロアーティストであり芸術家としても活動。

3枚目のアルバム「Visions」をリリースし、この作品が批評家から絶賛を受け、グライムスは世界的に知られるようになる。

ライブパフォーマンスにも定評があり、ツアーは世界中でソールドアウトが続出。
そのライブの多くが各メディアのレビューで5つ星の評価を獲得している。


常に世界中を騒がせてきた新世代のポップアイコン、グライムスが5年ぶりに待望の最新アルバム『Miss Anthropocene』をリリースしている。



Hayley Williams


人気ロックバンド「Paramore」のボーカリストとして活動しているHayley Williamsによるソロプロジェクト。

世界的人気DJ、ZEDDとのフィーチャー楽曲「Stay The Night」が国内でも大ヒットしており、クラブで必ず流れるほどの人気楽曲に。


2020年5月8日に初のソロ・アルバム『Petals For Armor』のリリース。
自粛に合わせて家でも気軽に運動をできるよう、アルバムの収録曲「Over Yet」に合わせた、簡単なワークアウト動画を自身のYouTubeチャンネルにて公開した!



Jay Electronica


アメリカ人ラッパー、レコードプロデューサー、ソングライターであり、43歳でデビューした「永遠の新人」


2007年にミックステープをリリースし、2010年にはJay-Zのレコードレーベル「Roc Nation」と契約し、広く注目されるも長らく楽曲がリリースされない状態が続く。

2020年3月13日に発売となったJay Electronicaのデビュー・アルバム「A Written Testimony」は発売されるや否や、ヒップホップ界だけではなく音楽業界全体で大きな話題となった。



以上、【2020年最新】洋楽人気シンガーソングライター 10組でした。


邦楽の人気シンガーソングライター おすすめ 10選 【2020年最新】

DTMを始める方へ【作曲に必要な7つの機材をご紹介】

人気記事

1

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

2

はじめてのギターエフェクター【最初に買うべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材ではあ ...

3

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

4

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ...

5

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

-音楽トピック
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.