DTM

【2024年2月】最新の高品質ミックス用プラグイン、エフェクト、インストゥルメント5選

【2024年2月】最新の高品質ミックス用プラグイン、エフェクト、インストゥルメント5選

DTMのようなデジタル環境の音楽制作において、プラグインはDAWの機能を拡張するソフトウェアとして機能します。ミックス用のプラグインには、MIDI打ち込みで使えるバーチャル楽器や音響効果を付与するエフェクト等が含まれており、DAW付属のプラグインだけで満足できない場合に追加で導入することが一般的です。

今回は、2024年2月までの比較的直近でリリースされた最新プラグインソフトウェアをいくつかご紹介します。サウンド品質はもちろん、革新的な機能を搭載した製品も多くあるので、是非チェックしてみてください。

Pigments 5


Pigment 5は、2024年1月末にリリースされたばかりの最新シンセサイザーです。強力な万能ソフトシンセで4つの形式のサウンド合成、1500以上のサウンド、ワンクリックでのモジュレーションとシーケンス、そして表現力豊かなマクロとFXを搭載。

クリエイティブなサウンドメイキングに役立つグラフィックユーザーインターフェイスを搭載しており、サウンドを視覚化することで、直感的なワークフローを実現します。

プレイビューで波形を調整したり、色分けされたモジュレーションを調整したり、初心者でも音の効果が分かりやすい設計になっています。

Pigments 5

Bloom Vocal Aether


Bloom Vocal Aetherは、ボーカル ループ、ワンショット、フレーズを組み合わせて、ボーカルチョップのようなサウンドを簡単に鳴らすことができるプラグインです。

フレーズをトリガー、変換、再配置してくれるので、ボーカルサンプルを検索して切り刻んで配置する必要が無くなり、一連のボーカル専用プロセッサーを使ってすべてを簡単に変換することが可能になります。

プロジェクトのキーやタイミングに合わせたり、250個のプリセットを活用することで、ボイステクスチャーを作成するための簡単なコントロールとマクロ処理を提供しています。

Bloom Vocal Aether

M-Puncher


M-Puncherは、アタックとサスティンを個別に処理することで、レベルに依存することなく、トラックにパンチとローエンドの重厚感を加えることができるエフェクトプラグインです。

ダイナミックリミッティングを使用すると、トラックの必要な要素だけにパンチ感を加えることができ、レベル、倍音の豊かさ等、好みに合わせて強調することができます。

また、ミックスを強化するためのミッドサイド処理、自動ゲイン補正といった便利な機能も搭載されています。シンプルな操作でトラックを強化したい方におすすめのプラグインです。

M-Puncher

Glass Orchestra


Jean-Claude Chapuis(ジャン・クロード・シャプイ)の一生を通じたガラス楽器への情熱は、パリの名門フィルハーモニーのグラスオーケストラの演奏によってサンプリングされ、プラグインとしてリリースされました。

14の楽器で構成されたGlass Orchestraは、それぞれが深く多様なサウンドを鳴らすことができ、グラス特有の唯一無二なサウンドが収録されています。熟練のサンプリング職人によって収録され、伝統的な響きから実験的な演奏スタイルまで幅広いサウンドが収音されています。

透明感のあるデリケートな揺らぎから轟音まで、想像を超えた様々なグラスサウンドが創造性を刺激します。

Glass Orchestra

AmpliTube Tonex 1.5


AIマシンモデリングソフトのTonexは、ギターやベースのアンプ、エフェクト、キャビネットのシミュレーターを使って演奏したり、自身でモデリングし、他ユーザーと共有することも可能なプラグインです。

バージョン1.5では、Tone Model、プリセット、TONEXコレクションが簡単に管理できるようになり、インターフェースが新しくなりました。また、ナビゲーションシステムの改善、ユーザーフォルダの作成機能、フィルターオプションの強化など、多くの点が改良されています。

Fender、Mesa/Boogie、Orange、Slash、Brian May、Joe Satrianiなど、ギター界隈でのトップブランド&アーティスト公認ギアが多く含まれています。

AmpliTube Tonex 1.5

まとめ

2024年2月時点での、最新の高品質ミックス用プラグイン、エフェクト、インストゥルメントを5つご紹介しました。

  • Pigments 5
  • Bloom Vocal Aether
  • M-Puncher
  • Glass Orchestra
  • AmpliTube Tonex 1.5

ミックスの手助けとなる便利な機能を搭載している製品が増えてきた印象です。最近ではAIを搭載したプラグインも多くリリースされているので、気になる方はチェックしてみてください。

以上、「【2024年2月】最新の高品質ミックス用プラグイン、エフェクト、インストゥルメント5選」でした。


【プロ仕様のサウンド品質!】人気の高い最新ソフトシンセサイザー13選

人気VSTプラグインソフトおすすめ12選【DTM】

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ12選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bo ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-DTM
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2024 All Rights Reserved.