GUITAR

究極のプログラム式アナログアンプBluGuitar「AMP X」がついに完成!

究極のプログラム式アナログアンプBluGuitar「AMP X」がついに完成!

BluGuitarsは、待望のアナログベースのプログラム式アンプ&エフェクトユニットの「AMP X」が今年のNAMM 2022で、ついに発売する準備ができたとの発表がありました。

AMP Xは「Neural Analog」と名付けられた技術で、アナログ方式のままプログラム可能なペダル式プロセッサーとなっており、様々なチューブアンプのサウンドをアナログ回路のまま再現することが可能な世界初のアンプとして注目を集めていました。

AMP Xは開発者であるThomas Blugの究極のビジョンとして語られており、

「完全なアナログ品質を使用し、実際のチューブのトーンと感触を提供することで、アンプの設計全体を再現できる初めてのアンプ」「このアンプは、ある意味で私にとっての旅の終わりを示しています。これは、私が過去30年間に向けて構築してきたデザインです」 

BluGuitar CEO ThomasBlug


AMP Xは5年間以上の歳月をかけて開発されており、2年前の2020NAMMで最初に発表された時には開発中として報告されていましたが、今年のNAMM 2022で完成との発表がありました。

全体的なコンセプトは、ギタープレイヤーのシステム全体を1つのAMPX6.5lbsユニットに収めることができるというものです。

オンボードアナログエフェクト(コンプレッサー、ブースト、オーバードライブ、ファズ、トレモロを含む)およびデジタルエフェクトバンク(プリ/ポスト、ステレオまたはモノラルコーラス、フェイザー、フランジャー、ユニバイブ、ディレイ、リバーブを提供)と組み合わせた16コアプロセッサーによって制御されます。 

AMP1 Iridium Editionで利用できるすべてのトーンが含まれており、BlugPrintsサウンドライブラリのアンプ、エフェクト、キャビネットプリセットが搭載されています。

Ampx

AMP Xを使用することで任意のチューブアンプを再現するようにプログラム可能になり、ヘッドアンプ、エフェクター、キャビネットを持ち歩いているのと同じように、アナログ機材の様々な組み合わせを試すことができ、足元の操作だけで切り替えが可能になります。

コントロールに関しては、他のマルチエフェクターやシミュレーターのようなシンプルなつまみ構成ですが、上部のフラップを持ち上げて「Xコントロール」を開くことで、各プリセットを細かく調節するためのパラメーターも搭載されています。

発売日や価格についてはまだ未発表です。
続報や、さらに詳しい情報は公式サイトをご覧ください。
https://amp-x.bluguitar.com/


Universal Audioのビンテージギターアンプエミュレーター「UAFX」ペダルシリーズに3機種追加

【2021年版】最高のアンプシミュレーターソフトおすすめ5選

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.