Loopcloud Music App from Loopmasters.com

GUITAR

【BOSS MT-2】メタルゾーンだけで曲作ってみた : Helix音作り解説

2022年4月19日

BOSS MT-2 メタルゾーン

【BOSS MT-2】メタルゾーンだけで曲作ってみた : Helix音作り解説

今回はRoland JC-120とBOSS MT-2のみで曲作ってみるという企画です。

シミュレーターはLine 6のHelixを使用しています。


Roland JC-120のセッティング

  • Drive : 2.0
  • Bass : 5.0
  • Mid : 5.0
  • Treble : 5.0

メタルゾーンの効果だけを強調する為に、すべてのつまみをオールフラット(12時方向)の状態で、ドライブは音量が下がらず、歪まない程度に調節してあります。

マイクは定番のShure SM57を使用しています。

メタルゾーンのセッティング(バッキング)

  • Drive : 16%
  • Bass : 48%
  • Mid : 45%
  • Treble : 39%

メタルゾーンはつまみの効きが凄いというのが特徴なので、ほかの製品よりも慎重にEQセッティングする必要があります。

まずはデフォルトが歪みMAXなので、ドライブを16%まで下げます。高音の暴れてる感じが落ち着いて、音の輪郭が分かるポイントまで下げていきます。

低音、中音は他の楽器とのバランスをみて調節して、特に高音は耳に突き刺さるような不快な音が出やすいので、歪みと合わせてコントロールしました。

ダブリング

サウンドメイクが終わったらバッキングトラックは左100、右100に振ってダブリング効果を出しています。

エレキギターの7つのミキシングテクニック

メタルゾーンのセッティング(リード)

  • Drive : 49%
  • Bass : 69%
  • Mid : 64%
  • Treble : 39%

バッキング設定のままでリードを弾くとぺらぺらした音になるので、まずは音圧&サスティーンを稼ぐ目的でドライブを49%まで上げていきます。

今回はハイフレットの高音弦ポジションのリードフレーズなので、低音補強して音を分厚くして、ボーカルもいないので中音も遠慮なく上げていきます。

高音は少し上げただけでキンキンした感じになったので、そのままにしています。




メタルギターの音作りのコツ

【2022年最新】ギター用ディストーションエフェクターおすすめ7選

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.