MUSIC TOPIC

歌声を演奏できる新感覚電子キーボードCASIO「CT-S1000V」を発表

CT-S1000V
出典 : CASIO

歌声を演奏できる新感覚電子キーボードCASIO「CT-S1000V」を発表

CASIOが人気キーボード「Casiotone」の新製品として「CT-S1000V」を発表しました。

今回発表されたCT-S1000Vは、鍵盤で歌声を演奏できるが特徴の電子キーボード。新たな鍵盤演奏表現や楽曲制作を楽しみたいミュージシャンや音楽クリエイターに向けた電子キーボードとして、CASIO独自に開発した音源技術「Vocal Synthesis」により、歌詞の情報とボーカル音色を組み合わせて様々な歌声を演奏することができます。

これまでにもボーカルシンセの技術は多く存在しましたが、CASIOは「誰もが気軽に演奏できるボーカルシンセ」として開発。膨大な歌声ライブラリを読み込むことで、色々なパターンの歌声を作り出せます。

スマートフォンやタブレットから入力した歌詞データと楽器に内蔵している多彩なボーカルとの組み合わせで、鍵盤を弾けばそれに合わせて歌が生み出されます。

鍵盤を押している間、自動的に歌詞が進む 「フレーズモード」 と、鍵盤を押すごとに歌詞の音節が進む「ノートモード」で決まったメロディを弾くだけでなく、自由に楽器に触れながらインスピレーションを膨らませることができます。

CT-S1000Vにあらかじめ内蔵されている100種類に加えて、専用アプリを使ってオリジナルを作成することも可能です。

ボーカルはさまざまなキャラクターの22種類をプリセット。各ボーカリストは年齢や性別、ビブラートのかけ方などを、操作パネルのノブで演奏をしながら変化させることができます。

さらに、アタックタイム、モジュレーションなどのパラメーター調整や多彩なエフェクト、アルペジエーター、鍵盤を押したままで自動的に鍵盤連打の効果が得られるリトリガー機能などを駆使し、自分だけの歌声演奏を楽しむことができます。

もちろんシンセサイザーとしての機能「コンプレッサー」「フェイザー」「ディストーション」「ワウ」「リバーブ」「ディレイ」などの多彩なエフェクトを思い通りにかけられることはもちろん、カシオ独自の100種類4系統のDSPエフェクトを内蔵。

製品情報

国内での発売は2022年3月上旬を予定。価格はオープンプライスで、市場推定価格はCT-S1000Vが55,000円前後と予想されています。

より詳しい情報はこちらをご覧ください。
https://music.casio.com/ja/products/casiotone/cts1000v/


【2020年最新】最新のMIDIキーボードおすすめ5選【DTM】

【2022年最新】DTM初心者向けのシンセサイザーおすすめ5選


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.