DTM MUSIC TOPIC

Cubase 12が2022年春に登場。新しいライセンスシステムを導入

Cubase 12
出典 : Steinberg

Cubase 12が2022年春に登場。新しいライセンスシステムを導入

Cubese 12が2022年春に登場することが発表されていますが、大きな変更点としてSteinbergIDを使ったサインインを採用し、複数のコンピューターで簡単に使用できるようになります。

これにより自宅スタジオコンピューターと外出先のラップトップの両⽅でアクティベートが可能になり、場所を選ばずに音楽制作に打ち込めるようになりました。

steinbergID


これまでのSteinberg製品はUSBキーとソフトウェアキーを組み合わせた「eLicenser」システムを採用しており、Soft-eLicenserがインストールされているコンピューターまたはUSB-eLicenserが接続されているコンピューターでのみCubaseを実行することができる形でした。

新規のユーザーであってもCubase Proデモ版を試す前にUSB-eLicenserを購入する必要がありました。

cubase
Cubase 11

新しいSteinbergLicensingシステムを使用すると、複数のコンピューターでユーザーライセンスをアクティブ化できるようになり、USBドングルを使用せずにオンラインで簡単にCubaseへアクセスが可能となりました。

もちろんCubase 12でアップデートされるのはライセンスシステムだけではなく、新機能やワークフローの改善もアナウンスされています。

Steinberg Licensingは、来年初めに発売される「Dorico4」からスタートします。Cubase12のリリース日やアップデートの詳細はまだ発表されていません。

詳細については、Steinberg公式Webサイトをご覧ください。


DAW(作曲ソフト)を使って作曲することの5つのメリット

人気DAW(作曲ソフト)おすすめ 5選【DTM】


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-DTM, MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.