GUITAR

難しいFコードを回避!Fコードの押さえ方10パターン

2022年1月1日

Fコード

難しいFコードを回避!Fコードの押さえ方10パターン

Fコードは人差し指で1~6弦のすべてを押さえる「バレーコード」と呼ばれるコードフォームである為「ギター初心者キラー」として悪名高いコードです。

人気の高いCメジャーキーにおいて頻繁に出現し、ギターを始めた方が最初に挑戦するバレーコードとしても有名です。

今回はFコードの機能はそのままに、バレーコードを回避する形でのFコードをいくつかご紹介します。

ボイシングを変更する

ボイシングとはコードの和音の「積み上げ方」のことです。

Fコードであれば通常は「F・A・C」の3つの音を使用しますが、これらの順番を入れ替えたり、重複した音を省略しても、Fコードとして機能します。

こういった性質を利用して、バレーコードを回避した様々なコードの形で演奏することができるようになります。

Fのコードフォーム1

Fコード

一般的なFコードです。1フレット目をすべて人差し指で押さえる必要があるので難易度は高めですが、このコードフォームを覚えることで横にずらすだけで実質的にすべてのメジャーコードを鳴らすことができるので重要度は高いです。

効果的な練習方法は、まずは5フレット辺りで練習し(1フレットはナットのすぐ隣なので、強く押さえる必要があります。)各音が綺麗に鳴るようになってから、1フレットずつギターフレットを下っていく方法がおすすめです。

Fのコードフォーム2

Fコード

「サムオーバー」バージョンのFコードです。手首を返して親指で1弦1フレットを押えるスタンスになるので、バレーコードを回避できます。

欠点としては2弦3フレットの5度のC音とトップノートのFが省略される為、コードパワーと煌びやかさが減ります。

Fのコードフォーム3

Fコード

コードボイシングを変えたオンコードの形のFです。1弦と6弦をミュートする必要があります。

バンドアンサンブルでベースがFを弾いてくれている場合や、CメジャーとFメジャーの進行の中でより効果的に機能します。

Fのコードフォーム4

Fコード

押さえるのはそれほど難しくありませんが、3弦より下の低音弦のみを鳴らす為、少し濁りやすいコードフォームです。

パワーコードに近いサウンドが特徴的で、太くて分厚いサウンドになるので、ロック系のジャンルとの相性が良いです。

Fのコードフォーム5

Fコード5

人差し指で1弦と2弦の2つの弦を同時に押さえて、薬指の先や親指を使って5、6弦をミュートする形のコードフォームです。

低音弦側を鳴らさないので、カッティングギターやリードパートのコードアレンジとして使用することで、歯切れの良いサウンドになります。

Fのコードフォーム6

Fコード6

4弦7フレットのA音をベースノートとして配置したFコードです。

F音が下から3番目に配置される形の為、5番目のルート音をベースノートとしたフォームよりも違ったトーンになります。

Fのコードフォーム7

Fコード

ベース音にC音を配置した形の反転コードです。2、3、4弦は薬指一本で押さえる形にすると簡単に押さえることができます。

アルペジオ、カッティングの演奏スタイルでより効果を発揮するフォームで、音域が高めなので他の伴奏楽器との音被りが少なく、抜けの良いサウンドが得られます。

Fのコードフォーム8

Fコード

コードボイシング的には5番目のフォームと同じ音ですが、フレットの真ん中辺りを使用しているのでトーンが変化します。

少し特殊なコードフォームですが、ジャズ系の音楽と相性が良い形です。

Fのコードフォーム9

Fコード

ハイフレットを使用したオンコードの形です。13フレットのトップノートにFがあり、この音を1フレット下げてEにするとFM7になります。

もう1フレット下げるとF7になり、10フレットで指一本でバレーする形にするとF6になる自由度の高いコードフォームです。

Fのコードフォーム10

Fコード

通常の5弦ルートメジャーコードのトップノートを省略したコードフォームで、薬指で2、3、4弦をセーハすることで比較的簡単に押さえることができます。

この形もよこにズラすことですべてのメジャーコードを押さえることができるので便利です。

カポタストを使用するという方法も

Fを回避する1つの方法として「カポタスト」と呼ばれるツールを使用するやり方があります。

例えば1フレットに装着してEメジャーの形で弾けたり、3フレット目に装着することでDメジャーの形、5フレット目に装着してCメジャーの形で演奏することができるようになります。

楽曲のキーを調整する時にも使用でき、有名コード掲載サイト「U-FRET」ではカポを使った簡単コード弾きも紹介されているので、さらに簡単に弾きたいときに便利です。


以上、「難しいFコードを回避!Fコードの10個のバリエーションをご紹介」でした。



Fコードは難しくない!ギター初心者でも簡単に押さえるコツ

ギターコードの押さえ方と綺麗に鳴らすコツ


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.