DTM

【ボカロPへの第一歩】無料なのにハイクオリティな曲が作れる!フリー作曲ソフト10選

【ボカロPへの第一歩】無料なのにハイクオリティな曲が作れる!フリー作曲ソフト10選

「ボカロPになりたいけど、最初はなるべくお金をかけずに始めたい…」

自分の好きなボカロPのようなハイクオリティな楽曲を作るには、高い作曲ソフトが必要…そんな風に思っていませんか?実は無料の作曲ソフトでも、十分に高品質な楽曲が作れるんです!

作曲ソフト市場には、無料でも作曲に必要なすべての機能を備えたフリー作曲ソフトがたくさんリリースされていて、DTM初心者でも直感的に操作できるものから、プロも愛用する本格的なものまで、その種類は様々です。

そこで今回は、そんな夢を叶えるための第一歩として、無料なのにハイクオリティな曲が作れる作曲ソフトを厳選して10個ご紹介します。

VOCALOIDを使うための無料作曲ソフトの選び方

通常、ボカロの歌声を作るためには「VOCALOIDエディター」と呼ばれるソフトウェアを使って、歌詞とメロディーを入力していくのですが、このVOCALOIDエディターは「外部プラグイン」の位置付けになります。

多くのDAWは、外部プラグインを読み込む為の拡張機能に対応しています。しかし、一部の無料DAWでは外部のプラグインを読み込めないものもあるので、注意が必要です。

※VSTやAUに対応しているのはVOCALOID 6からです。VOCALOID 5以前でも、エディターを単独で立ち上げることもできるので、歌詞とメロディーをVOCALOIDエディターで作って、出来上がったデータをDAWに読み込ませる。。。といったことも可能ですが、DAWとは別々に作業する必要があります。

外部プラグインに対応した無料DAWを利用して、VOCALOIDエディターもVSTプラグインとしてDAWに組み込むことで、DAW上で作曲と平行してVOCALOIDの歌声を作成・編集できるようになるので、非常に便利です。

自分の作曲スタイルに合わせよう

DAWをダウンロードする前に、自分の音楽制作スタイルに合わせて選択することで、より効率的に制作を進めることができます。

一言にボカロPと言っても、シンガーソングライターのような歌と伴奏楽器のシンプルなスタイルや、EDMのような多くのトラックを使用した打ち込みスタイル等、様々な作曲方法があります。これから作曲を始めようと考えている方で、自分の制作ワークフローや音楽の作成スタイルがよくわからない場合は、次の項目を確認してみてください。

  • 作りたい音楽ジャンル
  • マイクを使った収録や楽器レコーディングが多いか
  • デジタル楽器(シンセサイザー等)や音源サンプルを使って、打ち込みを行うか
  • オーディオファイルやMIDIトラックをコントロールするか
  • DAWの内部ソフトを使うか、外部ソフトを追加で購入するか

この辺りを考慮しながらDAWを選択することで、より自分の制作スタイルに合った機能を備えたソフトウェアが入手できるので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、ボカロにおすすめの無料作曲ソフトをご紹介していきます。

Cubase LE

  • 国内シェアNo.1DAW
  • 幅広い音源ライブラリ
  • Vocaloidとの相性が良い

Cubase LEは国内シェアNo.1作曲ソフトのSteinberg「Cubase」のライトバージョンにあたる製品です。VOCALOID 5までは、Vocaloid Editor for Cubaseという形で、唯一DAW内でボカロ編集ができるソフトウェアとして、多くのボカロPに利用されていました。

このLE版は、いくかの制限はありますが、最大16オーディオトラック、24MIDIトラック、8インストゥルメントトラックを搭載。最大8オーディオチャンネルの同時録音にも対応し、マルチマイクでのバンド録音も行えます。

マルチ音源のHALion Sonic SE、ドラム音源のGroove Agent SEといった、楽器サンプル、シンセサイザーまでの優れたVSTプラグインとサウンドライブラリが付属しています。

Cubase LE

Waveform 12 Free

  • 新しい無料DAW
  • 制限無しで利用可能
  • 初心者の為のチュートリアルパネル

Tracktion Corporationは2022年8月末に、Windows、Mac、Linux用DAWのアップデートバージョンであるWaveform Free 12をリリースしました。

Waveform Freeはこの最新のアップデートにより、Bandlab「Cakewalk」と並んで、現時点で最高の無料DAWの1つとして、海外では高い評価を得ています。

一般的なデモ版のような制限はなく、トラックをゼロから制作したり、ミックス&マスタリングをするために必要なすべての機能を提供してくれます。

Waveform 12 Free

Cakewalk by BandLab

  • 約6万円のソフトが無料化
  • エフェクト、トラック無制限
  • 有名アーティストも使用

Windows無料DAWで1番人気ではないでしょうか。当時Sonar Platinum(¥59,800)という有料のソフトがいきなり無料になり、世間をざわつかせました。Sonarといえば米津玄師さんも使用していたことで有名です。

特徴としてはMIDI機能がわかりやすく、ピアノロールを使った打ち込みが非常にやりやすいので楽器が使えない方も安心です。無料なのに外部VSTプラグインの追加もできるので非常に便利です。

無料版でよくあるエフェクトやトラック数の制限もなく、自由に使えるというのは素晴らしいの一言です。

Cakewalk by BandLab

REAPER

  • 外部音源の追加機能
  • 自由度の高さ
  • 慣れるまで少し操作が難しい

筆者自身も初めて使ったDAWがこちらのREAPERでした。無料版で使えるのは古めのバージョンとなってはいるのですが、日本よりも海外のDTMマニア達に非常に人気が高い印象です。

こちらのDAWは動作が非常に軽くなっていて、PCの性能が低くても問題なく動作するので、スペックに自身のない方におすすめのDAWです。

しかしマニアが好むというだけあって、正直インターフェイスも地味でプリセット等もなく初心者の方には少し敷居が高い気もしますが、そこをクリアすれば一通りはこなせる優秀なDAWではあります。

REAPER

Studio One 4 Prime

  • トラック数無制限
  • 豊富な音源、楽器、エフェクト類
  • プロのデモ音源が見れる

Windows,Mac両方に対応したDAWです。世界のプロアーティストも多く使用しており、MIDI、オーディオレコーディングからミックスまで基本的な作曲に必要とされる機能は整っています。

こちらもトラック数が無制限となっており、トラック数を気にすることなく自由に制作できるのが強みです。プロが制作したデモトラックが無償で提供されていて、プロのミックステクニックを勉強できるので初心者には非常に嬉しいサービスです。

【DTM】初心者の為の音楽制作に関する7つのヒント

Presenceという音源が付属しており、多くの楽器や基本的なエフェクト類は一通り収録されていますが、やはり有料版と比べると少し劣るので、慣れてきたら有料版の購入を検討してみましょう。

Studio One 4 Prime

FL Studio Trial

  • 海外で人気のDAW
  • Hiphop、EDM系に強い
  • ほぼすべての機能を試せる

海外のビートメイカー達に大人気のDAW「FL Studio」のフリーデモバージョンです。

デモバージョンではありますが、有料版と同じ機能を体験することが可能で、制限されているのは保存したファイルを開けないということです。

プロデューサーの中には、保存せずに一気に作り上げて書き出しまで行うという猛者もいるようなので、環境によっては最強のフリーDAWとも言えます。

FL Studio Trial

Ardour

  • オープンソースDAW
  • 主要なプラグイン形式をサポート
  • 多機能

オーディオレコーディングとミキシングのための本格的なオープンソースDAWです。Windows、macOSではソフトウェアを自分で構築することが出来れば、無料でフル機能DAWとして機能します。

すべての主要なプラグイン形式をサポートし、幅広いオーディオ編集機能とミキシングツールを備えた機能満載のDAWです。

無制限のトラックとバス。任意のビット深度、サンプルレートで数十種類のファイル形式に対応。業界最高の MIDIタイムコードとLTCへの同期。MIDIマシンコントロールも可能です。

Ardour

LMMS

  • 高機能
  • オープンソース
  • ループ音楽が得意

LMMS (旧名: Linux Multi Media Studio) は非常に高機能なオープンソースソフトウェアのDAWです。2020年6月にアップデートが施され、2004年のリリース以降、修正や新機能が追加され続けています。

海外の人気DAW「FL Studio」と非常に似た作りとなっており、ソフトウェア・シンセサイザーを含め基本的な機能を持ったサンプラーが付属しているほか、外部VST、VSTiプラグインを利用した音楽制作をすることができます。

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】

同じフレーズを繰り返し使用する、ハウスやテクノのようなミニマルミュージックの制作に最適です。

LMMS

Ohm Studio

  • コラボレーション機能
  • 高性能
  • プラグイン対応

Tracktionに続いてもう一つの無料ダウンロードできるフル機能搭載DAWです。

人気のプラグインメーカーOhmforceからリリースされているDAWプロジェクトで、有料DAWに備わっている基本的な音楽制作に必要な機能をすべて提供してくれます。

大きな特徴として、コラボレーション機能が充実しており、他のクリエイターとあなたの音楽を共有するための便利な機能が多く備わっています。

Ohm Studio

Podium Free

  • 高品質オーディオエンジン
  • トラック無制限
  • 外部プラグイン使用可能

Zynewave Podium Freeは、Windows用のデジタルオーディオワークステーション(DAW)の無料版です。高品質なオーディオエンジンを搭載しており、多数の音源、エフェクト、MIDIツールなどを備えています。

Podium Freeには、オーディオトラックとMIDIトラックを無制限に作成することができます。また、Podium FreeはVSTプラグインに完全に対応しているため、サードパーティのプラグインをインストールして使用することも可能です。

EDM系プロデューサーの方におすすめの無料DAWです。

Podium Free

まとめ

ボカロにおすすめなフリー作曲ソフトをいくつかご紹介しました。

  • Cubase LE
  • Waveform 12 Free
  • Cakewalk by BandLab
  • REAPER
  • Studio One 4 Prime
  • FL Studio Trial
  • Ardour
  • LMMS
  • Ohm Studio
  • Podium Free

どのソフトも基本的な作曲に必要な機能は備わっています。作曲を進めていくうちに、もし機能面に満足いかないと感じる場合は、無料のVSTプラグインを追加してみましょう。

今回紹介した製品は基本的にはすべて無料なので、色々ダウンロードして実際に触ってみて、ある程度慣れたら有料版に移行するという流れもアリかと思います。

以上、「【ボカロPへの第一歩】無料なのにハイクオリティな曲が作れる!フリー作曲ソフト10選」でした。


ボカロ曲を作り始めるときに必要な機材と簡単な作曲手順

ボカロを使って作曲をはじめよう!【ボカロPへの道】

※当サイトのコンテンツにはアフィリエイトリンクを使用している場合があります。

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ12選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bo ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-DTM
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2024 All Rights Reserved.