DTM

【2023年上半期】無料で使えるフリープラグインおすすめ10選

フリープラグイン

【2023年上半期】無料で使えるフリープラグインおすすめ10選

テクノロジーの発展と共に、無料プラグインの品質も年々向上しており、今や音楽制作において、作曲に役立つ機能やパフォーマンスを向上させるための重要なツールとなっています。

2023年も半分が過ぎましたが、様々なフリーVSTプラグインが登場しました。その中でもエンジニアや音楽制作者の方々の間で話題性の高かった、最近リリースの注目フリープラグインをご紹介します。

無料製品といえど、有料の製品と肩を並べるほどの性能を発揮するプラグインも多くあるので、気になった製品はダウンロードして、音楽制作に導入してみてはいかがでしょうか。

1. Brady Boettcher gRainbow

gRainbowは、ピッチ検出を利用してグラニュラーシンセシスやサンプリングの候補を選ぶオープンソースのクロスプラットフォームシンセサイザーです。

従来のグラニュラーシンセサイザーにはいくつかの欠点があります。例えば、入力クリップのピッチバリエーションが非調和的なトーンを生み出す可能性があり、短いシングルピッチのクリップを使用することで、シンセサイザーの音色が制限されてしまいます。

gRainbowでは、これらの問題を解決するために開発されました。長めのピッチバリエーションを持つオーディオクリップを入力すると、gRainbowはピッチ検出を使用してMIDI入力に合わせたハーモニクスを自動的に生成します。これにより、ターゲットピッチに近いハーモニクスが生成されるため、不要なタイムストレッチを回避することができます。

Brady Boettcher gRainbow

2. nakst Regency

nakst Regency

Regencyは、従来の位相ディストーションシンセサイザーに基づいた新しい合成方法を持つシンセサイザーです。

このシンセサイザーには、2つのジェネレーターレイヤーがあり、それぞれに編集可能な3つのマルチセグメントカーブが存在します。これらのカーブは、ジェネレーターの位相を調整可能な量で、直列に歪ませるために適用されます。

さらに、Regencyには多彩な変調ユニットが搭載されています。4つのエンベロープと3つのマルチセグメントLFOに加えて、2つのマスモジュレーターがあり、他のモジュレーションソースをシェイプしたりワープしたりすることができます。

nakst Regency

3. Sampleson OverHeat

Sampleson OverHeat

OverHeatは、使いやすい直感的なインターフェイスが特徴のサチュレーションプラグインです。

入出力ゲイン、飽和レベル、トーン シェーピング コントロールなどのカスタマイズ可能なパラメーターが幅広く備えられており、個々のトラックに微妙な色付けを追加したり、ミックス全体にフルボディのアナログの暖かさを追加したりできます。

OverHeatは、幅広い音楽ジャンルに適しており、ボーカル、ドラム、ギター、ベース、シンセなどに使用できます。録音にビンテージの雰囲気を加えたい場合でも、よりまとまりのある洗練されたサウンドを実現したい場合でも、サチュレーションプラグインは、音楽プロデューサーやエンジニアにとって必須のツールです。

Sampleson OverHeat

4. King of FM

King of FM

KING OF FMは、80年代のシンセサイザーであるDX7、DX7II、TX81z、SY77から忠実に録音されたクラシックなプリセットを持つEP&FMシンセライブラリです。

DX7の伝統に触発され、有名なスタジオで伝説的なサウンドとなったDX7IIをサンプリングしました。そして、そのサンプルを詰め込んだアプリであるFM Playerを6年前にリリースしました。

KING OF FMは、そのFM Playerの後継製品にあたります。これらのサウンドをiPhoneとMacで利用することができ、80年代の数々のヒットレコードに使用されたサウンドを味わうことができます。

King of FM

5. Igorski HomeCorrupter

HomeCorrupterは、CPUクロック速度を下げることが可能なビットクラッシャープラグインです。

このプラグインは、サンプリングレートとビット深度を減少させることで、入力されるオーディオ信号の解像度を低下させることができます。さらに、ローファイな品質は、入力の再生速度を遅くすることで「コンピュータのクロックスピード」を下げることで実現されます。

すべてのプロパティは、内蔵オシレーターを使用して自動化することも、DAWから直接コントロールすることも可能です。

Igorski HomeCorrupter

6. Fors Romb

Fors Romb

Rombは、豊かで広がりのある滑らかなサウンドを持つシンプルなリバーブデバイスです。90年代のエレクトロニックミュージックでよく聞かれた「広大な空間」にインスピレーションを受けており、シンセサウンドと相性が良いです。

非常にシンプルな直感的な操作が可能で、基本的なコントロールは4つだけです。簡素な見た目ではありますが、非常に豪華なリバーブサウンドを鳴らすことができます。

Rombは無料の「Max for Live」を搭載したAbleton Liveで機能します。

Fors Romb

7. TAL Software TAL-Vocoder 3.0

TAL Software TAL-Vocoder 3.0

「TAL-Vocoder」は、11バンドの搭載で80年代前半のボコーダーサウンドを再現するヴィンテージスタイルのボコーダープラグインです。

このプラグインは、アナログモデル化されたコンポーネントとデジタルアルゴリズムを組み合わせており、卓越したボコーダーサウンドを実現しています。

また、VCO(電圧制御オシレーター)を備えたシンセサイザーが内蔵されており、クラシックなアナログ波形を生成することができます。さらに、倍音を多用したキャリア信号を生成することも可能です。

TAL Software TAL-Vocoder 3.0

8. 2Rule TugMultiEffect

2Rule TugMultiEffect

TugMultiEffectは、11種類のエフェクトを提供するモジュール式のマルチエフェクトプラグインです。エフェクト内容は、リバーブ、ディレイ、フェイザー、コーラス、ディストーション、デシメーター、ビブラート、トレモロ、ピッチシフター、フィルター、コムフィルターが含まれています。

TugMultiEffectの特徴として、モジュラールなルーティングシステムを使用して、エフェクトをお好みの構成でつなげることができます。エフェクトのさまざまな組み合わせを試して、ニーズに合ったユニークなサウンドを作り上げることができます。

エフェクトのパラメータをオートメーション可することができるので、幅広いサウンドメイクが可能となっています。

2Rule TugMultiEffect

9. HoRNet Magnus Lite

HoRNet Magnus Lite

Magnus Liteは、クリッパーとリミッターの両方が組み込まれており、それぞれ独自のゲインコントロールを持っているため、オーディオの音量を完全に制御することができます。

クリッパーのゲインコントロールを使用すると、オーディオ信号がクリッパーに入力される前の入力レベルを調整できるため、最適な音量レベルを設定することができます。

リリースタイムコントロールも搭載されており、オーディオ信号がスレッショルドを下回った後、リミッターがゲインリダクションを解除する速度を調整できます。このコントロールを使用することで、音量と明瞭さのバランスを微調整し、プロジェクトに最適なサウンドを実現することができます。

HoRNet Magnus Lite

10. unplugred CRMBL

unplugred CRMBL

開発者から「非常識な人のためのディレイ」と宣伝されているように、いくつかの特殊な機能を備えた無料のディレイプラグインです。

このディレイプラグインは、さまざまな機能を備えており、色んなテクスチャーを生成することができます。フィードバックによるピッチシフト、非対称なピンポンディレイ、リバースディレイなどの機能が備わっています。

パラメータは高度に自動化可能であり、時間パラメータを自動化することでダブディレイエフェクトを作り出すこともできます。

unplugred CRMBL

まとめ

ここ最近で注目を集めたフリーVSTプラグインをご紹介しました。

  1. Brady Boettcher gRainbow
  2. nakst Regency
  3. Sampleson OverHeat
  4. King of FM
  5. Igorski HomeCorrupter
  6. Fors Romb
  7. TAL Software TAL-Vocoder 3.0
  8. 2Rule TugMultiEffect
  9. HoRNet Magnus Lite
  10. unplugred CRMBL

無料のVSTプラグインは、音楽制作やサウンドデザインに欠かせないツールとして、入門者用としてだけではなく、プロフェッショナルも使用するプラグインとして幅広く活用されています。

今回紹介したVSTプラグインの中から、お気に入りの製品が見つかったら是非ダウンロードして実際に使ってみてください。

以上、「【2023年上半期】無料で使えるフリープラグインおすすめ10選」でした。


【2023年最新】高品質の無料VSTプラグインおすすめ20選

【無料】2022年に注目を集めたフリーVSTプラグインおすすめ10選

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ12選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bo ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-DTM
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2024 All Rights Reserved.