GUITAR

【初心者向け】ギターアンプの基本的なシールドの繋ぎ方

アンプの繋ぎ方

【初心者向け】ギターアンプの基本的なシールドの繋ぎ方

これからギターを始める方にとって正しいアンプの繋ぎ方を知ることは「良い音」の為の最も基本的な知識であり、ギターから送られてくる音声信号を効率的にスピーカーから出力する為にも重要なことです。

多くのギタリストはギターとアンプの間にエフェクターを繋いだり、プリアンプとパワーアンプの間にエフェクトを挟むためにセンドリターンを利用する場合もあります。

今回はギターアンプをより効果的に使用する為のシールドの繋ぎ方についてご紹介します。

1本シールドの繋ぎ方

サウンド構成はギターの出力ソケットから始まり、アンプのスピーカーで終わるというのはすべての繋ぎ方で共通します。

その中でも最もシンプルな繋ぎ方であるワンケーブルの形は、ギターシールドを1本だけ使用して、ギターからアンプヘッドの入力に直接接続する繋ぎ方です。

アンプへ直接出力することから「アン直」とも呼ばれており、ギターの原音を最も忠実に再現することができることから、「アン直こそ究極のサウンドメイクの形」といった層のギタリストも存在します。

最も音質劣化が少なく、抜けの良い迫力のあるサウンドが入手できますが、アンプのプリアンプのみ使って音を作り込む形になるので、サウンドバリエーションが少なく、ギター本体とアンプの特性がもろに出音に影響することになります。

様々な音色を駆使するタイプのギタリストや、サウンドを自分なりに作り込みたい方はエフェクター等を使う必要が出てきます。

2本シールドの繋ぎ方

2ケーブルの繋ぎ方

2本のケーブルを使用する場合は通常、「ギター→エフェクター→アンプ」へと繋ぐ方法があります。

アンプには2つの重要な電気回路が含まれており、トーンカラーを作成するためのプリアンプと、スピーカーを駆動させるために信号を増幅させるパワーアンプセクションに分かれています。

つまりアンプヘッドのシールドインプットに接続された信号はすべて、プリアンプセクションを通過することになります。

足元に配置するコンパクトエフェクターのようなギター信号を調整するように設計された機器をプリアンプ前に接続するのは問題ありません。

一部例外はありますが、ディストーション、オーバードライブ、ファズ、ワウ、コンプレッサー、イコライザーペダルなどはプリアンプの前に配置することで正しい効果を得ることができます。

3本シールドの繋ぎ方

アンプ つなぎ方

3本のケーブルを使った方法は主にアンプのセンドリターンを使った繋ぎ方です。

プリアンプの後ろに繋いだ方が良いいくつかのエフェクト(リバーブ、ディレイ等)を繋ぐ際にはアンプの後ろ側にある「FX Loop Send Return」に接続します。

こうすることで音のシグナルを完成させた物にリバーブエフェクトを加えることができるので、プリ前に繋ぐよりも綺麗にエフェクトが作用します。

音色を作るプリ回路の前段階に挟むのか、後ろに挟むのかで効果が変化するエフェクトは他にもいくつかあるので、後ろに挿したい場合は最低でも3本のケーブルが必要になります。

4本シールドの繋ぎ方

アンプ繋ぎ方

もちろん歪みエフェクターと空間系を両方使用している場合もあり、プリアンプの前と後ろの両方に挿す場合には4本のシールドが必要です。

プリアンプで音作りをせずに、足元の歪みをメインで使用する場合には2本でも対応することが可能なので、状況に合わせて繋ぎ方を考えましょう。

まとめ

ギターアンプの基本的なシールドの繋ぎ方についてお話しました。

基本的にはプリアンプの前段階に挿すのか、後ろに挿すのかでサウンドが変化するので、状況に合わせて正しい繋ぎ方をすることで、よりクリアなサウンドが手に入ります。

アンプ以外にもエフェクターボードを組んでいる場合にはエフェクトの繋ぎ方でもスピーカーからの出音が変化するので、エフェクトの効果を考えながら正しい繋ぎ方を実践しましょう。

以上、「ギターアンプの基本的なシールドの繋ぎ方」でした。


【2021年最新版】人気のギターアンプおすすめ7選

ギターアンプのノイズ対策5選【すぐできる】


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.