ギター関連

ギターカッティングフレーズ【リズム鍛錬】

ギターカッティングフレーズ


ギターカッティングフレーズ【リズム鍛錬】


ギターのカッティングフレーズにおいて最も基本的なのは16分音符によるカッティングです。

1小説に16個の音符が入るので、1拍ごとに4つの音を弾くことになります。
このときに表拍だけではなく、裏拍をしっかりと意識して演奏することでグルーヴ感のある歯切れの良いカッティング演奏ができるようになります。

今回はリズム強化にもなるカッティングフレーズパターンをいくつかご紹介します。

まずは16分音符の表拍を弾く


16分音符の表拍にアクセントを置いて演奏します。
×マークの部分はブラッシング奏法で左手全体で軽く弦に触れるようにミュートした状態でピッキングします。

右手のストロークは必ず上下の動きをキープしたままで弾くようにしましょう。

表拍+裏拍の複合パターン


表拍+裏拍の複合パターンのカッティングフレーズです。

アップピッキングにアクセントがくるので慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、カッティングは裏拍のリズム感覚を覚えることが非常に重要なので、ここでマスターしておきましょう。

3つ単位で演奏するパターン


ここから難易度が上がります。
コードストローク1発+ブラッシング2発の3つ区切りのパターンで、アクセントの場所がアップとダウンで交互にくるので表拍+裏拍のリズム感覚が身についていないと、混乱してしまいがちです。

慣れないうちは「わさび・わさび・わさび」と3文字単語を口ずさみながら演奏するのがオススメです。

コードストローク主体のパターン


今度はコードストローク2発+ブラッシング1発のパターンです。
コードもマイナーセブンスナインスコードを使ったクールなコードカッティングに変更しました。

今までの逆でブラッシングにアクセントを置いたフレーズなので、コードストロークからしっかり左手でミュートする技術も必要になります。

まとめ


基本的なカッティングフレーズをご紹介しました。

カッティングのコツとしては

  1. 右手はできるだけ力を抜いて、手首のスナップを使う
  2. アクセントを付けるときには力を入れるのではなく、ストローク幅を2倍とって2倍の速度で振り切るイメージ

を意識すると歯切れの良いグルーヴィーなバッキング演奏になります。

実際にバンドで演奏する場合にはドラムやベースとの全体のアンサンブルを考えた上で、どこにアクセントを入れるのかを判断しましょう。

以上、「ギターカッティングフレーズ【リズム鍛錬】」でした。


ELLEGARDENのカッコいいギターフレーズ5選【TAB譜付き】

マイナーペンタトニックスケール攻略【簡単な覚え方とアレンジについて】

人気記事

1

人気おすすめVSTプラグインソフト5選【DTM初心者】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の大手プラグインサイト「Plugin Bou ...

2

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

3

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

4

【Trap】トラップビートの作り方!簡単な5つのステップ【HipHop】 これからビートメイクを始める方に向けて、簡単なトラップビート制作の流れをご紹介します。数ある音楽ジャンルの中でも、非常にシンプ ...

5

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

-ギター関連
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.