Loopcloud Music App from Loopmasters.com

GUITAR

ギターエフェクターの正しい繋ぎ方

ギターエフェクターの正しい繋ぎ方

ギタリストが使用するエフェクターペダルは様々な種類がある為、実際にエフェクターを使用してシグナルチェイン(配置順番)を設定するときに混乱する可能性があります。

ディストーションやディレイ等の色んな効果のあるエフェクトがあるので、正しく繋がないと効果が上手く発揮されなかったり、場合によってはサウンドが劣化してしまうこともあります。

とはいえ、繋ぎ方次第で異なる音響結果が得られることもあるため、求めているサウンドと違う場合を除いては、基本的にはやってはいけない繋ぎ方というのはありません。

今回は、基本的なシグナルチェインのセオリーに沿った正しい繋ぎ方についてご紹介します。

一般的な繋ぎ方

さっそくですが、以下が一般的なエフェクターボードの最も一般的なエフェクトの配置の順番です。

エフェクターの繋ぎ順
  1. ダイナミクス(コンプレッサー)、フィルター(wah)、ピッチシフターボリュームペダルは、通常、シグナルチェインの最初に配置されます。
  2. 次に、オーバードライブ/ディストーションペダルなどの歪み系のエフェクターを配置します。
  3. コーラス、フランジャー、フェイザーなどのモジュレーション系のエフェクターを配置します。
  4. ディレイリバーブなどの空間系エフェクターはシグナルチェインの最後に配置することで、最も効果を発揮します。
  5. ボリュームペダルは位置によって目的とする効果が変化するので、使用エフェクトを考慮して効果的な場所に配置します。


ギター→ダイナミクス系→歪み系→モジュレーション系→空間系→アンプの順に繋ぐことで、それぞれのエフェクト効果を最も効果的に発揮させることができます。

ボリュームペダルは目的によって配置場所を変える必要があります。

例えばシグナルチェーンの先頭近くに配置することでエフェクトやアンプに送られる音声信号量をコントロールします。例えばオーバードライブを使用している場合に音量を少し下げることでギタートーンをクリーンにしたり、激しくドライブさせたりといったような使い方ができます。

また、ディレイとリバーブエフェクトの直前にボリュームペダルを配置することで、圧縮やモジュレーション、オーバードライブされた信号のボリューム調節することが可能になります。


エフェクトループ(センドリターン)を利用する

【初心者向け】ギターアンプの基本的なシールドの繋ぎ方でも解説しましたが、多くのアンプにはセンドリターン端子が備わっており、プリアンプの後ろに繋いだ方が良いいくつかのエフェクト(リバーブ、ディレイ等)を繋ぐ際にはアンプの後ろ側にある「FX Loop Send Return」に接続することで、より効果を発揮します。

センドリターン


この繋ぎ方はディストーションペダルではなくアンプからオーバードライブやディストーションをかける場合に特に役立ちます。

アンプで歪みを作るのに足元のボードに空間系を組み込んでしまうと、ディレイとリバーブの雰囲気をアンプのオーバードライブとディストーションに送り込むことになってしまうので、濁って色褪せたサウンドになってしまう可能性があります。

その他にもモジュレーション系をアンプのエフェクトループに配置することでも、通常とは異なるサウンドを作ることができるので試してみてください。

エフェクトループはプリアンプを含めた音のシグナルを完成させた物の後ろにエフェクト効果を加えることができるので、プリ前に繋ぐよりも綺麗にエフェクトが作用します。

直列と並列

エフェクトループには、直列と並列の2種類があります。

直列

直列のエフェクトループはアンプのセンドから送られる信号は、プリアンプセクションからのすべての信号をリターン入力からパワーアンプセクションを介して送信されます。

並列

並列の場合、アンプのパワーアンプセクションに送られる信号のうち、通常通りプリセクションから通過する信号と、パラレルループに送られる信号の両方をコントロールできます。

このタイプのエフェクトループには、通常、エフェクトループの信号量をダイヤルできるエフェクトレベルコントロールが備わっているので、ドライ音とウェット音のミックス量を調節可能です。

fx loop level


パラレルエフェクトループ内に配置する場合は、エフェクトのMIXコントロールを100%に設定することでセンドリターンに繋いだエフェクト効果をそのまま使用できます。

センドリターンに繋いだ方がいいエフェクター

センドリターン

「センドリターンのことは大体わかったけど、実際にどういったエフェクトを繋ぐべきなの?」という方の為に、一般的にセンドリターンに繋がれることが多いエフェクターをいくつかご紹介します。

センドリターンは、アンプの中のプリアンプとパワーアンプの間にエフェクターなどの機器をつなぐための回路です。

わかりやすく言うと、アンプの歪みやEQつまみの後に手持ちのエフェクターを繋ぐ為の端子なので、センドリターンの仕組みとエフェクトの作用を理解することで、どういったエフェクトをセンドリターンに送るべきかが分かります。

空間系エフェクター(ディレイ、リバーブ等)

先ほども紹介しましたが、ディレイやリバーブのような空間系は歪みの後ろに繋いだ方が効果的なので、アンプのゲインつまみを使う場合には、ほとんどはセンドリターンに接続することになります。

アンプ自体にリバーブが付いていることも多いので、そちらを使用するというのもありです。

モジュレーション系(コーラス、トレモロ等)

モジュレーションは音に揺らぎを加えるタイプのエフェクトなので、これもなるべくシグナルチェインの後ろのほうに繋いだ方が効果的なので、センドリターンを利用する方が多いです。

EQ(イコライザー)

アンプ自体にもEQつまみは備わっていますが、10バンドEQ等でさらに細かく最終的な音質を調節したい場合にはセンドリターンに繋ぎます。

ディストーションで歪ませると倍音が膨らむので、それを整える目的で使用したりします。

コンプレッサー

ダイナミクス量をコントロールする目的ではなく、最終的に音を「均す(ならす)」ことを目的としてセンドリターンを使う場面もあります。

イメージとしてはマスターコンプのように音質をなじませるといったようなイメージ。

ボリュームペダル

エフェクトのかかった最終的な出音を足元でコントロールする為にボリュームペダルを繋ぐこともあります。

B'zの松本孝弘さんもセンドリターンにボリュームペダルを繋いで最終的な出音をコントロールしてます。

まとめ

ギターエフェクターの正しい繋ぎ方について解説しました。

ある程度のセオリーはあるものの、これらの繋ぎ順番は必ず守らなければならないルールというわけではないので、求めているサウンドによっては順番の前後が入れ替わることもありえます。

例えばEQで音質を整えたあとにコンプで圧縮するのか、コンプで圧縮した後にEQで整えるのかでは、音質が変化するので、実験的に色々な繋ぎ方を試してみるのもサウンドメイクの楽しみの一つです。

以上、「ギターエフェクターの正しい繋ぎ方」でした。


はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】

高品質のディストーションエフェクター 5選


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.