ギター関連

Hi-STANDARD - Stay Gold【TAB譜付き】ギター奏法解説


Hi-STANDARD - Stay Gold【TAB譜付き】ギター奏法解説


Hi-STANDARD - Stay Gold【TAB譜付き】ギター奏法解説です。

YouTube動画解説もあるので、合わせてご覧ください。



イントロ


※スマホでTAB譜の数字が小さくて見えにくい場合は、ピンチアウト操作で拡大できます。


イントロの出だしが一番難しいという初心者泣かせの楽曲。

BPMも速く、ミュートの難易度も高めなのでテンポを落としてゆっくり練習しましょう。


はじめの3音はスライドで繋いでますが、横山建さんご本人は全部ダウンピッキングで弾いていました。

勢いと気持ちで乗り切りましょう。


Aメロ


Aメロは全部パワーコードなので比較的簡単ですが、コードチェンジが多いので、もたつかないように気を付けましょう。

右手のストロークは2ビートでよくあるリズムです。


9小節目から出てくるブリッジミュートの連続ピッキングが難しいですが、決まればカッコいいので、YouTube動画を参考に何回も練習しましょう。
コツとしては手首は固定して、指先を小刻みに動かすイメージです。


サビ


サビは通常のコード弾きですが、セーハ(一本の指で全弦を押さえる)形が多いので、もし難しい場合はパワーコードでも大丈夫です。

サビもコードチェンジが多いので、指をあまり浮かさないようにして、次のコードへスムーズに移行できるように心がけましょう。


間奏


間奏はすべてオクターブ奏法で弾いています。

難易度は低いですが、フレット間の移動が多いので何回も反復練習をして、無意識に弾けるようになるぐらいまで練習しましょう。

特に後半の一気に下降していく部分がミスしやすいので重点的に弾きましょう。


一気に覚えるよりも、4小節ごとぐらいで区切って覚えていくと頭に入りやすいです。


以上、Hi-STANDARD - Stay Gold【TAB譜付き】ギター奏法解説でした。


RADWIMPS - ふたりごと【TAB譜付き】ギター奏法解説

高品質のディストーションエフェクター 5選

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.