GUITAR

ジョンメイヤーがライブで使用したオーバードライブのつまみ設定

ジョンメイヤーがライブで使用したオーバードライブのつまみ設定

ジョンメイヤーはアメリカの「Rolling Stone」誌でジョン・フルシアンテ、デレク・トラックスと並ぶ「現代の三大ギタリスト(The New Guitar Gods)」に選定されたトップギタリストの一人です。

Instagramではジョンが使用しているギアと、ライブで使用した機材セッティングを徹底的に追跡したアカウントも存在するほど(https://www.instagram.com/johnmayergear/)ジョンメイヤーサウンドのファンは大勢います。

2021年のエフェクターボード


オーバードライブの名機「KLON CENTAUR」の設定

ジョンメイヤーはメインの歪みとして、「Ibanez – TS10」と世界的に有名なオーバードライブの名機「KLON CENTAUR」(ケンタウルス)を愛用していることで有名です。

そして、気になるのがエフェクターのつまみ設定なのですが、ライブ終わりにKLON-CENTAURをサイン入りでプレゼントされたファンが、その瞬間とケンタウルスのズームアップ画像を公開していたことで判明しました。

エフェクターを受け取った方のインスタでケンタウルスの画像がアップされています。

これだけハッキリとつまみ設定が分かるのはかなり貴重だと思うので、ケンタウロスを持っている方は、ジョンメイヤーサウンドを作る際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

Ibanez TS10の設定

2007年ごろまではTS808を使用していましたが、TS10に変えてからは現在まで使用し続けているジョンの愛機。ジョンが愛用している噂が広まるにつれて価格も上昇し、現在では10万円前後の価格帯にまで高騰しています。

TS10のつまみの設定はツアー時の写真がいくつか出ています。

基本的には11時~2時の間で収まるように設定されていて、他のエフェクターとの組み合わせによって多少変化している印象です。

ケンタウロスとTS-10ともに、現在では簡単に入手できるエフェクターではありませんが、両方を所持していて「ジョンメイヤートーンを再現したい!」という方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


【2022年最新】ギター用ディストーションエフェクターおすすめ7選

【無料】ギターペダルKlon Centaurをモデリングした「THE KLONE」が無償配布

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.