ギター関連

ONE OK ROCK - 完全感覚Dreamer ギターの音作り

2019年10月28日

こちらの動画のサウンドをもとに説明していきます。

ONE OK ROCK - 完全感覚Dreamer ギターの音作りについて



使用機材はこちら

・ギター
Gibson Lespaul Standard

・ピックアップ
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) >SH-4 JB

・エフェクター
Line 6 >Helix LT(アンプシミュレーター)


を使用しています。

Helix内で音作りしているのでそちらを詳しく紹介していきます。

Helix LT

アンプシミュレーターの設定



かなりシンプルな音作りになっていて
シンプルが故のごまかしが効かないサウンドです。


Marshall JCM-800内だけでほとんど完結しているので、つまみ一つ一つの特性をしっかりと耳で把握して作り込んでいく必要があります。



まずアンプモデルなのですが

・アンプヘッド
Brit 2204 > Marshall JCM-800

・キャビネット
4×12 1960 T75 > 4×12 Marshall 1960 AT75



こちらを使用しております。

プリアンプ設定


Drive > 7.0
JCM-800はあまり歪まないので、しっかりドライブさせます。

・Bass > 3.5
低音は若干削ります。

・Mid > 6.0

・Treble > 8.0
明るいトーンが印象的なのでしっかり高音を出します。

・Presence > 7.0

バッキングを弾いたときの1,2弦の煌びやかさを出します。


キャビネット設定


・マイク
30 Dynamic > Heli Sound PR30

・Distance > 2.0
マイクの距離です。



各種エフェクター


今回使用したエフェクト類を順に紹介します。

・イコライザー

Parametric EQ > こちらもLine 6 オリジナルのエフェクターを使用しています。

・Low Freq >150Hz
・Low Q > 2.0
・Low Gain > -2.0db



・Mid Freq >2.0kHz
・Mid Q > 1.5
・Mid Gain > +1.0db



・High Freq > 6.0kHz
・High Q > 2
・High Gain > +1.0db



・Low Cut > 80Hz





・ディストーション


Scream 808 > Ibanez TS808 Tube Screamer

アンプの前に挟んでブースターとして使用しています。

・Gain > 2.0
808をブースターとして使用する場合は、基本的にはGainゼロで使用します。Mid辺りに倍音を付ける為にちょっとだけブーストしてます。

・Tone > 6.5





今回はシンプル設定なので短めになりましたが
サウンドメイクに関しては以上です。





ELLEGARDEN – Supernova ギターの音作り

SiM – KiLiNG ME ギターの音作り


人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.