ギター関連

RADWIMPS - 君と羊と青 ギターの音作り

2019年10月26日

RADWIMPS - 君と羊と青 ギターの音作りについて

こちらの動画のサウンドをもとに解説していきます。



使用機材はこちら

・ギター
Gibson Lespaul Standard

・ピックアップ
SEYMOUR DUNCAN ( セイモアダンカン ) >SH-4 JB

・エフェクター
Line 6 >Helix LT(アンプシミュレーター)


を使用しています。

Helix内で音作りしているのでそちらを詳しく紹介していきます。

Helix LTHelix LT

アンプシミュレーターの設定



明るいトーンが印象のギターサウンドです。


低音をしっかりカットし、ハイミッド寄りの音作りにしましょう。




まずアンプモデルなのですが

・アンプヘッド
Divided Duo > ÷13 JRT 9/15

・キャビネット
1×12 Celest 12H > 1×12 ÷13 JRT 9/15 G12 H30

こちらを使用しております。

プリアンプ設定

Drive 1 > 5.0
・Drive 2 > 8.0
アンプ前にブースターをかけますが、プリアンプでもしっかりドライブさせます。

・Tone > 7.0
明るめのトーンにします。
このアンプモデルにはTreble,Mid,Highのつまみは付いていません。

・Presence > 8.0

コードを弾いたときの高音弦の煌びやかさが印象的なので、がっつり出します。


キャビネット設定

・マイク
112 Dynamic > AKG D112

・Distance > 1.0
マイクの距離です。



各種エフェクター


今回使用したエフェクト類を順に紹介します。


・コンプレッサー


Deluxe comp > こちらLine 6 オリジナルのエフェクターです。

・Threshold > -42.0db
スレッショルドは圧縮がかかり始める数値です、ギターの入力信号によって変わってくるのでうっすらで大丈夫です。
・Ratio > 4:1
圧縮比
・Attack > 10ms
圧縮が始まるスピード
リードが主体なのでアタックを潰し気味にしてサスティンを稼ぎます。
・Release > 200ms
圧縮が終わるスピード

EBS ( イービーエス ) / MultiComp(マルチコンプ) Studio EditionEBS ( イービーエス ) / MultiComp(マルチコンプ) Studio Edition



・イコライザー

Parametric EQ > こちらもLine 6 オリジナルのエフェクターを使用しています。

・Low Freq > 200Hz
・Low Q > 2.0
・Low Gain > -3.0db

モコモコした部分を更にバッサリカットします。

・Mid Freq >2.0kHz
・Mid Q > 2
・Mid Gain > +2.0db

ギターのおいしい部分をブーストします。

・High Freq > 6.0kHz
・High Q > 2
・High Gain > +2.5db

ギターの一番高い帯域をブーストします。

・Low Cut > 130Hz
割と高めの所でローカットかけてます。

MXR ( エムエックスアール ) / M108S 10 Band Graphic EQ
MXR ( エムエックスアール ) / M108S 10 Band Graphic EQ

・ディストーション

Scream 808 > Ibanez TS808 Tube Screamer

アンプの前に挟んでブースターとして使用しています。

・Gain > 3.0
808をブースターとして使用する場合は、基本的にはGainゼロで使用します。

・Tone > 6.0

IBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808 ギターエフェクター チューブスクリーマーIBANEZ ( アイバニーズ ) / TS808 ギターエフェクター チューブスクリーマー



・ワウ

Teardrop 310 > Dunlop Cry baby Fasel model 310

Wet 20%で常にかけて使用しています。

・Position > 71%
・Mix > 20%

JIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / GCB-95 CRYBABY WAH WAHJIM DUNLOP ( ジムダンロップ ) / GCB-95 CRYBABY WAH WAH


・リバーブ

Room Reverb > Line 6 オリジナルモデルです。

耳ではわからないぐらいうっすらかけています。

・Decay > 2.5
リバーブの残響の長さです。

・Predelay > 20ms

跳ね返ってくる最初の音が聞こえる速さです。

・Low Cut > 150Hz

低音にかけるとモコモコするので200Hz以下はカットしています。

・High Cut > 8.0kHz

そもそも8kHz以上の音がでてないので。

One Control ( ワンコントロール ) / Prussian Blue ReverbOne Control ( ワンコントロール ) / Prussian Blue Reverb



・ピッチシフター

全弦半音下げの曲なのでピッチシフターを使って下げてます。

DIGITECH ( デジテック ) / DropDIGITECH ( デジテック ) / Drop





サウンドメイクに関しては以上です。



わからないことがあればお気軽にコメントください。

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-ギター関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.