DTM関連 音楽トピック

38年ぶり!? 日米合意でMIDI規格が2.0にバージョンアップ!


MIDI 2.0にバージョンアップについて


1983年から続く、電子楽器の演奏データを機器間で転送・共有するための共通規格であるMIDIが2020年2月22日に正式にアップデートされることが決定しました。


アメリカのMIDI管理団体であるThe MIDI Manufactures Association(MMA)と日本の団体である一般社団法人音楽電子事業協会(AMEI)が何度も検証や会議を繰り返し、今回の決定となりました。

MIDI規格委員会

MIDI 2.0規格について

MIDI 2.0規格の目的は、MIDI 1.0規格(1983年)以降の技術の進歩や社会の変化に対応することで、更なる音楽業界の発展に貢献することである。

MIDI 2.0規格は現行のMIDI 1.0規格の置き換えでは無く、MIDI 1.0機器との共存・共生を基に、さらに拡がっていくMIDIの世界を創るための規格である。この世界を実現するために、MIDI 2.0規格は双方向通信による問い合わせの機構(MIDI機器間ネゴシエーションと呼ばれる)を前提に設計されている。
MIDI 2.0規格で追加される新しい機能は、規格書「MIDI機器間ネゴシエーション」によって定義されている。双方向に接続されたMIDI機器間で互いに利用できる機能を問い合わせの上で実行する。
もし、接続先の機器が新しい機能に対応していなければ、その機能についてはMIDI 1.0の範囲で動作する。
このようにMIDI機器間ネゴシエーションを必須とすることで、MIDI 2.0規格はMIDI 1.0機器との後方互換性を担保している。

一般社団法人 音楽電子事業協会 (AMEI)



MIDI 2.0による改良点

・伝達速度の高速化
・チャンネル数が256チャンネルに
・ビット数が36ビットに
・ 一方向通信から双方向通信へ
・MIDI 1.0との互換性はそのまま


新しいMIDI 2.0では、このMIDI 1.0が持つ機能はそのままにすべてが強化されています。

今までは受信側へ一方通行で通信を行なう仕様でしたが、MIDI 2.0では機器間での双方向通信を実現。これにより、ある機材の設定値や演奏データを他の機材へ送り、接続された機器同士を同期して、自動的にセットアップすることも可能になります。

対象機器がMIDI 1.0であった場合には、双方向通信に対応していない機器であることを判断し、プロトコル通信に変わる。

一般社団法人 音楽電子事業協会 (AMEI) より引用


さらに、解像度が32bitになったことで、表現力が格段に向上し、ベロシティーの分解能も今までは128段階が限界でしたが、最大で65,536段階となったり、 使いやすさや、電子楽器の表現力を向上させる機能も追加されています。


高分解能のベロシティーやパラメーターコントロールで、まるで人が演奏しているかのような繊細な音のニュアンスも表現可能になりました。


更に詳しい情報は「一般社団法人音楽電子事業協会」のホームページから企画書の一般向けダウンロードが可能になっているので、チェックしてみてください。


ダウンロードはこちらから。



【DTM】プロも使用している人気シンセサイザー5選

【SERUM】シンセサイザーの基本的な使い方

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連, 音楽トピック
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.