GUITAR

【ギター歴17年が選ぶ】個人的に買って良かったエフェクターベスト5

2021年8月14日

エフェクター

【ギター歴17年が選ぶ】個人的に買って良かったエフェクターベスト5

※今回は個人的に買って満足したエフェクターを紹介しています。「自分の演奏スタイルに合っていた」といった製品が多いので、すべてのギタリストに当てはまるとは限らないのでご注意を。


これまでにかなりの数のコンパクトエフェクターを使用してきて、 現在はアンプシミュレーターのLine 6「Helix」に落ち着いていますが、 ペダルボードを組んでいた時に「これは外せない!」といった必須エフェクター達を集めてみました。

サウンドの良さ以外にも「ライブで使用する際の利便性」や導入したことで「演奏スタイルが変化した」エフェクターなど、総合的に見て良かったと思えたエフェクターをランキング形式でご紹介。

5位 BOSS MT-2 Metal Zone(ディストーション)

BOSS Metal Zone

まだマイアンプを所持していない頃に現場の機材が想定と違った場合の保険として常にギターケースの中に入れていました。

当時は常設アンプの歪みを使って音作りしていたので、たまに歪み量が足りないアンプやトラブルを抱えたアンプに出くわすこともあり、そういった場面で足元だけでも最低限の音作りができるようにと所持していました。

じゃじゃ馬として悪名高い一面もあるエフェクターですが、使いこなせばオーバードライブから激しいディストーションまで幅広く使える音を鳴らすことが出来るので、困ったときのオールラウンダーとして助けられました。


4位 MXR M108SE 10 Band EQ(イコライザー)

MXR 10band eq

アンプに搭載されているEQは大まかな周波数帯域しか調節できないので、より細かいサウンドメイクをしたい場面で重宝しました。

125Hz以下をカットしてハイパスフィルターのような使い方をしたり、ボーカルのいる帯域をピンポイントで削ったりと、より繊細な音作りが可能になります。

コンパクトエフェクターにしては少し重たいというのと、挿しただけで音自体が若干変化するのが気になりましたが、それを上回るトーンコントロール性能が魅力的でした。


3位 TC ELECTRONIC Sentry Noise Gate(ノイズゲート)

TC ELECTRONIC Sentry Noise Gate

激しい歪みを扱うことが多かったメタルコアバンド時代に必須エフェクターの一つとして使用しており、これを挿すことで激しいディストーションを加えたときの「ジー」というノイズがピタっと止まります。

休符を大事にしたい場面やブレイクダウン時のブリッジミュートの刻みといった場面で、ほぼ無音の状態にまでノイズをカットしてくれるので、キレのあるエッジの効いたサウンドを入手できます。

このエフェクターはノイズ自体をカットしているのではなく、ギターからの入力信号に反応してすべてをシャットアウトする仕組みになっているので、かけすぎるとサスティーンが犠牲になるので注意が必要です。


2位 Line 6 Relay G30(ワイヤレス)

Line 6 Relay G30

ステージ上でシールドの呪縛から解放される為のアイテムです。

ワイヤレスシステムの中ではかなり安価な部類なので、音自体は多少変化しますが、本人じゃないと気にならない程度の微妙な音質変化なので、それ以上にシールドに足が絡まることが無くなるというメリットが上回ります。

さらに細かい内容はギターシールドをワイヤレスに変えることによるメリットとデメリットの記事でも解説しているので、ワイヤレス導入を考えている方は参考にしてみてください。


1位 Ibanez TS808 Tubescreamer(ブースター)

Ibanez TS808 Tubescreamer

個人的第1位はチューブアンプのブースターとして人気のあるIbanezの「TS808」です。

「OVERDRIVE」つまみを0、「LEVEL」を最大で使用することで、ギターのミドル辺りのおいしい帯域がグッと持ち上がるので、歪み系の音作りをする時には808ありきでトーンメイクを開始しています。

Line 6 Helixのファクトリープリセットにも808がプリアンプ前に設置されていることが多く、いつかLine 6のエンジニアの方と酒を酌み交わしたいと思っています(笑)

激しいロックをやっていて、チューブアンプをメインで使っているギタリストの方は是非試してみてください。


まとめ

個人的に買って良かったエフェクターを5つご紹介しました。

  • BOSS MT-2 Metal Zone
  • MXR M108SE 10 Band
  • TC ELECTRONIC Sentry Noise GateGate
  • Line 6 Relay G30
  • Ibanez TS808 Tubescreamer

激しめのジャンルライブ活動が多いギタリストの方にはおすすめできる製品が多めとなりました。

ジャンルによってはまったく必要ない場合もあるので、自分のプレイスタイルに合わせてあくまで参考程度でよろしくお願いします。

以上「【ギター歴17年が選ぶ】個人的に買って良かったエフェクターベスト5」でした。


高品質のディストーションエフェクター 5選

ギターシールドをワイヤレスに【人気製品5選】

人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2021 All Rights Reserved.