Trivision Studio

ギタリストやDTMerに役立つ音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連

ゲットした?iZotope Neutron Elementsの使い方

投稿日:2019年12月4日 更新日:


iZotope Neutron Elementsの使い方


2019年「Plugin Boutique」ブラックフライデーにて製品購入者に無料配布していたので入手した方も多いのではないのでしょうか?

NeutronはAIで各楽器の音声を分析して最適なミックスを提案してくれる非常に便利なプラグインです。


今回はNeutronの基本的な使い方について説明していきます。


プリセット選択



Neutronを立ち上げるとプリセット選択画面が開きます。


使い方に慣れていない方は、まずはこちらのプリセットから使用用途に合わせて選択することをおすすめします。


各楽器ごとに多数の加工プリセットが登録されているので、例えば

・キックにパンチを加えたい

・指弾きのアコースティックギターをベストな音質に加工したい。


・ボーカルにフィルターをかけてラジオボイスっぽくしたい


等々、多くの加工方法がプリセットとしてあるので、AI機能を使えば10秒ほどで完了します。


ディエッサー加工


今回は男性ボーカリストのディエッサー加工で説明していきたいと思います。

※ディエッサーとは「さしすせそ」行の発音時にでる耳障りな歯擦音を除去してくれるエフェクトのことです。


プリセット一覧から一番下の「Vocal」の中の「Basic Male DeEss」を選択。



実際に加工したいボーカルトラックを流しながら上部の「Track Assistant」をクリック。



AIが音声の解析を始めます。


以上です。




へ?



いや、ほんとにこんなのでちゃんとディエッサー加工されてるの?

って思う方もいると思うので
一応加工前と加工後の音声を貼っときます。

加工前
ディエッサー加工後



しっかり10kHz辺りの耳障りな音が削られています。




続いて更に細かく設定したい人の為に、各エフェクト項目の説明です。

エフェクト関連



オレンジ枠内の各エフェクトの効果説明です。

Equalizer
音声信号の周波数を変更する。

Compressor
入力信号の大きな部分を圧縮して音量差を均一にする。

Exciter
高周波信号を強化する。

Transient Shaper
音のアタックとサスティンの部分を加工する。


です。


文字だと理解しづらいと思うので、実際につまみを極端にイジってみてどういう変化が起きるかを耳で確かめながらやるほうがわかりやすいかと思います。


まとめ


Neutronの使い方の流れとしましては、まず 「Track Assistant 」機能を使ってから、更に細かい部分を手動で調整するのがベストです。



特に初心者の方だと「Track Assistant」を使った時の各種メーターの動きを見るだけでもエフェクトの基本的な使い方の勉強にもなるので、色んな楽器に色んなプリセットをかけてみるのもありかなと。


以上。Neutron Elementsの使い方でした。



【DTM】ハイスペックEQ(イコライザー)プラグインソフト 5選

【DTM】高性能コンプレッサープラグインソフトおすすめ 5選

-DTM関連
-, ,

執筆者:

関連記事

38年ぶり!? 日米合意でMIDI規格が2.0にバージョンアップ!

MIDI 2.0にバージョンアップについて 1983年から続く、電子楽器の演奏データを機器間で転送・共有するための共通規格であるMIDIが2020年2月22日に正式にアップデートされることが決定しまし …

高性能コンプレッサープラグインソフトおすすめ 5選【DTM】

【DTM】高性能コンプレッサーおすすめを5つ紹介 コンプレッサーは小さい音を大きく、大きい音を小さくして曲全体のダイナミックレンジを調節できるエフェクトです。ミキシング作業に必須のツールで使いこなせれ …

シンセコード作成時のテクニック【EDM】

海外プロが使っているコードのボイシングテクニックを紹介します。 シンセサイザーを使ってコードを作る時に、「もっと映画みたいに壮大な感じにしたい」「音圧がもっと欲しい」等の悩みが出てくると思います。今回 …

beats dj

海外で主流のType Beat(タイプビート)とは?

Type Beat(タイプビート)について 前回の記事でビートリーシングビジネスについてお話しました。その中で出てきた「Type Beat」について掘り下げていきたいと思います。 Type Beatと …

サブベースとは?現在のサブベースの使い方

サブベースとは?現在のサブベースの使い方について サブベースとはベースよりも更にオクターブ下(35~70Hz)で鳴るベースのことで、ローエンドを補強する目的で使われています。シンセサイザーを用いる場合 …