Loopcloud Music App from Loopmasters.com

GUITAR

オープン型パワーコードを使ってギターサウンドを強化

オープンパワーコード

オープン型パワーコードを使ってギターサウンドを強化

ロックでよく使われるパワーコードですが、通常はルート+5度音の2つの音を鳴らす押さえ方が一般的です。3度や7度の音を鳴らさないことで、音の響きをシンプルにすることで、ディストーションのような歪みエフェクターとの相性が非常に良くなるというメリットがあります。

パワーコードについて【作曲に役立つ音楽理論】

とはいえ、現在でもロック全般に広く使われているコードシェイプなので、多様しすぎると退屈に聴こえたりすることもあります。

そこで今回は、パワーコードをオープン型で演奏して、よりワイドレンジなコードシェイプにアレンジする方法をご紹介します。

もくじ(クリックでジャンプ)

オープン型パワーコード

オープン型のパワーコードは通常のパワーコードの押さえ方よりも音域が広くて、壮大に聞こえます。ハードロックやクラシックメタルに最適で、様々なロックバンドやアーティストが取り入れているスタイルです。

オープン型とはギターを始めた時に最初に覚える、開放弦を絡めたC、A、G、E、Dコードのようなシェイプのことを言います。今回紹介するオープン型のパワーコードも、すでに知っている形状に基づいているため、簡単に覚えることができます。

C5

C5

通常のCコードの形から中指を浮かしてミュートすることで、オープンCのパワーコードになります。

A5

人差し指と中指で押さえて、1弦と2弦をミュートする形です。

G5

G5

少し難しいですが、指のお腹の部分で5弦をミュートする形。音域が広いので、他のシェイプよりも効果的です。

E5

E5

通常のEコードの3弦ミュートバージョンなので簡単です。Gと同じく音域が広いのでおすすめです。

D5

D5

Dコードの1弦をミュートするとDシェイプのオープン型パワーコードになります。

実践編

A→D→G→A

AC/DCのようなハードロックでみかけるコードです。

通常のパワーコードよりも、より音域の広いダイナミックな演奏になっています。

E→C→D

ブリッジミュートを絡めたパターンです。

3度を省略することで、ディストーションサウンドとの相性が良いです。

まとめ

使える場面やジャンルは限定的かもしれませんが、通常のパワーコードに飽きてきたという方は是非アレンジとして取り入れてみてください。

カポを使うことで様々なキーに対応できるようになるので、ボーカリストの音域に合わせて調節することも可能です。

以上、「オープン型パワーコードを使ってギターサウンドを強化」でした。


パワーコードで使える5つのアレンジテクニック

【簡単ギター】ほぼパワーコードだけで弾ける曲 5選


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

最新小型ギターアンプおすすめ7選【2020年版】 多くのギタリストは一番長くギターを触っている時間といえば自宅での練習時間ではないでしょうか?ライブで使用する機材などに予算を費やしてしまいがちですが、 ...

-GUITAR
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.