Trivision Studio

ギターやDTMを中心に音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ内容です。

ギター関連 音楽トピック

これを使えば名曲に!人気のコード進行5選

投稿日:2019年11月1日 更新日:

これを使えば名曲に!人気のコード進行を5つ紹介します。



コード進行の種類は沢山ありますが、ヒットソングに使われているコード進行というのはある程度決まっています。



今回はそんなヒットソング達に使われている人気コード進行を5つ紹介していきます。




王道進行

・ディグリーネーム
ⅣーⅤーⅢmーⅥm
・キーCの場合
FーGーEmーAm




王道と言われるだけあって、邦楽ヒットソングに非常に多く使われているコード進行です。



・スピッツ – ロビンソン
・スキマスイッチ – 全力少年
・平井堅 – 瞳を閉じて
・ケツメイシ – さくら
・サザンオールスターズ – TSUNAMI
・ONE OK ROCK – 完全感覚Dreamer

等々・・・あげればキリがないほど多く使用されています。





日本人にとって非常に馴染みやすく、安定したメロディーが付けやすいです。





最近は昔ほど使われなくなってきたように思いますが、
どのアーティストもここぞ!という場面では使ってくる印象があります。


小室進行

・ディグリーネーム
ⅥmーⅣーⅤーⅠ
・キーCの場合
AmーFーGーC




コードを聴いただけで、世代によっては懐かしいって思う人も多いんじゃないでしょうか。




そう、あの小室哲哉がよく使っていたことで有名なコード進行です。

・TM NETWORK – Get Wild
・黒うさP – 千本桜
・高橋洋子 – 残酷な天使のテーゼ
・米津玄師 – アイネクライネ
・Greeeen – 愛唄




現在でもボカロやアニメソングに多く使われており、エレクトロ系の音楽とも相性が良いコード進行です。


Let It Be進行

・ディグリーネーム
ⅠーⅤーⅥmーⅣ
・キーCの場合
CーGーAmーF




ビートルズの「Let It Be」に使われているコード進行です。



切ないコード進行で別名「感動コード」とも言われています。

・スピッツ – チェリー
・イルカ – なごり雪
・アナと雪の女王 – Let It Go
・James Blunt – You’re Beautiful
・Maroon 5 – She Will Be Loved




やはり海外の名曲に多い印象です。
J-POPだと王道進行や小室進行に軍配が上がります。

4156進行

・ディグリーネーム
ⅣーⅠーⅤーⅥm
・キーCの場合
FーCーGーAm



洋楽に多いといえばこちら、「4156進行」ですね。
別名「Pop Punk コード」



筆者自身もかなり多用するコード進行でもあります。

・米津玄師 – Lemon
・椎名林檎 – ギプス
・Taylor Swift – We Are Never Ever Getting Back Together
・The Chainsmokers – Don’t Let Me Down




1曲通してこの進行だけという曲も多く
繰り返しても飽きが来ないコード進行となっています。



海外にはこのように、コードをループさせるという概念から
・ I–V–vi–IV
・ vi–IV–I–V
・ IV–I–V–vi
は同じコード進行として捉える考えもあったりします。


こちらのサイトで現在200曲以上紹介されています。



カノン進行

・ディグリーネーム
IーVーVImーIIImーIVーIーIVーV
・キーCの場合
CーGーAmーEmーFーCーFーG




クラシック曲、バッヘルベルの「カノン」に使われているコード進行です。



おそらく一番有名なコード進行じゃないでしょうか?



・MONGOL800 – 小さな恋のうた
・AKB 48 – 恋するフォーチュンクッキー
・SMAP – 世界に一つだけの花
・SEKAI NO OWARI – Dragon Night
・大塚愛 – さくらんぼ




このコード進行を使えば間違いなく「売れる」とまで言われた最強コード進行です。


上記の使われている曲のラインナップを見てもらえればわかると思うのですが、誰もが知っているようなJ-POPの有名な曲には、ほとんどこのコード進行が使われています。



ソングライターのみなさん。売れたかったらこの進行を使いましょう!!




まとめ


以上が人気コード進行の5つでした。

まだ作曲に慣れていない方は、まずはこの5つを参考に作曲すると、それなりのクオリティになることは間違いないです。




もしかしたらここで紹介したような、将来語り継がれる程の名曲が生まれるかもしれませんよ・・・


-ギター関連, 音楽トピック
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【必聴!】Hip-hop,Trapのおすすめアーティスト 10選

Hip-hop,Trapのおすすめアーティスト 10選 海外のHip-hop,Trapブームの勢いはまだまだ衰えることなく続いています。今回はHip-hop,Trapに最近ハマった人や、興味はあるけど …

ポストハードコア メタルコア

【最新版】ポストハードコア、メタルコアおすすめアーティスト 10選 (2019~2020)

ポストハードコア、メタルコアのおすすめアーティストをご紹介します。 ポストハードコア、メタルコアに最近ハマった方や、普段から聴いてるけどる時間がないという方に向けて定期更新でおすすめのアーティストをご …

sim killing me ギター 音作り

SiM – KiLiNG ME ギターの音作り

こちらの動画のサウンドをもとに説明していきます。 SiM – KiLiNG ME ギターの音作りについて まず使用機材はこちらです。 ・ギターSCHECTER Black Jack ATX …

ギター弦

ジャンルに合わせたおすすめのエレキギター弦

ジャンルに合わせたおすすめのエレキギターの弦を紹介。 各メーカーからたくさんの弦が販売されていて、どれにしようか迷いますよね。ジャンルやドロップチューニングに合わせて最適な弦というのもあり、ゲージ(弦 …

これから作曲を始める方へ、もっと簡単な曲の作り方。

これから作曲を始める方へ、もっと簡単に曲を作る方法。 いざ作曲を始めようと思って色々調べてみても、専門用語が多かったり、コードやスケールについて細かく説明はしてくれているけど具体的に何から始めればいい …