DTM関連

DTM初心者の方必見!簡単にできるミックスのテクニックとコツ

ミックス初心者の画像


DTM初心者の方必見!簡単にできるミックスのテクニックとコツ


これからDTMを始める初心者の方に向けて、簡単だけど効果の大きいミキシングテクニックとコツについて解説します。

ミックスにはある程度のセオリーがあり、知っているのと知らないのでは最終的な楽曲のクオリティに大きな差がついてしまいます。

ジャンルによって違いはありますが、今回はミックス全般に使える基本的なことに焦点をあててご紹介します。


1. 良質なサンプルを用意する


ミックスにおいて、元となる音源ソフトやサンプルの音源クオリティが最終的なサウンド品質に大きく影響します。

品質の悪いサンプルや音源をいくらミックスで修正しても良い音にはならないので、初期投資として最高品質の製品を少数揃えるのがオススメです。

サンプルコレクターになっていませんか?


筆者自身もDTMを始めた頃は、色んなシンセサイザーや音源サンプルを購入したり、無料や安い製品を見つけてはダウンロードして、10,000個は超えるサンプル音源を所持していました。


結局今となってはほとんど使うことなく、フォルダの中で眠っています。


期間限定無料配布とか極端に割引きされている製品を見つけると、つい手を出してしまいがちですが、結局使うことなくコレクションの一部と化している方も多いんじゃないでしょうか?


安い製品に細かい出費を重ねるぐらいなら、初めに最高品質のシンセサイザーやサンプルを購入してしまったほうが、長期的にみると無駄なコストを抑えることができます。


2. レイヤー

レイヤーの画像


レイヤーは2つ以上の音を重ねるということです。

エレクトロ界隈では、キックやスネア、リードシンセからコードバッキングまで、ほぼすべての楽器に対して音を重ねるということが当たり前に行われています。


音の重ね方にも技術が必要で、基本的には足りない音域を補うために重ねるので、EQなどを使用してしっかりと住み分け処理をしてから重ねるのが基本です。

何も処理せずにただ音を重ねてしまうと、音がぶつかり合ってしまい、逆に音がこもってしまう原因にもなるので気を付けましょう。



3. 不要な低音はカット

ハイパスフィルターの画像


不要な低音はEQのハイパスフィルター等を使ってしっかりとカットしましょう。

リードギターやピアノ、スネアやシンバル系のような低音が出ていないように思える楽器でも、いくつも重なることで不要な低音が発生してしまい、ベースやキックのマスキングの原因になります。


Busにまとめてカットするのではなく、なるべく一つ一つのトラックに対してEQを挿してローカットをかけるのがコツです。


EQ(イコライザー)を使って不要な音をカットしよう



4. ステレオイメージは逆三角形

PANの画像


パンニング(音の定位)の基本は、低音はセンター(モノラル)に配置して、高音にいくにつれて左右にワイドに広げていく形が理想的なステレオイメージです。

特に100Hz以下のサブベースやキックの低音部分はモノラルでセンターに配置することでミックス全体が安定します。

わかりやすいところでいうと、スネアやボーカル、ギターソロもセンター配置が定石で、重要な楽器ほど真ん中にと覚えておけば間違いないです。

コードバッキングやPAD、装飾系のPluck、ハット、タムのような金物楽器もなるべくハース効果を利用してワイドに広げたり、左右に散らして配置するほうがミックススペースを余すことなく使えます。


これらはあくまでセオリーなので絶対そうしなければならない!という訳ではないですが(ベースを左右に広げるというミックステクニックやドラムを片方に100%振っている音源も存在します)ミキシングに慣れるまではセオリーにならって作業するほうが無難です。


5. 空間系はセンドで送る

FXトラックの画像


リバーブのような空間系はFXトラックを作成して、リバーブをかけたい楽器はFXトラックにセンドで送るようにすることで、空間の統一感とCPUの削減になります。

実際にレコーディングするとき、

・ドラムはホール会場
・ギターは自分の部屋
・ピアノは防音設備の整ったスタジオ

みたいなことはしないですよね?


大体は同じレコーディングブースで録音することが一般的だと思います。

一台のリバーブを共有することで、同じ空間でレコーディングしたような空間の統一感が生まれます。


場合によっては複数のリバーブを重ねたり、セクションごとにリバーブのMix量をオートメーションを書いて調節したりもします。

あとFXトラックにEQを挿して、リバーブ音の不要な低音のカットも忘れないようにしましょう。



まとめ


DTM初心者の方に向けた、簡単にできるミックスのテクニックとコツをご紹介しました。

  1. 良質なサンプルを用意する
  2. レイヤー
  3. 不要な低音をカット
  4. ステレオイメージは逆三角形
  5. 空間系はセンドで送る


ジャンル関係なくミックス作業においての基本的な5つのセオリーです。

ミキシングに絶対!ということはないので、あくまで基本的な原則として参考にしてみてください。

ミックスに慣れてきたらセオリーから飛び出して、色々実験するのもミックスの楽しみの一つです。


以上、DTM初心者の方必見!簡単にできるミックスのテクニックとコツでした。


【EDM】ダンスミュージックのMIX(ミキシング)方法について

【2020年最新】最新のMIDIキーボードおすすめ5選【DTM】

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-, ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.