音楽トピック

初期スクリーモ、ポストハードコアバンド 10選【永久保存版】

2019年12月22日


シーンを築き上げた初期のポストハードコア、スクリーモバンドを10組紹介します。

Sleeping With Sirens


アルバム『With Ears to See and Eyes to Hear』 でデビュー。
Kellin Quinn(Vo)の圧倒的カリスマ性と楽曲クオリティの高さで、ヒートシーカーチャートで初登場7位を獲得。

2005年にEpitaph Recordsへと移籍後、ややポップな楽曲編成に変わるものの、Warped TourReading & Leadsのフェスでメインステージを務めるビッグバンドへと成長していった。



A Skylit Drive


2007年に1stEP『She Watched The Sky』 をリリース。
Dance Gavin DanceやBlessthefall等の人気バンドとツアーを共にし、持ち前のハイトーンボーカルを武器にファンを獲得していく。

2009年6月9日発売のアルバム「Adelphia」はBillboardチャートにて64位を記録。




Attack Attack!


2005年結成。
自主制作音源「If Guns Are Outlawed, Can We Use Swords?」 をリリース後、名門「Rise Records」と契約を交わす。

シンセサイザーを用いた次世代サウンドと、派手なライブパフォーマンスで注目を集め、インディーズバンドでは異例の全米アルバムチャート26位を記録した。




SAOSIN


2003年に「Translating the Name EP」 をリリース。
今のポストハードコア界の先駆けとなった伝説的バンド。

他のポストハードコアバンドと比べるとソフトでメロディックな楽曲が多く、
演奏技術と楽曲クオリティの高さから国内にもファンは多い。




CHIODOS


2001年結成バンド。
1stアルバム『All's Well That Ends Well』を発表し、いきなり全米アルバムチャートで164位を記録する。

ライブ活動で着実に人気を獲得し、2ndアルバム『Bone Palace Ballet』はこのジャンルでは異例の全米アルバムチャート初登場5位を記録し、その後全米最大のパンクの祭典「Warped Tour」では、見事メインステージ公演を果たしている。




Of Mice & Men


Attack Attack!のシャウトボーカリストAustin Carlileを中心に結成。
すぐに人気に火がつき活動を続けるが、2016年にAustinが病気の治療に専念するためにバンドを脱退する。

現在はベースのAaronがシャウトとクリーンを両方担当する形をとっているが、そのポテンシャルの高さから凄まじい存在感を放ち続ける。



I See Stars


2006年結成。2009年にアルバム「3D」でデビュー。
エレクトロ要素を混ぜた先進的なサウンドで「エレクトロコア」と呼ばれ、その地位を確立する。

Rise Records所属バンドとツアーを繰り返し着々とファンを獲得、現在はEDM界隈のアーティストとコラボする等、活動の幅を広げている。




The Used


2001年「The Used」結成、前身バンドを含めると1994年からの活動となり、かなり歴史の長いバンド。

1stアルバム『The Used』 はトータルセールス100万枚を超え、プラチナディスクを獲得。




Finch


2001年1st EP「Falling into Place」をリリース。

その後すぐにBlink-182やJimmy Eat Worldを手掛けるMark Trombinoのプロデュースでアルバムを制作し、大成功に収める。

その後は映画の楽曲提供や、ライブ活動を繰り返し人気を獲得していく。



Emarosa


2007年にEP「This Is Your Way Out」でデビュー。
その後すぐにボーカルが脱退し、新たにJonny Craigを迎え入れ活動を続ける。

柔軟にトレンド音楽を取り入れ、現在はこの頃からは想像もできないようなエレクトロ要素のあるシティポップな雰囲気へと変化している。





以上【永久保存版】初期ポストハードコア, スクリーモ 10選でした。


【最新版】ポストハードコア、メタルコアおすすめアーティスト 10選 (2019~2020)

【最新版】EDMクラブミュージックおすすめアーティスト 10選(2019〜2020)

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-音楽トピック
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.