MUSIC TOPIC

RolandがTR-808、TB-303、SH-101が無料で利用できるブラウザサイト「Roland50 Studio」を公開

RolandがTR808、TB-303、SH-101が無料で利用できるブラウザサイト「Roland.50 Studio」を公開

Rolandが人気リズムマシン「TR-808」「TB-303」「SH-101」を無料で利用できるブラウザ専用のシンセマシンサイト「Roland50 Studio」を公開しました。

Rolandが創立50周年を迎えることを記念して開設されたページで、日本人サウンドデザイナー「スズキユウリ」とRolandによって作成された「808303.Studio」オンライン音楽作成プラットフォームのメジャーアップデートです。

SH-101

Roland50.Studioではブラウザで作成したビートのBPMを変更、録音、SNSで共有したり、ダウンロードすることも可能なのでオンライン上のビートメイクマシンとして機能します。

また、各マシンにはカットオフEQ、レゾナンス、モジュレーター、ディケイ、アクセント、アルペジエーター等の様々なコントロールが搭載されているので、実機同様のサウンドメイクを楽しめる仕様になっています。

2020年にもオリジナルリリースされた伝説的名機「TR-808」とベースマシン「TB-303」に「SH-101」シンセサイザーを加えた3製品ですが、まだ4つのロックされたスロットが存在するので、今後のアップデートでどんどん追加されていくものと思われます。

実際に触ってみた

実際にRoland.50 Studioのページで色々と触ってみましたが、サウンドはもちろんのこと、ランダムビート生成機能が搭載されているので、インスピレーションが湧かないときのアイデアの泉としても活用できそうだなと思いました。

ビートを作成したらワンクリックで録音、保存が可能なので、手軽にオリジナルビートを作成して楽しむことができます。作成したビートを自分の音源に使って販売、配信が可能なのかは確認していないので不明ですが、利用の前には必ずプライバシーポリシーを確認しておきましょう。

3製品の中でも特に808サウンドは、現在でも本場ヒップホップのメインストリームで一番採用されている音源の1つなので、無料で利用できるのはビートメイカーにとっては嬉しい限りです。

今後のアップデート情報や詳細はRoland公式サイトをご覧ください。

Roland50.Studio 公式サイト
https://roland50.studio/


ヒップホップビートの作り方【Beat Making】

人気ドラムマシンおすすめ5選【DTM】


人気記事

1

人気VSTプラグインソフトおすすめ7選【DTM】 これからDTMを使った作曲を始める方に向けて、人気のあるおすすめプラグインソフトをご紹介します。海外の最大手プラグイン販売サイト「Plugin Bou ...

2

EDMの作り方【DAWを使った打ち込み方法】 DAWを使ったEDM(エレクトロ・ダンス・ミュージック)の制作は、シンセサイザーのようなソフトウェアの操作、各種エフェクト関連、ミキシングテクニック等、覚 ...

3

ヒップホップビートの作り方【Beat Making】 世界の音楽シーンはHiphop一色となっており、最近では国内のHiphopシーンでも海外プロデューサーのType Beatを使用した楽曲が目立つよ ...

4

はじめてのギターエフェクター【最初に揃えるべきはコレ!】 エレキギターを購入した後に必要になるのが、ギターのサウンドを変化させる為の「エフェクター」と呼ばれる機材。ギターの音作りにおいて必須の機材では ...

5

オリジナル楽曲をサブスク配信する方法【Spotify、Apple Music】 何日もかけて完成した自分のオリジナル楽曲を、できるなら世界中の人に向けて発信してみたいと思いませんか?一昔前は個人が全国 ...

-MUSIC TOPIC
-,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2022 All Rights Reserved.