Trivision Studio

ギタリストやDTMerに役立つ音楽情報を幅広く発信中。音作りや作曲等、主にクリエイターの方に向けたブログ。

DTM関連

【Sylenth1】簡単なビブラートのかけ方

投稿日:2020年1月13日 更新日:


【Sylenth1】ビブラートのかけ方


今回は定番シンセサイザー「Sylenth1」でのビブラートのかけ方を解説します。

ただピッチを揺らすだけではなく、ビブラートの周期を自在に操れるようになると、表現の幅が一気に広がるので是非マスターしましょう。

LFO

LFO


ビブラートをかけるにはLFOを使うのが簡単です。


まずメニューから「Picth A and B」を選択します。

メニューから選択
ピッチA&Bを選択


設定したら横の黒いつまみ( LFO効果のかかり具合を調節するつまみです。 )を右か左どちらかに少し回します。

右に少し回す



次に「RATE」つまみを回して、1/8に設定します。

※RATEは音程の揺れる周期を決めるパラメーターです。

RATEを8分にする


この場合メインBPMの8分音符周期で音が揺れます。

GAINを上げてないのでまだ音は揺れませんが、後でお好みの周期に合わせてください。


次に「GAIN」つまみで音程の揺れ幅を決めます。

GAINを少しだけ回す


少し右に回すと音が揺れ始めるので、お好みの揺れ幅になるように調節してください。


一番右の「OFFSET」はあまり気にしなくてもいいですが、音の揺れのを調節するつまみです。

音の揺れの軸



ここまでの設定でビブラートは完成です。



ここからさらに、周期と揺れ幅を楽曲中に自由に変化させる方法を解説します。


オートメーション機能


DAW内の色々なパラメーターを自動で変化させることができる機能のことを「オートメーション機能」といいます。

このオートメーションを使って、先程の「RATE」「GAIN」つまみを変化させます。

DAWごとにオートメーションのやり方は違いますが、今回はFL Studioの場合で説明していきます。



まず、Sylenth1の左上部分のメニューを開いて「Browse parameters」をクリック。


すると左側にずらっとSylenth1のパラメーターが並ぶので、その中から「LFO 1 RATE」を探して右クリック、「Create automation clip」を選択。


同様に「GAIN」も同じようにオートメーションを作ります。

するとプレイリスト内にオートメーションを描く為のクリップが現れるので、


マーカーを打って変化を加えます。


上にいくほどつまみを右に回した状態です。


オートメーションはボリュームやPAN等DAW内のほぼすべてのパラメーターに追加することが可能なので非常に便利な機能です。



最終的にこういった感じに楽曲の中で色々と変化を加えることができるようになります。

ビブラート無し
ビブラート有り


以上「Sylenth1」のビブラートのかけ方でした。


FL Studioの使い方 (初心者向け)

【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方

-DTM関連
-, ,

執筆者:

関連記事

パンチのあるキックドラム

キックドラムにパンチを与えるミキシングテクニック【EDM】

キックドラムにパンチを与えるミキシングテクニック【EDM】 今回はDTM初心者の方に向けてパンチのあるキックドラムの作り方について説明します。 キックドラムは海外のダンスミュージックやHiphop,T …

edm DJ

新時代到来?ビートリーシングビジネスについて

ビートリーシングビジネスについて 2017年頃から世界の音楽はHip-hop一色に染まりました。新しいシーンが来ると新しいビジネスが生まれ、今回はその中のビートリーシングビジネスについて説明していきま …

抜けるスネア

スネアの抜ける音作り【EDM】

スネアの抜ける音作りについて。 スネアもキックドラムと同様、リズムにおいてバックビートを生み出す重要な楽器です。キックよりもはっきりと耳に届きやすい周波数帯域なので、音質やしっかりと抜けのあるサウンド …

ゲットした?iZotope Neutron Elementsの使い方

iZotope Neutron Elementsの使い方 2019年「Plugin Boutique」ブラックフライデーにて製品購入者に無料配布していたので入手した方も多いのではないのでしょうか?Ne …

【Sylenth1】壮大なPADサウンドの作り方

壮大なPADサウンドの作り方【Sylenth1】 今回はSylenth1を使った壮大なPADサウンドの作り方を解説します。Future BassやMelodic Dubstep等のエモいジャンルで使え …