DTM関連

【Sylenth1】シンセサイザーの基本的な使い方

2019年11月14日

sylenth1の画像


シンセサイザー「Sylenth1」の基本的な使い方について



2007年発売の「Sylenth1」は発売から12年経った今でも根強いファンが多く、ベストセラーシンセサイザーとして多くのクリエイターに使用されています。

動作がとても軽く、何台立ち上げてもCPUにほとんど負荷がかからないのも人気の理由です。


今回はそんな定番シンセサイザー「Sylenth1」の基本的な使い方について説明していきます。


1.新規プリセット


Sylenth1を立ち上げると「001:ARP 303 SAW」のプリセットが選択されています。


プリセットから完成された音を選択するのもいいのですが、今回はゼロからの音作りを解説していきます。

※筆者のおすすめプリセットをまとめた記事もあります。


【Sylenth1】すぐ使える!おすすめファクトリープリセット


まず中央の「MENU」→「Preset」→「Insert」の順に選び、New Presetを立ち上げます。

sylenth1の画像


この状態から音を作っていきます。


2.波形の選択

まずは「OSCILLATOR A1」から波形を選びます。

オシレーターの画像


オレンジ枠内をクリックすると波形の候補が並ぶので、この中から自分のイメージに合った音色を選ぶのですが


今回は「Saw」を使って説明していきます。


3.VOICES設定


波形を選んだら次にVOICESの設定をしていきます。

VOICESとは同時発声数のことで、鍵盤一つ押したときに同時にいくつの音をユニゾンさせて発声させるかということです。



これを設定しないと基本的には1つのモノラルの音しか出ないので、音に広がりがありません。


VOICES部分をクリックしたまま上にドラッグして「8」に設定します。

Voicesの画像


これで8音が同時に発声される状態になりました。


始めにも言いましたが、Sylenth1は非常に動作が軽いソフトシンセなので音圧を稼ぐためにも基本的にはMAXの「8」に設定しましょう。


4.DETUNE設定


続いてDETUNE"デチューン"の設定をします。

DETUNEとは複数出てる音の音程を微妙にずらすことによって、音にうねりを生じさせ、音に厚みを加える効果のことです。

デチューンの画像


DETUNEのつまみを実際に音を出しながら右に回してみてください。
やりすぎると不協和音のような濁った響きになるので注意が必要です。


目安としては10時ぐらいの角度、数値でいうと「3.500」ぐらいに設定するといいです。


ここまでで基本的な下準備は完了です。

ちなみにSylenth1には「オシレーターAとB」の2台が更に「PART 1と2」に分かれているので合計4つの波形を組み合わせて音作りができます。

オシレーターAとBの画像


ここからは更にサウンドを作り込みたい人に向けて、フィルターやエンベロープ、LFO等の簡単な説明をしていきます。


5.フィルター


フィルターは高音や低音を削ったり、ある特定の周波数だけをブーストする機能です。

フィルターの画像


フィルタータイプを選択後、「CUTOFF」でカットする周波数を決めて、「RESONANCE」でカットした部分の周波数のブースト量を決めます。

ハイカットのイメージ画像

イメージとしてはこんな感じです。


6.エンベロープ

エンベロープの画像


続いてエンベロープの説明をします。

ちょっとこの辺りから難しくなってきますが、ほとんどのシンセサイザーに搭載されてる機能なのでこの際に覚えてしまいましょう。


エンベロープとは音量の変化曲線の事で、変化させるパラメーターの頭文字をとってADSRと言われたりもします。


文字にすると分かりづらいですが、実際に音を出しながらつまみをいじるとわかりやすいです。

例えばATTACKを「1.00 s」に設定すると1秒かけて音量が最大になります。
RELEASEを「1.00 s」にすると1秒かけて音が消えていきます。


といった具合に音量の変化をいじれるのがエンベロープです。

エンベロープについては別記事で詳しく説明していますので、合わせてご覧ください。



7.LFO,MISC


LFO(Low Frequency Oscillator)とMISC(Miscellaneous)の解説です。

まずLFOなのですが、わかりやすく言うと低周波を当ててボリューム等のSylenth1内の色々なパラメーターを変化させる装置です。


ギターをやってる人ならモジュレーション効果を与えると言えばわかりやすいのではないでしょうか?

LFOの画像


RATE
LFOの効果周期。

GAIN
LFO効果のかかり具合

OFFSET
効果周期の基準点をずらす。


文章だと難しいのですが、対象を選択して黒いつまみで強さを決めて、「RATE」「GAIN」「OFFSET」で効果を操作するといった感じです。


こちらも実際に音を出しながら色々と試してみることをおすすめします。

最後にMISCの説明です。

MISCの画像


こちらもSylenth1のパラメーターを操作するのに使います。

エンベロープやLFOを組み合わせることでより複雑な効果が得られます。


より高度なサウンドを使いたい人向けなので、扱いに慣れるまではあまり気にしなくても大丈夫です。

【Sylenth1】簡単なビブラートのかけ方

【Sylenth1】壮大なPADサウンドの作り方



まとめ


以上Sylenth1の基本的な使い方でした。

ソフトシンセを始めて使うときはつまみの多さにびっくりしますが、基本さえ覚えてしまえばどのシンセサイザーも基本的には同じ構造になっているので、他のシンセを使った時でも理解しやすいかと思います。


更に詳しく知りたい人は動画でも解説しているのでご覧ください。



【DTM】プロも使用している人気シンセサイザー5選

【SERUM】シンセサイザーの基本的な使い方

人気記事

1

高品質のディストーションエフェクター 5選 お気に入りの「ディストーション」はギタリストなら最低でも一つは持っておきたいエフェクターペダルではないでしょうか。以前、定番&人気の製品を集めた【厳 ...

2

リバーブプラグインおすすめ 5選【DTM】 音楽プロダクションにおいて、必須のエフェクトである「リバーブ」邦楽と洋楽の違いは「リバーブ」の使い方と言われるぐらい、非常に奥が深く、重要なポジションを担っ ...

3

高品質のオーディオインターフェイス 5選 以前にオーディオインターフェイス入門者向けの低価格帯のオーディオインターフェイスを紹介しました。今回はワンランク上のサウンドを求める方に向けた、ホームスタジオ ...

4

【ギター練習】プロが毎日やっている5つのことについて 「ギターがもっと上手くなるにはどうすればいいんだろう?」ギタリストにとってこの悩みは永遠に尽きることはないと思います。ひたすら練習しかないというの ...

5

808ベースのミキシングテクニックについて 現在の音楽トップシーンで使われているRoland社の「TR-808」サンプル。日本のメーカーが1983年に僅か1万2千台ほど生産した製品を、今世界中のプロデ ...

-DTM関連
-, , ,

Copyright© TRIVISION STUDIO , 2020 All Rights Reserved.